2013-07-21 21:34 | カテゴリ:意味不明
今日は書くことも何もないから、夢の話をしよう。
昨夜見た夢に「パンの壺」が出てきた。
一体何のことかと思った人も多いだろうから、図にしてみた。
snap_newbadtaste_2013701600.jpg
早い話が、パンの中身を繰り抜いて壺状にしたものである。
夢のなかではこれがズラッとパン屋の軒先に並んでいて、焼きたてなのでホカホカと湯気を立てていた。
蓋をとってみると、中の空洞部分にはクリームシチューが入れてあった。
クリームシチューを匙で救って食べ終わったあと、ナイフでパンを破壊して食べるそうだ。
そうするといちいちパンをシチューに浸さないでも美味しく食べられるので外人に人気だとパン屋の人が言っていた。
もちろん夢のなかでだけど。

…だから何だといわれても。


スポンサーサイト
2013-03-06 13:10 | カテゴリ:意味不明
僕が妄想したゲームを紹介していくシリーズの第二弾です。
今日はこれです。

「着せ替えRPG ジェニーのきんたまクエスト」

きんたま…金玉!?成人ゲームか!
…と思ったそこのアナタ!
フッフッフ、ご安心あれ。
この「きんたま」とは睾丸のことを指すのではありません。
「金の卵」の略なのです!w

ジャンルはRPGで主人公はタイトル通りジェニーです。
プレイヤーはジェニーとなり、黄金の卵を手に入れるため迷宮に潜ります。

(あらすじ)
ジェニーは普段行動を共にしている仲間たちとしばし別れ、休暇を楽しむため温泉保養地へ向かう途中です。
ジェニーは一夜の宿を取るためゴシックという街に立ち寄りますが、ゴシックの街は田舎町にしては不釣り合いなほど繁栄しており、数多くの旅人たち、それもジェニーと同業の傭兵や冒険者の姿で賑わっていました。
不思議に感じたジェニーが宿の主人に訳を尋ねると、宿の主人はこんな話をしてくれました。

…その昔この地方は、有力な地方豪族ゴーサック家によって治められ、繁栄を極めていた。ゴーサック家は領内から集めた砂金で巨大な黄金の卵像を鋳造し、一族繁栄の象徴として大切にしていた。
しかし、ある時隣国の領主が大軍で攻め入ってきた。ゴーサック領の肥沃な農地と、黄金の卵を手に入れようと図ったのだった。
両者の戦いは熾烈を極めたが、結局ゴーサック家は滅亡した。しかし、死を目前にしたゴーサック家最後の当主・カッペは家臣に命じ、黄金の卵を始めとする財宝をいずこかへと隠させた。
隣国の領主は血眼になってその行方を探したが結局見つけることは出来ず、卵の話は伝説となって人々の間に伝えられた。
それから300年余りが過ぎたこんにち、この地方を大きな地震が襲った。幸い被害は少なかったが、町郊外に広がる麦畑の一部が地盤沈下を起こし、陥没してしまった。
その後始末に向かった農夫たちが、畑の地下十数メートルにわたって続く深い階段を発見した。その階段を降りていった先には石の門と扉があり、
「この先に進むものに、ゴーサック家と黄金の卵の呪いあれ」
と刻まれていた。
町に戻って人出を募った彼らが門をこじ開けてみると、その先は広大な地下迷宮となっていた。そのまま彼らはその先に進んだが、すぐに逃げ帰ってきた。
迷宮には数多くの罠が仕掛けられ、飢えた怪物の巣窟となっていたのだ。

その噂を聞きつけた傭兵や冒険者達が、冒険と富とを求めて、この町へ押しかけてきているのです。
彼らが落とすお金によって、ゴシックの町はかなり儲かっているのだそうです。
話を聞き、ジェニーはニンマリ笑いました。
自分が金の卵を手に入れて、再会する仲間たちをびっくりさせてやろうと考えたのでした。
こうしてジェニーは、「金の卵の迷宮」に挑むことになったのです。


迷宮は全10層、Wizardryやダンジョンマスターのような3Dビューです。
仲間は基本的に、下僕の魔豹・ラビニアだけですが、もしかしたら、途中で仲間になってくれる女戦士が現れるかもしれません。
ジェニーとラビニアは最初からそれなりに強く、魔法も使えます。
また、基本的にレベルは上がりません…と言うか「キャラクターレベル」という概念はありません。
その代わり、能力値や戦闘技能、魔法などの技術レベル(習熟度)が成長します。

能力値は「筋力(物理ダメージ修正)」「敏捷度(回避修正)」「知力(魔法ダメージ修正)」「生命力(HPに影響)」「器用度(命中値に影響)」「魔力(MP修正)」「装甲値(敵から受ける物理ダメージを減らす)」の7つで、カッコ内の数値に影響をもたらします。
装甲値を除く能力値は、最初は一律に50ですが、+-100の範囲内で変化します。
装甲値の変化は0~50の範囲です(最初は5です)。
その変化は、タイトルにもあるようにジェニーが「着せ替え」を行うことによって表れます。
登場する怪物などの敵を倒すと、宝石やアイテムなど何らかの宝物が手に入ります。
この宝物をゴシックの町に持ち帰ってお金に替え、仕立屋で服を仕立ててもらい、それを着用することでパラメータが上下します。
例えば「ビキニアーマー(プレート)」だったら敏捷度は下がるが生命力と装甲値が上がるとか、「魔女の衣装」だったら筋力は下がるが知力と魔力が上がるとか、そんな感じです。
衣装は水着や鎧から、メイド服やナース服といったジョークアイテムまでたくさんあります。
仕立ててもらった服は宿屋の自分の部屋に帰ると「クローゼット」にしまっておけます。
ちなみにステータス画面ではジェニーの全身図が出てきて、着せている衣装によって絵がちゃんと変化しますw
裸には剥けませんが、「ビキニアーマー(インビジブル)」や「バカには見えない服」などを着せると事実上の裸にできますwww

戦闘技能は、「武器系統」と「スキル」に分かれており、それぞれに習熟度が設けられています。習熟度はその名の通り「慣れ」なので、それぞれの系統の武器やスキルを使っているとすこしずつ溜まっていき、マックスになるとレベルが上がります。
武器の系統とは、「剣」「槍」「斧」…などといったもので、剣はダメージにばらつきが出るがクリティカル攻撃が出やすい、槍は与えるダメージが低めだが命中しやすい、斧は与えるダメージが大きいが命中しづらい…などとそれぞれに特徴があります。
スキルは武器それぞれにある技…つまりは「扱い方」のことで、例えば剣なら普通に「斬る」「突く」などの他に、敵の攻撃を受ける「受け」、敵の攻撃をかわして反撃する「合わせ」、敵に連続攻撃を仕掛ける「二段斬り」などがあります。
習熟度は武器、スキルどちらも100%の経験ゲージがあり、1回使用すると1~10%ずつゲージが貯まり(レベルが低いうちは上がりやすい)、100%に達すると1レベル上がります。レベルは5まであります。
レベルが上がれば武器の威力(スキルの場合は修正値)や命中率、成功率が上昇します。

なお、戦闘技能が成長するのはジェニーだけで、ラビニアの戦闘技能は上がりません。
ただしラビニアは地獄の炎を吐き出すことが出来、また能力自体も最初から高く設定されているので、強力で頼りになります(ジェニーの技術が上昇していく終盤にかけては頼りにされるよりも支援の方に回るでしょうが)。
武器の強化や購入は、やはり怪物が残した宝物を使って、ゴシックの町の武器屋で行います。

魔法は呪文によって地水火風空神の6系列の属性があり、それぞれに特徴と習熟度が設けられています。
例えばファイア・ブラストは敵1体にダメージを与える火属性の呪文です。威力はそれなりにありますが、サラマンダーやイフリートなどの火属性の敵に対しては効果を持たないという特徴があります。
この特徴は習熟度を上げても変わることがありません。
習熟度は呪文ごとにではなく属性ごとに定められており、やはり1レベルに付き100%の経験ゲージ、レベルは5まであり、習熟度レベルを上げることで呪文の失敗や暴発をなくしたり、威力を高めたりできます。
最初は基本的な呪文しか覚えていないジェニーとラビニアですが、敵を倒すとたまに手に入る「呪文書」を読んだりすることで少しずつレパートリーが増えていきます。

敵はオークやゴブリンなどの敵性ヒューマノイドを始めとして、キメラやドラゴンなどの怪物や、ライバルの冒険者なども登場します。
彼らはよほど強い怪物かキャラクターでない限り、徒党を組み数の暴力で押してきます。弱そうに見えても油断出来ません。
彼らを倒すか追い払うかなどすると宝物を落としていきますが、時々武器や衣装、呪文書なども落としていきます。
中にはレアなものもあるかもしれませんので探してみましょう。

そんな感じで敵と戦い、罠を避けつつ全10層の迷宮を進みます。
HPやMPの低下、ステータス異常は町へ戻って宿屋で寝る、治療師の所で治療を受ける、あるいは治癒呪文やエリクサーなどのアイテムを使用すれば、迷宮内部でも回復することができます。
迷宮の中や町で困っている冒険者や住人から人探しやモノ探しの依頼を受けるかもしれません。そういう人たちに親切にしておけば、なにかいい事があるかもしれません。

果たしてジェニーは伝説の黄金の卵を手に入れられるでしょうか?
それはあなたの腕次第です!!

…と言う感じなんですがw
書いているうちに興が乗ってしまい、ダラダラ長くなってしまいました。すみませんw
このシリーズ、まだ続くかも。

2013-03-05 12:48 | カテゴリ:意味不明
突然ですが、世の中では「飛び出せ!どうぶつの森」とかいうゲームが人気だそうですね。
ゲームなんて目を悪くしてから数えるくらいしかやってないので、よくわからないんですけども。

それで対抗して(?)僕もゲームを考えてみました。

その名も「とびだせ!かんぶつの森」。

主人公は父親が病気で倒れたため、急に家業の乾物屋「森乾物店」をつがねばならなくなり、生まれ故郷の港町へ帰ってきた25歳のサラリーマン。
ちなみに家族構成は両親と、可愛い妹(高校生)の4人家族です。

プレイヤーは乾物屋となり、うまい干物を作って売りさばかねばなりません。
目標は美味しい干物を家庭の食卓に供給すること、そして日本一の乾物屋になることです。
評判と資産のパラメーターがあり、両方とも上げなくては日本一にはなれません。
先は長いのですが、頑張りましょう。

主人公をサポートするのは、主人公の幼馴染で、高校生の頃からこの乾物屋でバイトをしているため現在では年季の入った従業員になってしまった年齢23歳の美女(独身)シズ子さんです。
最初は彼女からレクチャーを受けてゲームを進めましょう(チュートリアル)。

最初はイワシの干物くらいしか作れませんが、レベルが上がるとアジやサバなど徐々に種類が増えていき、最終的にはホオジロザメやまぐろ、くじらの乾物まで作れるようになります。

完成した干物は父親に試食させてアドバイスを受けましょう。
調味液の配合と乾燥の時間配分が重要なので、色々工夫して自分だけの黄金レシピを見つけ出しましょう。
あまりひどいものを作ると、星一徹風の父親がちゃぶ台をひっくり返して暴れるので気をつけましょう(本当に病人かよというツッコミはなしの方向で)。

干物作りには新鮮な食材が必要です。
地元の漁師と懇意になって、新鮮な魚介類を分けてもらいます。
漁師との信頼度が深まると滅多にお目にかかれない黄金サバなどの高級食材を手に入れられます。

干物を干していると野良猫や鳥が襲撃してくるので、追い払いましょう。
時々、化け猫や猛禽類が襲ってきますので、たかが小動物と見て油断はできません。

天気も変わりやすいので天気予報のチェックを怠らず、天気が変わったらすぐに取り入れなくては干物が台無しになりますので、気をつけましょう。

客のクチコミも重要ですので、シズ子さんや家族と協力してお店の宣伝をし、試食品を出すなどして人気を得ましょう。
干物が売れるようになると資金がたまり従業員も増え、遠方ルートの新しい食材を入手できたり(ノルウェー産キングサーモンなど)、流通販路が拡大したり、社屋を新しく出来たりします。
ただし資産を狙う詐欺師なども現れますので、うまい話には十分に注意が必要です。

もちろんシズ子さんや妹(!?)、そして化け猫(←某ネコ娘…)といちゃいちゃ出来る恋愛シミュレーションモードも搭載です。

…と、まあヒロイックな内容は全くないうえに、なんだか魚の生臭さが画面から臭ってきそうなゲームですがw、一人の乾物屋の一生をシミュレートする平和なゲームなのです。
しかし平凡な乾物屋で終わるか、日本一の乾物屋になるのか、それとも店を畳んで夜逃げするのか、それはプレイヤーの腕にかかってくるのです!
目指せ干物長者!!


なにやら非常に馬鹿なことを書いた気がしてなりませんが、実際書いているうちになんか興が乗ってきたので、しばらく「俺のゲーム」続けたいと思いますwww