2017-01-23 01:34 | カテゴリ:ご挨拶・告知
またしばらく放置してしまって申し訳ありません(^^;)。
ちょっと私生活上で家族に色々ある上、私本人もあまり体調も優れずにおります。
まあこの寒波が原因かしらとは思うのですが、どうにもいけませんね。
Twitterは携帯で手軽にできるので隙を見てちょこちょこと書いておりましたが、更新を気合い入れねばならぬ(それほどのものなのか?W) ブログの方は放置しがちになってしまいました。
これではいけませんので(正月に立てた今年の抱負はどうなったんだ…)、自分を奮い立たせ、今後は真面目に更新を心がけたいと思います。
…これを言ったのは何度めなんだよ(^^;)。

さてお話は変わります。
昨年、長年乗り続けてきた自家用車を廃車にしましたとここに書きましたが、知人の中古車屋さんに頼んで手頃な車を探してもらっています。
私は古物商ですので、大きな荷物や沢山の荷物を運ぶことが頻繁にあるため、とにかく荷物が運べる車が良いこと、あとは駐車スペースの問題で軽自動車が良いことを相談したところ、乗用車タイプであればスズキのエブリイワゴンがよろしい、商用タイプならおなじエブリイでもバンの方かなという話になり、ドライブにも行きたいのでワゴンの方にしてほしい旨を伝えたんです(ワゴンはちゃんとした後部座席があるんですが、バンの方は簡単な折りたたみ椅子があるだけですし、やはり商売に使うことを考えてある車ですから、乗用車としての便利な装備が少ないのですよね)。

ところが、エブリイワゴンってグレードの全種がターボ車なんだそうで、型が古かったり相当の走行距離があったりしても価格が高いんですね。
型落ち4万キロ程度の車でも平気で130万とか超えてくるそうで、月賦で支払っていく都合上それはきつい。
新車でもないのに月2万で7年払いとか嫌じゃないですか(^^;)。
そろそろ商売の方でも動かないといけない時期ですから、こうなればバンの方でも良いやと思い、版の方で探してくれるように連絡しました。
すると即刻連絡が返ってきて、良さげな車があるから見てほしいと言われました。
日にちを選んでみてくることにしていますが、果たして決められるものであるかどうか。
まあ色とかはどうでもいいんですが、最低限カーナビくらいは着けてほしいなと思っています。
電話一本で知らないお宅にお邪魔して査定と引取などをすることがありますので、カーナビは必須なんですよ。

しかし、やはり車がないと田舎では不便ですね。
今は老父の車を二人して使いまわしている感じですが、用事がかぶる時もあり何かと困ります。
今年は商売の方でも少し行動範囲を広げたく思っていますので、早いところ車を決めてしまいたいです。

スポンサーサイト
2017-01-14 01:22 | カテゴリ:ご挨拶・告知
明日、と言ってももう今朝ですが、全国的に相当な冷え込みになる様子です。
盛岡でも-12℃とかいう予報を夕方のニュースで言っておりました。
ホントかよ!と思いますが、もし本当だとしたら、これほどの冷え込みは盛岡なんて言う本州一寒い街でもめったにないほどの冷え込みになります。
今スマホの天気予報アプリで見たら-9℃に修正されてましたが、それでも相当に寒いです。
四国中国九州でも降雪のおそれがあるそうですから、これは一大事と申せましょう。
雪国の東北でも雪には泣かされる事が多いですから、例年だと降らない地方の方々は相当のご苦労でしょうなあ。
しかも本州の上に寒波が居座っているそうで、明日から暫くの間は日本全国大荒れの日が続くそうです。
皆さんお風邪などお召しになりませぬよう、くれぐれもご自愛ください。

2017-01-01 17:20 | カテゴリ:ご挨拶・告知
皆様こんにちは。
管理人でございます。

年が明け2017年の正月元旦となりました。
皆様に寒中お見舞い申し上げます。
昨年末、母方の伯父が逝去し、服喪中でありますので、新年を寿ぐご挨拶は遠慮させていただきました。
本年が皆様方にとられまして幸多き一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
本年も当ブログへ変わらぬご愛顧を賜りますように宜しくお願い申し上げます。




一年の計は元旦にあり、などともうしますので、今年の抱負を立ててみましょう。

1.歯医者へ行って歯を治す(まじでなあ…)。
もう歯痛にはうんざり!今もロキソヌン飲んでます(^^;)。
抜歯とか入れ歯になっても良いので、とにかく今年でなんとか始末をつける。

2.商売でもう少し成長する。
まだまだ修行中の身ながら、今年はもう少し商売の方でも頑張りたい。
まずは今後のためにも人脈を作ることに注力する。

3・なるべく絵を描く。
ここ1年ほどほとんど絵を描いていないため、腕は相当鈍っているでしょう。
昔のカンを取り戻すためにも、少しずつでも良いので途切れることなく絵の練習を始める。

4.作品をでかす。
昨年6月のPCパンク事件以来、まったくやる気がなくなって手につかなかった小説(「なろう」に投降しているもの)の改稿をし、先を書き進めて、年末をめどに何とか完成させたいです。
そのために、来月あたりに一度アップした小説を引っ込めようかと考えています。
プロットは出来ているので、やる気があればなんとか最後まで書き進められるでしょう。

この四つです。
達成できるように、できるだけ努力していきたく思います。
あとはこのブログをマメに更新することも忘れてはならないw
こんな感じですが今年も管理人并びに本ブログを宜しくお願い申し上げます。


2016-10-06 09:12 | カテゴリ:ご挨拶・告知
皆さんこんにちは。
管理人です。
また更新サボってしまってすみません。
一応、生きております。
せっかく頂いたコメントにも返信できずにおりまして恐縮です。

先日、具合が悪くこれはいよいよ…と思いました、という話をここで記事にしましたけれども、先月末に病院で大きな検査を受けました。
すると、思いもよらず心臓の疾患が発見されたのです。
心臓には二又に別れた電線のような器官があり、これが微弱な電流を流すことによって心臓を拍動させているということなのでありますが、私の場合はこの電線の右側に疾患があるようだとのこと。
これはおそらく先天的なもの…まあ生まれつきというやつで、それが先月の激しい疲労や歯痛などの悪条件が重なり(勿論一番の原因は年齢から来る肉体の衰えと長年の不摂生でありましょう)発症したのではないか、ということでした。
今まで心臓の検査は何度かやりましたけれども、全くそのようなことを言われたことがありませんでしたから、それを聞いて非常に驚いたわけです。
驚くなと言われてもこれが驚かずにはいられましょうか。
しかし、なんとなく思い当たる節がなかったわけでもないのです。
時折訪れる妙な背中の痛み、喉を締められるような圧迫感、そんなものを時々感じることがあったのですが、それは全て心臓からくるものだったようです。
更に正確な診断と治療の方針は、今月の終わりに行われる予定の別の大きな検査を受けねばわからないそうです。
まあ、生まれつきのものですと言われてしまえば仕方がないですし、根本的な治療は外科手術とかそういう手段以外では無理でありましょうから、死ぬまで付き合っていかねばならぬ疾患ということになるでしょう。
そういうことは頭では分かっているのですけれど、やはりハイそうですかとすんなり受け入れるには人間としての修行が足りぬのです。
このところは鬱々として何事も楽しめず、ブログやTwitterも放置していた次第であります。

しかし、色々と考え悩んだところで病気(つか、生まれつきと言うなら病気とは言えないのでしょうねこれは…)がよくなるわけではありませんので、自分のペースを維持しつつネットにも復帰しようかと思います。
このブログも、本当は閉めようかとも考えたのですけれども、せっかく何年も続けて参ったわけでありますからここで閉めてしまってはもったいないですし、取り留めのない文を書くというのは自分にとっても多少のストレス発散となりますので、継続していくことに決めました。
ただ以前は毎日更新だとか意気込んできましたが、これからは書くことが取り立てて思いつかない場合は、書かないでいく方針とするに致します。
斯様なわけで、更新が遅れる場合も多々ありましょうけれども、皆様には悪しからずご了承いただければと思います。
時々、あいつは今生きてるのかなーと生存確認ついでに覗いていただければ、管理人としてはそれで満足です。

皆様に置かれましても、健康にはくれぐれもご留意くださいませm(_ _)m

2016-07-20 23:27 | カテゴリ:ご挨拶・告知
最近、ブログの「訪問者リスト」を見ますと、色々な方がこのブログへお越しくださっているようです。
来訪者数も、いつの間にか6万を超えておりました。
誠にありがとうございます。
しかし、足跡の踏み返しに来訪者様のブログへ遊びに行かせていただきますと、意外にプリキュアだの、アニメ関連のタグを辿ってお越しになられたと思わしき方が多いようで、正直、非常に恐縮しております。
何故かと申しますに、ここにプリキュアはおろか、アニメ関連の記事は殆ど無いからでして…(^^;)。
期待してお越しになられました方、本当に申し訳なく思います。
ここに置いてありますのは、本当に日常を綴ったつまらない日記的記事ばかりですので、がっかりしてお帰りになられたのだろうと思いますと、申し訳ない気持ちになります…。
しかし、今更自分のスタイルを変えようとも思いませんので、大変申し訳ありませんがこのまま更新を続けていく所存です。
悪しからずご了承ください。
それを承知のうえでまたお越しいただき、何かしらの交流を持たせていただければ幸甚に思います。