2013-12-19 16:42 | カテゴリ:オレの怪獣図鑑
toripodo.jpg
大怪獣トリポド

*分類 植物怪獣
*出身地 北の某国
*主な生息地 東京郊外・坂の下町他
*身長 2メートル10センチ
*体重 200キログラム

飢餓にあえぐ北の某国が、食料・エネルギー難を解消するため遺伝子操作で創りだした植物怪獣。
種子を積んだ飛行機が南の某国によって撃墜され、風に乗って種子が世界中に拡散したため、各地で生息が確認されている。
三本の根を足のように使って歩行することができる。
女好きで若い美女ばかりを襲い、長い触手を使ってイタズラするハレンチな性質。
胴体に良質の油を蓄積している他、身は食べると美味しい。
そのため、坂の下町に現れた個体は酒のつまみとしてコヂラに食べられてしまった。

スポンサーサイト
2013-12-17 18:03 | カテゴリ:オレの怪獣図鑑
zashikiwarashitwins.jpg
ザ・リリーズ

*分類 精霊神
*出身地 民話の里
*主な生息地 東京郊外・坂の下町
*身長 1メートル10センチ
*体重 25キログラム

民話の里に住むザシキワラシの双子。
右が虹子で、左が夢子。
歌が上手く、「ザ・リリーズ」がデュエット名。
「オシラの歌」を唄ってオシラを呼び寄せ、指令を出すことができる唯一の存在。
戦闘能力は持たないが、精霊なので不死身の他、ラップ音やポルターガイスト現象を起こす程度はできる。
また、幸運を呼び寄せる力があるため、彼女らと関わった人々のもとには幸運が舞い込む。
その力を悪人に目をつけられ、夢子が東京に拉致されたため、虹子がオシラとともに東京へ救出に現れた。
好物はお菓子、玩具、テレビ番組など。


2013-12-15 01:17 | カテゴリ:オレの怪獣図鑑
物語の舞台について疑問を持たれた方もおられるようなので、今回は大怪獣決戦の地「坂の下町(坂之下市)」について記しましょう。
ここに記してある知名はほとんどが架空のものですので、予めご了承下さい。

*坂の下町(さかのしたまち)

新宿からJRの電車(架空の路線「坂之下線」)で1時間くらい行ったところにある街です。
東京のベッドタウンとして栄えており、人口は40万人弱。
現在では隣町の「羽壷町(はねつぼちょう)」と合併して町政から市政へと移行し、「坂之下市」になっています。
ただし、この図鑑の怪獣たちが暴れまわるのはだいたい昭和40年代をイメージしているので、まだ「坂の下町」のままです。

江戸時代は小大名・夜刻氏が治めた武州夜刻藩2万5千石の城下町として栄えました。
関東大震災での火災や太平洋戦争においての爆撃を免れたため、現在でも城郭など古い歴史を感じさせる建物が多く残っており、埼玉県の川越市と並ぶ「関東の小京都」と呼ばれ、観光地として賑わっています。
イメージのモデルは埼玉県の川越+岡山県の高梁です。

街は山と利根川の支流に挟まれた広い平野部に作られています。
江戸時代の市街地や城郭は山寄りですが、現在の市街地はそこから少し離れたやや川寄の場所に形成されています。
これは、明治時代の中頃に引かれた鉄道が、元城下を少し離れた場所に作られたためです。
市内は大きく分けて3つのエリアに区切られます。
1つ目は新市街地、2つ目は歴史景観地区、3つ目は旧羽壺町区です。
市内には新宿方面から「はねつぼ」、「もとさかのした」、「さかのした(終点)」という3つの駅がありますが、順に旧羽壺町区、歴史景観地区、新市街区に対応しており、それぞれの玄関口として賑わいます。

新市街地は街の経済活動の中心となるエリアで、駅前周辺に商業区、そこからやや離れた場所に市役所などを置く政経エリア、その周囲を取り巻くようにして住宅街が広がっています。
近代的な建物が多く、駅も商業施設が併設されたかなり大きなものになっています。
歴史景観地区は元城下町で、城郭や武家屋敷、町人町などの古い建築物や街並み、あるいは自然や田畑などが数多く残されており、観光の中心です。
旧羽壺町区は元々は独立した街だったところで、数年前に坂の下町と合併しました。したがって坂の下町より規模は小さいものの、それなりの生活機能を備えた街になっています。

…坂の下町については大体以上のような街ですが、ここは色々と僕の創作物の舞台になることが多い場所です。
それなりのお話もいくつか作っているので、そのうちなにかサイトの方にアップしてみようかなと思っています。



2013-12-14 11:05 | カテゴリ:オレの怪獣図鑑

養蚕大怪獣オシラ

*分類 カイコ怪獣
*出身地 民話の里
*主な生息地 東京郊外・坂の下町
*体長 2メートル30センチ
*体重 700キログラム

コヂラと同じ県内の民話の里で守り神として崇められているカイコの怪獣。
性質は平和で、普段はおとなしい。常に民話の里の観光PRを忘れないナイスなやつ。
ザシキワラシの指令によって行動し、連れ去られたザシキワラシを救出するため東京に現れた。
戦いになると口とお尻から出す糸で敵を絡めとり、のしかかって押しつぶす。
弱点・おとなしい上に主体性がなく、ザシキワラシの指令がなければ自発的行動がとれないこと。

2013-12-13 18:00 | カテゴリ:オレの怪獣図鑑

空の大怪獣ペギン

*分類 鳥怪獣
*出身地 南極大陸
*主な生息地 東京郊外・坂の下町
*身長 1メートル80センチ
*体重 90キログラム

南極大陸付近を航行中に挫傷した某国の原子力潜水艦から漏れだした放射線の影響を受けた皇帝ペンギンが人間大に巨大化し、更に努力の末、空を飛べるようになった怪獣。
性質は一見コミカルな外見とは裏腹に気が荒く貪欲。
青魚やエビが好物で、さんまを満載した日本の漁船を追って日本に飛来した。
武器は飛行する際に発生する衝撃波と、体から発する悪臭。
弱点・気温が高い場所に長時間留まると熱中症になる。