2016-03-16 01:13 | カテゴリ:夢見
気がつけば、もう3月を半ばを過ぎましたね。
ついこの前正月だったような気がするのですが、なんだか早いものです。

昨日ですがこんな夢を見ました。

闘う変身ヒロイン(ヒーローじゃないというところがいかにも僕の夢w)が悪の害虫人間軍団と闘う夢です。
ヒロインはなんか本当に変身するのかこいつは?と思えるような、へんてこな模様の入ったハイレグレオタード着ているただの女の子でした。

話は何の前触れもなくいきなり、ジジババが集まっている老健施設みたいな場所をを悪の軍団が急襲するところから始まります。
どういう理由があっての襲撃なのかはまったくの謎です。さすがおれの夢w
害虫軍団のボスはムカデ人間(ホラー映画のやつじゃなくて)で、身体が長くて赤いやつ。
雑魚戦闘員は真っ黒ツヤツヤのゴキブリ人間で、これがやたらとたくさんいる。
そいつらがどわーっと施設の玄関を破って中へ雪崩れ込んで、逃げ惑う老人や介護士を捕まえてちぎっては投げちぎっては投げの大暴れ。

あ、これ比喩じゃありません。

瞬く間に辺りは屍累々と重なりその血は流れて川を成す阿鼻叫喚の地獄絵図になり、遅れて施設へ駆けつけたヒロインはあわてて年寄りを守ろうと奮闘するんですが、何しろ敵の数がやたら多いので手が回らず、人間がどんどん殺されていく。

「このままでは施設の人たちが皆殺しに!一体どうしたら…!ああ、一人で大勢を相手にできる力があれば」

とか嘆くと、いきなりヒロインの身体がメキメキ音を立てて変形しだすんです。
二段変身かよ、ってところですがそんなものじゃなくてもう身体そのものが人外の者へ変質していくんですね。
身体がせむしになり皮膚が甲羅のように硬質化する。
筋骨が発達して細身のマッチョ体系に、レオタードや衣装が敗れて全裸に。
手足がやたら長く伸びて、姿勢が前傾化します。
両腕の内側と外側の皮膚が刃物のように硬質化し肘の先から骨が槍のように飛び出てくる。
手足の指の先から鋭い鉤爪が伸びる。
足の甲が親指を残す形で伸びて、猿みたいに足の指で物が掴めるようになる。

…このようにヒロインはいわゆる一個の怪物に変身するのですが、なんかバオー来訪者みたいな感じですね(^^;)。
それで敵の群れの中にウオーっと雄叫びをあげて突っ込んでいく。
敵に向かって両腕を薙ぎつけると、一気に何人もの敵の首が斬られてボンボン飛んで行くんです(^^;)。
ヤッとジャンプして両足の指で二人の敵の頭を鷲掴みにして、バック転しながら後ろへ放り投げると、敵が柔道一直線みたいにビューンと空中を飛んでいって、壁に叩きつけられグチャッと潰れる。
何しろ前傾姿勢なので姿勢が低く、敵の足元をすり抜けるように駆け抜けると、両脚を切断された敵がバタバタ倒れる。
敵が反撃しようと掴みかかったり殴りかかったりしてくるのですが、それを腕で普通に防御しただけで、相手の腕がスパッと斬られて大根みたいに転がる。
僕はなんだか知りませんが焼き鳥屋のオヤジになってまして、頭にねじり鉢巻巻いて白い厨房衣、足は下駄履きという格好をしておりましたw
それで焼き鳥の串を手裏剣みたいに投げて(さすが夢、うまい具合に急所へ刺さるw)彼女を援護しているんですよw

で、暴れ回ったヒロインがハッと我に返ったら変身は解けて敵は全滅してたんですが、施設の人も大半は殺されてて、生き残った人もヒロインを化け物を見るような目で見ながらブルブル震えている。
それでヒロインがわっと泣き出すんですが、僕は彼女の肩をたたいて、

「なあ、○○ちゃん。あんたぁ化け物を相手に戦ってるんだ。化け物をやっつけるにゃあ、自分も化け物になるしかねえんだよなあ…悲しいよな」

…って言ってるところで目が覚めたんですよね。

これってなんか創作に使えそうなネタだと思うんですけどどうですかw





スポンサーサイト
2016-02-09 21:20 | カテゴリ:夢見
昨晩こんな夢を見たヨ。

実に可愛らしい某キャラクターと結婚するんです(*´ω`*)。
いや、自分の程度が知れるのでそのキャラがなんのキャラクター7日は書きませんが、多分皆さん想像がつくだろうキャラですw
というか、もう漫画やアニメのキャラが夢に出てくるという時点で僕の精神年齢がわかってしまう気がするんですがw,…まあそいつはここで深く考えないでくれよな!
皆さん、このキャラクターが誰なのか当ててみてくださいw
まあ、当たったところで商品は何もないですが…。
あ、言っておきますが、当然女性ですよw

で、彼女が僕に言うには、結婚すると岩手へ移住しなくてはいけないので、一度自分の故郷へ戻って家財道具を運んでこないといけないというのです。
なるほど、そいつは尤もなことだと思いまして、それじゃ引越し屋さんを頼もうか?といいますと、

「引越し屋さんに頼むと自分が秘密にしていた宝物の在り処がバレるし、それはバレると大変恥ずかしいものなので、できれば自分で運びたい」

と恥じらいながらもじもじして言います。
それを見て僕は、やっぱり僕のお嫁さんはなんとかわいいのだろうかと鼻の下を伸ばしつつも、その一方では結局引越し屋を雇うお金が勿体無いんだろうなぁ…この子は将来すごいシブチンなカミさんになるかもしれんぞ…と覚めた気持で彼女の顔を眺めておりました。
しかし、それではどうやって家財道具を持ってこようか?方法を考えようと相談しますと、ニンマリと笑った彼女はいきなりサムズ・アップしまして、

「私にいい考えがある」

とコンボイ司令官みたいなことを言うのです。
ああ、このセリフはまずいぞ、絶対うまくいくはずないぞと思いますと、彼女は家の外へ飛び出して行きまして、しばらく経つとブロン、ガガガガロン、というようなすさまじいエンジンの爆音とともに、

「あなた~ん♡コレが奥の手よ!」

とかいう嫁の声が。
一体何ごとかと思ってみますと、なんと!
菅原文太の「トラック野郎」に出てきたデコトラ「一番星」号に乗った嫁が、運転席からペコちゃんみたいにぺろりと舌出してウインクしているではありませんか。

ゲェーーーーッ!

まさかこれに家財道具を載せて運んでくるというのか…。
そうなると多分、自分たち…っていうかおれがトラックまで運ばなきゃならんってことなんだろうな…。
と恐ろしい予感が胸をよぎりましたが、嫁に早く早くと急かされるままデコトラに乗り込みます。
そしていよいよ彼女のふるさとへ向けてハンドルを切ったわけでありますが、僕は大型免許を持っておりません。
もちろん君が持ってるんだろうね?と尋ねますと、嫁はニッコリと可愛らしく笑い、

「持ってるわけないよ♡」

オイオイ!一体どうするんだよ!と言いますと、

為せば成る!

と再びサムズ・アップ。
…ここに恐怖のドライブが始まりました。
さすが無免許運転です。車線変更、右折左折、全てデタラメ。
特に仙台市内に入ったところでは、並走車に幅寄せして体当りし、前方停止車にカマを掘り(何しろ馬鹿でかいトラックなのでこちらはかすり傷ひとつつかないが、相手の車はぺしゃんこ)、しかもカーナビを全く見ない。
自分の勘とかで行き先を決めてハンドルを着るので、目的地からどんどん遠ざかっていく。
そんなことは全く気にせず、ハンドルを握りアクセルを吹かす我が嫁は、目が完全に座っておりまして、菅原文太ばりに

「どかんかい!!」

僕は助手席で身を縮こませてブルブル震えておるほかございませんでした。
…というところで目が覚めました。
先が見たかったような、見なくてよかったような…w

もうトラックは懲り懲りだよ


2016-02-02 04:01 | カテゴリ:夢見
眠れません。

…というか、眠れないというよりも、目が覚めてしまったというのが正しいでしょうか。
昨晩はいささか具合が悪くて(例の歯痛と悪寒)、これはきっと風邪のひき始めだろうと思い、感冒薬を飲んで寝ました。
多分午後11時前だったと思います。
確かに具合が悪かったと見えて、布団に入った途端に眠りに落ちました。
その後、尿意を催して目が覚めたんですが、その際時計をみたら午前2時08分。
まだ3時間しか寝ていない…。
トイレに立って部屋に戻ってきて、また寝ようと思ったらもうダメなんですね。

寝られないの(^^;)。

もう目がギンギンに冴えてしまってw
それで仕方なく起きてきて、こうしてPCをいじっているわけですが、困りました。
体調は随分良くなりましたが(薬って効くんですね)、昨日の交換会で身体も疲れているはずなのに眠れない。
参りました。

わずか3時間の睡眠時間の間に夢を見ました。
なんだか、大きな池がある場所が出てきました。
とはいえ、何も大自然の中にある池ではなく、池の周りは舗装されて整備されており、住宅地になっています。
ただ周囲には緑が多く、街の中心部から外れた郊外にありそうな感じの場所です。
僕はなぜか、そこを虫取り網と虫かごを持って歩いています。
季節は明らかに夏で、多分お盆の頃でしょうかね。
夢なので、実際に気温は感じませんでしたが、なんだか空気が暑いような感じでした。
池の周りの住宅地の中を見て歩きながら、時計に目をやると夜中の2時半なんです。
それでも、家の庭先に椅子を出して夕涼みをしているらしい人がいたり、台車を押して荷物を運んでいる宅急便のあんちゃんがいたりして、しかもどこからか祭り囃子が聞こえてくる。
真っ暗な夜空に裸電球のオレンジ色のライトが光り、そうした人達の姿を照らし出している。
実に奇妙な感じでした。

足を止めてぼんやりそれに聞き入っているうちに、オイオイと声を掛けられたので、何だ?と思って振り返ると、そこには東京の学生時代、仲の良かったI君がニコニコとして立っておりました。
こんなところで何をしているんだと訊かれたので、いやぁ…おれにもよくわからんと答えると、あんた虫かごを持っているじゃないか、ちょうどいいからかぶと虫捕りに行こうぜ、と彼は言うのです。
たしかに彼には、今だにそういう素敵に子供っぽい部分が残っているので(もちろん褒めています)、僕もそれもいいなと納得したのですが(僕のほうが子供っぽいでしょうかw)、果たしてこんなところにかぶと虫がいるのか?と思って訪ねてみると、彼は笑って、何言ってんだ、周りを見てみろよ、木がいっぱいあるだろう、いないわけがないじゃないか、と言います。
それもそうだと思ってそれで彼と肩を並べて歩き、しかしこの町はなんか変じゃないか?と尋ねますと、
なんでさ?
だっていま夜中の2時半だろ、なのに人は大勢いるし、宅急便のアンちゃんだってああやって荷物を配ってるぜ、いくらなんでもおかしいだろ。
ちっともおかしくはないのさ、この町はそういう所なんだから。
そんなもんなのか…と思いつつ歩いていきますと、池の畔に大きな柳の木がありました。

柳の木と言っても、幽霊が下に立つような細くてヤワヤワしたようなものではなく、樹齢が何十年も経つようなぶっとい大木です。
ここにはきっとたくさんいるぜ、とIくんが木を見上げてニカニカと笑います。
そして彼は、猿のようにひょいひょい木に登っていく。
おお、いたそいたぞ、早く網とカゴ!と彼が歓声を上げますので、下からそれらを差し出すと、ガサガサカゴへ入れていく。
じきに降りてきますと小さな虫かごの中にでかいかぶと虫やクワガタ虫がわさわさ入っているのです。
おわ~こりゃすげえや!とびっくりしますと中に変な虫が混じっている。
よく見てみると、ヘラクレスオオカブトムシ、アレが日本のかぶと虫みたいな色になっている奴なんです。
おい変なのがいるぜ、一体こいつは何なんだろう?
こいつは多分、外国から輸入された奴が日本のかぶと虫と交配して生まれた雑種だろうな…。

…と言って顔を見合わせているところで目が覚めました。
I君とはもう大分会っていませんが、時々今も連絡を入れるんですよ。
その辺りが夢に作用したんですかね。
毎度ながらへんてこな夢でした。

2015-12-12 05:34 | カテゴリ:夢見
またもこんな時間に目が覚める。
参ったね(^^;)。
早く寝るとダメみたいです、どうにもね…。
これが歳を取ったということなのかなぁ。
気持だけは今も若いつもりなんだけれど。
え?人間も成長してねえじゃねえかって?
それを言っちゃあ、おしまいよ(渥美清風に)。

今夜は…と言うか、さっきまでですか、こういう夢を見ていました。

僕はどこか知らない街の商店街を歩いているんです。
道幅の狭い、ごちゃごちゃした…多分テレビか何かで見た東京の下町の商店街だと思うのですが(僕は昔東京に住んでいたんですけど、そこは下町ですが広い国道に面していたので、こういう感じじゃなかった。だから多分、そこではない)、そこをぶらぶら歩いているんですよ。
おお、ここは八百屋か、こっちは惣菜屋に蕎麦屋か…昔ながらの商店街で活気あるねえ、いいわよいいわよ~先生こういうの大好きよ~などとヒゲゴジラ風に思いつつ歩いておりますと(とか書いたところで今の若い人は誰もわからねえだろうな)、商店と商店の間に挟まれるようにしてこぢんまりと建っている、間口の狭い木造建築の古い店があるのが目に入りました。
なんとなくその玄関のガラス戸を透かし見てみますと、なんと棚に古臭いプラモデルが大量に積んであるんです。
おお、ここは模型屋か、しかもなんか古そうなのがいっぱい置いてあるぞ!と懐古主義者の血が騒ぎましてw、思わず玄関の扉(ガラスの引き戸なんですよ…昔よくあったような感じの、開けるとガラガラいうやつ)を開けます。
中は細長く、ちょっと狭い感じ。
右には棚があって古い模型の箱が山積みになっていて、左側はショーケースで鉄道模型とかの完成品や、棚に収まらない大型の模型の箱が飾ってある。
ほほ~古臭い作りがまたいい味出してるなあと感心しておりますと、すると、店と奥を仕切っている襖を開けて四角い顔のバアサンがいらっしゃい~と出てくる。
こんにちは、少し見せてください
と言うと、
「はいはいどうぞ。ゆっくり見ていってくださいよ」
、とお茶まで持ってきてくれた。
それを有りがたく受け取って飲みつつ、これ売ってらっしゃるんですか?と尋ねますと、

「ええ、もちろん売っておりますですよ。でももうわたしも歳ですし連れ合いは亡くなりましたのでね、そろそろ店じまいしようかと思っているんです」

ああ、そうなんですか…昔ながらの模型屋さんがなくなるというのは残念なことですね。
模型ファンとしては寂しい限りです。
失礼ですがお婆さんはお幾つになられるんですか?

「今年で84になりますですよ。この店はそうですね~50年位はやってますかしらねえ」

…そんな会話をしつつ物色しておりますと、やはり珍なるものが沢山有るのですよ。
これは黙ってみているわけには行かねえぞ、買わざあなるめえ、と財布を出しつつ、これとこれをくださいと言って値段を聞いたら、なんと発売当時の値段と変わりないんです。
考えようによっては高いといえるかもしれませんけど、逆に考えればヤフオクとか古物商(いや、僕もですけど…)みたいにふっかけていないとも言える。
それで僕は鼻血がでるほど興奮しましてw
財布から有り金を全部出し、持ち合わせのお金はこれしかないけれども、近々来るときはもっとお金を持ってきますから、あれとそれとこれを取置してくださいと頼むと、存外な大金にばあちゃんびっくりしちゃって恐縮し始め、

「古い模型にこんなにお金出してもらうのは心苦しいから、2割引にします」

とか言うじゃありませんか。
もう僕は狂喜乱舞ですよ。
ばあちゃんの手をとって三拝九拝、とりあえず購入したものをビニールの手提げ袋へ入れてもらい、二、三日したらまたきますからといって喜び勇んで店を出ました。
そしてもうスキップ踏んでで歩き出しそうになりながら、さあ先生に頼んでお金借りなきゃあ、あのプラモを買い占めてやるんだ、そうしたらどうする?モリオカに帰って自分の店を出して売るに決まってるだろ、などとニヤニヤしているところで目が覚めた次第。

ただこれだけの実に他愛のない夢なわけですが、目が覚めてからも昂奮は収まっておらず、あれは夢だ幻だとわかっているのに妙に惜しいような、損をしたような気分に苛まれ、しばらく寝床の上で呆然としていました。
夏目漱石の「坊っちゃん」の冒頭の方に、夢でダイヤモンドを手に入れて喜んでいたところで目が覚めて、ダイヤモンドはどうしたと家族に尋ねて呆れられるというシーンがありましたが、なんだかそれっぽい感じ。
これ書いている今も、バカバカしいと解っていながらも悔しい気分でいっぱいですw
あの店、本当にこの日本のどこかにあるんじゃないか…。
あのバアサンが僕が来るのを待ってるんじゃないか…という気がしてならぬのです。
まあどうせ待っていてもらえるのなら若い美女のほうがいいわけですが…w

で、ふと思い出したんです。
その模型店の店構えに見覚えがあるんです。
どこなんだろうなあと思ってさっきまで考えていたんですけど、ようやく思い出しました。
僕が子供の頃に近所にあった、古い模型屋さんと同じなんですね。
間取りとか店舗内の様子がそっくり同じなんです。
尤も経営していたのはバアサンじゃなくて顔の長いジイサンだったけれども。
子供の頃はその模型店によく通って、色々な模型を買ったものでした。
もちろん今はその模型屋さんもなくなってしまい、跡地は銀行の駐車場になってしまっていますが、その前を通るたびにここに模型屋があったなーとなんとなく思い出すんですよね。
多分、記憶の中に残っていたそれが、何かの拍子に夢へ投影されたんでしょうねえ。

僕が子供の頃は、盛岡にも結構な数の模型店があったものですが、時代の流れか、今は殆ど姿を消してしまいまして、市内に2,3軒を残すだけになってしまいました。
大体、子供が模型を作らなくなったのもあるでしょうねえ。
今子供がプラモを作るといえばガンプラくらいなものでしょう。
一昨日、所要のついでに通りがかった地元の模型店にふらっと寄ってみたんですが、店内に4つある棚の2つまではガンプラなんですよね。
戦車とかのミリタリー関係とか、他のキャラクター関連のプラモはやはり人気がないのでしょう、隅の方に追いやられている。
まあ僕もガンダム世代ですし、ガンプラが嫌いなわけではないのですけれど、これはちょっと寂しい感じがしました。
もっと色々なプラモデルを子どもたちに作って欲しいと思うのですが、そんなこと言っても個人の嗜好の問題ですし仕方がないですよね。
それに今はプラモデルを作るよりももっと楽しい物に満ち溢れていますからねえ。
僕らが子供の頃というのはプラモデルを作るというのは子供の大きな楽しみの一つで、駄菓子屋なんかですらも1個100円とかのチープなプラモデルを売っていたものでした。

なんだかダラダラ書いてしまいましたけれど、こういうところからも、自分も随分歳を取ったなあと実感します。
記憶の中に住むことができたらどんなに幸せなんだろうか…。
考えても詮無いことながら…。


2015-10-03 22:06 | カテゴリ:夢見
今日は晴れたり曇ったり雨が降ったりで一日安定しないひどい天気でした。
気温は22℃くらいあったのですが、雨のせいか体感温度は肌寒く、母親は寒い寒いを連発。
そんな天気なことも手伝って気分がクサクサしてたまらなかったので、、昼ごろからシフォンケーキを焼きました。
なかなか良い出来でありましたよ。
cake1.png

丸いよ♥
…ってあたりめえだろ。
cake2.png


焼き上がり後夕方1時間ほど昼寝をしたのですが、夢の中にいま市長選に出るとかでないとか評判の大仁田厚が出てきたんですよ。
「おい、おいBAD、おい…おい!」
とか言ってマイクアピールしつつ挑戦してきたので、こちらはストーンコールドの真似して缶ビール(正確には新ジャンル)片手に
「WHAT?」
とかいいつつSCスタナーかけてやったんですが、たちまち逆転されてサンダーファイヤーパワーボムで倍返しされたんですよね。
でも戦い終わったら
「タイマン張ったらダチなんじゃ~」
とか言われて、なぜかリング上で酒盛り開始、さつま揚げでそば焼酎雲海飲んだところで目が覚めたんですよね。
夢見占いする人、これがどういう意味なのか教えて下さい。
お願いしますw