2016-07-15 23:35 | カテゴリ:プラモデル・玩具
また…買ってしまったよ…。


暁美ほむらちゃんのfigma、制服バージョンであります。
通称「メガシャキッ」…ではない(軽いボケ)、もとい「メガほむ」。
しかし小金が入ればすぐこういうものを買ってしまう自分は一体…。
まとまった貯金なんて一生できんな…。

IMG_0131.gif
まだピュアでナイーブだった頃のほむらちゃん。
夢の(?)ドジっ子魔法少女でありましたね。
クールでどこかやさぐれた感じ(失礼)のほむらちゃんもいいけれど、眼鏡がとってもお似合いなこのお顔も捨てがたい。
可愛いです(*^^*)。
しかし制服だとぺったんこの胸がさらに強調されますのう…これで巨(以下略)。

このfigmaは見滝原中学の制服ということもあり、肩部分が独特の膨らみ方をしておりますので、肩の横軸可動域が狭く(膨らんだ部分が脇に当たるのです)、スカートも通常版と比較すれば大分柔らかくなったとはいえまだ固いので、やはり足も縦方向には大きく動かせません。
その辺りは少々残念ですが(いや、これを解決するには布で服を作るしかないわけですので仕方ないのですが…)、造形は劇中のイメージを良く捉えていると思います。

ちなみに、パンツは色気がございませんでした(爆)。

まあ、ほむらちゃんのパンツがスケスケのエロ下着だったらそれは逆に興ざめでありますが、もっとこう…なんというかですな、ここはもっとリア(公序良俗に反するので削除)。

本体だけではなく、通常版にも流用できる表情パーツや、ミニミ軽機関銃やRPGなどの武器、それに改変後の世界で使っていた弓と光の矢などの武器の他に学生鞄などの小道具が豊富に付属しており、プレイバリューが高いものとなっております。
中古品で3千円弱で購入いたしましたが、非常にお値打ちと申せましょう。
通常版を所有していれば楽しみ方は広がると思います。
これは、良いものです。

今度はなぎさちゃんあたりが欲しいですね(^^)。


スポンサーサイト
2016-06-25 00:53 | カテゴリ:プラモデル・玩具
そういえばこんなものを買ってしまいましたよ…。

homuhomu1.gif
暁美ほむらちゃんのfigmaです。
お金がない、お金がないとか言いつつこんなものばかり買ってしまう自分が恨めしい。
しかし後悔は、してない!

中古ですが保存状態はかなりよろしい感じでした。
箱に多少の傷や凹みはありますが、本体は無傷ですので全く問題なしです。
遊べりゃいいんですよ、遊べりゃあ!

homuhomu2.gif
花のかんばせ。
まどかの可愛らしさやマミさんの優しさ、さやかの溌剌さ、杏子の凛々しく蓮っ葉な感じ、彼女らとは明らかに違う、このクールというよりも全てに達観した行者のような、それでいてどこか憂いを帯びた表情が彼女の魅力に思います。
コレで巨乳なら非の打ち所がなかったのだが…あ、個人的感想ですよ、ええw

それはともかくも、全体のシルエットとして劇中のイメージを良く捉えており、関節もかなり稼働しますのでなかなか出来が良いのですが、ただ一点だけ不満があるとすれば、スカートが固い(軟質素材のはずなんだけれども)という点でしょうか。
おかげで太ももの可動範囲に干渉してしまって、深く曲げられないため、拳銃の膝撃ち構えなどのポーズが取らせにくいのですよね。
その点だけが少し残念でした。
トミーテックとか言うメーカーから1/12の精巧な自動小銃などの武器が出ているようなので、いずれそれらを持たせて遊んでみたいと思います。

2016-05-21 14:28 | カテゴリ:プラモデル・玩具
今月は少しお金に余裕があったので、以前から欲しかったこれを購入してみました。
figmaという1/12サイズアクションフィギュアの巴マミさんです。
以前は魔法少女に変身した姿のものを購入したのですが(あの鉄砲持ったやつですね)、こちらは学校の制服版です。

IMG_0112.jpg

相変わらず可愛らしいマミさんのお姿に年甲斐もなく興奮する私。
特にこの見滝原中学校の制服姿のマミさんは実に良い。
マミさんの魅力はやはりこの優しげな眼差しと、ポワ~ンとした雰囲気だと思うのですよね。
年上のお姉さんというよりも、どこか母性的な雰囲気があります(バストも大きいですし)。
このフィギュアはそれらをよく再現しており、できが良いように思います。
でももう少し太ももをムッチリと、脚全体を長くしてくれたらベストだったでしょうか。
もちろん個人の主観によります。

IMG_0113.jpg
スマホで撮影しましたが、いまいち上手な写真でなくて申し訳ない。

ただ、このフィギュアは付属する小道具がティーカップとソーサー、ソウルジェムに学生鞄くらいなもので、ちょっとボリューム不足なのが物足りない感じですね。
その点だけが残念です。
ドールハウス用のティーセットやその他の小物で代用するしかないのでしょうね。
いや、この制服マミさんには鉄砲などの武器はあまり似合いそうもないですから、持たせるなら日用品かな、と。
でもベスパなどスクーター系のオートバイに乗せてみるのは、意外に似合いそうな気もします。

これは開封済み中古品で購入しましたが、フィギュア自体の状態は非常によろしく満足いたしました。
お売りいただけたショップさま、ありがとうございました。

次はほむらちゃん(魔法少女版)の購入を検討中です。
こちらは鉄砲とか似合いそうなので、トミーテックの精巧な自動小銃などを持たせるのも面白いと思います。
ああ、でもメガほむとかいうクッソ可愛い制服版の方もほしい…。
いや、いずれ中古品ならあまり高いものではないのですが、今自由になるお金が手元に僅かなので、まずはお金を貯めないといけません(^^;)。
貧乏って嫌ねえ!


2015-12-04 01:03 | カテゴリ:プラモデル・玩具
最近ヤフオクでこういうものを手に入れました。

今は亡きプラモデルメーカー「今井科学」から発売されていた「マイティ基地」です。

IMG_0028.jpg

今井科学は帆船模型などで有名ですが、こういったキャラクターもののプラモデルや、オリジナルの「ロボダッチ」などを販売展開していた事でもよく知られております。
このマイティ基地は、「マイティジャック」という円谷プロが1968年に制作した特撮ドラマの版権商品で、この基地以外にも、主役メカである万能戦艦マイティ号のプラモデルなども発売されていました。

いやあ、僕こういう「秘密基地関連」のプラモデルが大好きなんですよ。
プレイバリューも高いと思いますし、なんだかワクワクしませんか?
あと「秘密基地」という言葉に、なんとも言えないロマンを感じるのだよなぁ(遠い目をして)。
昔はこの手の秘密基地のプラモデルってかなりありまして、同じイマイからはサンダーバードの秘密基地(トレイシー島)とか、「謎の円盤UFO」の月面基地などが発売されていたんですよね。
他のメーカーも、ガッチャマンとかコンドールマン、コンバトラーVにグレートマジンガー等の秘密基地をプラモで発売していたりして、それが子供にウケて、普通に受け入れられていたんですよね。
今の子供はどうなのかなあ…。
プラモ自体の出来は凄く良くなったけど、多分それに慣らされてしまって、そこはかとないチープ臭のこもったこういうプラモデルには興味ないんだろうな~多分。

この基地のプラモデルには、ミニチュアサイズのこまごましたメカがたくさん付いており、それらを格納したり、バネ仕掛けで発射したりできるようになっています。
こういうギミックが付いているのがとても楽しいですよね!
童心に帰っていわゆるブンドド遊びが楽しめるわけですなw

ちなみにマイティ号のプラモデルもセットで手に入れたんですよ奥さん!!

IMG_0027.jpg

こちらはディスプレイモデルではなく、昔懐かしいモーター走行で動くタイプのものです。
いや~、以前は飛行機とか戦艦のプラモデルにも問答無用でこういうタイヤがついてて、走らせて遊ぶことが出来ましたよねw
なんて言うのでしょうか、今は飾ったり、いじったりして楽しむプラモデルが割と多いような気がしますが、この当時は「動く」というのが非常に大きな要素だったのでしょうね。
つまりプラモデルが完全に玩具の延長線上にあったということでしょうか。
時代を感じさせますが、ソッチのほうが楽しかった気もしないでもありませんね。

双方とも箱をチェックする限りでは、発売当時のものではなく、おそらく1970年代から80年代にかけて再販されたもののようです。
特にマイティ号の方はバーコード表記があるので、80年代後半のものでしょう(この手の物は何度も再販される)。
ただ、どちらもあらかた30年以上経っているに違いないものであることには変わりなく、「古物」「ビンデージ」モノとしての価値は充分にあるといえましょう。
また、箱にはスレや色あせ、汚れや痛みなどが見受けられますがそれほどひどいものでもなく、パーツは綺麗で健全なまま、もちろん全部揃っています。
大変状態の宜しいものと言っていいのではないかと思います。
良い買い物をしました(^^)。

この調子で色々と昔の「秘密基地」プラモを集めたいですね。
さしあたって次の目標は、サンダーバードのトレーシー島かなあ…。






2015-05-24 12:29 | カテゴリ:プラモデル・玩具
書くことがない(;´Д`)。

…うーん、書くことが何かあるだろうかと考えてみるに、なにもない。
なんか今日は暑いですよ~とか言うくらいですかね…この時期で気温28℃とか一体何なんだよ。
本当に参ってしまいますよね。
この調子では真夏はどうなることか…。

そうそう、そういえば、ちょっとお金が入ったのでバンダイのROBOT魂<SIDE AB>ドラムロを購入しましたよ。

これ、かなり出来がよろしゅうございます。
ずんぐりしたてんとう虫のようなプロポーションをつぶさに再現している上に、全身がよく動きます。
なんと片膝立ちまで出来てしまう。
コクピットハッチもこのシリーズでは毎度のごとく開閉しますが、中に搭乗員フィギュアがないのはちと残念ですね。
別売りでよいので、同スケールの搭乗員セットとか発売して欲しいところです。

それはさておき、今まで発売されたドラムロの玩具や模型の中では出色の出来、いや多分パーフェクトではないかしら。
いや、ドラムロの玩具って結構出ているんですよ。
まあ出来の方はお察しなんですが、中でもバンダイから発売されていたドラムロのプラモデルは、プロポーションは割りと良かったものの、同スケールのダンバインと並ばせるとやたら小柄で、蹴っ飛ばされただけで墜落しそうな感じでしたがw、今度のドラムロは同じROBOT魂のダンバインと肩を並べても遜色ない大きさです。
当時からのファンとしてはこれが一番嬉しいですかね。

あとは、デザインに余計なアレンジがされていないのがまた良い。
一昔前のオーラバトラーの模型はやたら生物感を強調してて、表面に血管が浮き出ていたりとか、蟹の殻みたいにゴツゴツしていたりとかしてたんですけど、ああいう表現はほぼ皆無でちゃんとアニメ準拠の処理がしてありますので、安心できます。
まあそっちのように半分怪獣みたいなのの方が好きだという人もいるでしょうが…。

付属品が剣と差し替え用の剣の柄だけというのはいかにも寂しいですが(フレイ・ボムの焔エフェクトくらい付けて欲しかった…)、それを抜きにしても満足の行く出来です。
お値段は約7000円とちと張りますが、値段に見合う完成度の高さと思います。
これはみなさんお勧めですよ。

トッド専用カラーリングのネービーブルーなドラムロの方も、限定発売で予約受付中だそうです。
ここがバンダイのせこいところで、同じ模型の色違いでお金を巻き上げようという失笑必至の商品展開なんですが(ナの国の白いボチューンとか、ミュージィ仕様の白いズワースとか)。
などとは思いつつも、思わず予約を入れてしまいましたよ(^^;)。
トッド用とかトカマク用の色違いダンバインなどには魅力を感じないんですが、劇中でダンバインと数々の死闘を繰り広げたトッド用ドラムロの印象は強かったもので、つい…w

この調子でダーナ・オシーとボゾンあたりも出していただけませんかね。

あと写真とかなくて申し訳ありません(^^;)。