2013-09-30 23:55 | カテゴリ:雑記その他
今日で9月も終わりですね。
いよいよ明日から10月。
秋もたけなわです。
今年も残すところあと2ヶ月というわけですが、それは考えないようにしましょう…なんとなくもの寂しく、また気忙しくなりますからね(^^;)。
今後は空気が冷え込んでくる一方ですから、皆さんお風邪などお召しになりませんよう、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。

今日でサイトの再開からから1ヶ月が経ちました。
まあ再開したばかりですし、自分の宣伝不足とかもあるのでしょうし、何よりも3年もうっちゃっていたツケが回ってきたみたいな感じだと思いますので、あまり人が来ないというのは仕方のないところでしょうかね。
これ以上は愚痴になるので書きませんが(^^;)、今後はエロ小説とかも増やしていきたいと思いますので、皆さん見捨てないでくだせーw
宜しくお願いします。

最近、登録した検索サイトから某エロ小説サイトを訪問する機会がありました。
そのサイトは2000年から運営開始ということで、もう13年くらい継続している老舗中の老舗ともいうべきところなのですが、いまだにちゃんと更新が行われ、掲示板などの管理も行っていらっしゃるところが、まずもって凄い。
よく「継続は力なり」とか言いますけど、あれって言うは易く行うは難しですよね。
僕のサイトは今年で7年目なんですが、僕場合はまあ4年で更新が遅れるようになって、それ以降はもううっちゃっておくことが多くなってしまった。
僕の場合はこうなのに、13年も継続更新とかすごすぎる。
この辺り、大いに見習いたいところです。

そして何よりも、小説の数が半端ではないのです。
その作品群は全てエロ小説という部分は共通しているのだけれども、ジャンルが学園モノからファンタジー、SF、伝奇ものまでバラエティ豊かで、自分の読みたいと思うものが必ずあるような感じで、よりどりみどり。
文体はかなりさらっとしてセリフが多い感じなのだけれども(ラノベ風味かな)、お話の筋は首尾一貫しているし、エロ以外の描写もちゃんと書かれていて、やるだけ小説にはなっていない部分がさすがに思いました。
第一、それらに面白いものが多いんですよ。これも凄いなあ。
そんな場所ですからこのサイトは人気があるようで、来訪者が一日千人くらい来ているようです。
凄いなぁ…。

なにはともあれ、この方の小説は僕の小説とは方向性というか表現の手段が全くと言っていいほど異なっているのですが、色々と参考になるような部分が多く、読んでいて感心することしきりです。
今後、僕もちょっとライトな感じのエロ小説(やるだけ小説一歩手前みたいな)にも挑戦したいと思っていますので、作品創りの勉強をさせてもらおうと思います。
このような方が小説サイトで頑張っておられるわけですから、僕も負けていられません。
今後尚一層の精進を積んで、皆さんんい楽しんでいただけるような作品を作っていきたいと思っています。

…え?
それはいいけど早くエロシーンを書いて載せろって?
いや、誠にごもっともです。
すいません、根性入れますw


スポンサーサイト
2013-09-28 23:05 | カテゴリ:ブログ
近頃随分冷え込んできた盛岡です。
それでもかろうじて日中はまだ20℃以上になりますが、風はめっきり冷たくなってきました。
朝方はもう気温10℃以下です(大体9~8℃前後)。
秋が深まってきたなあと思うのですが、当然ながら紅葉にはまだ早く、なんとも中途半端な感じで秋を実感していますw
そんなふうなので、夏掛けだけでは寒くてたまらず、押し入れから引っ張りだした掛け布団をかけて寝るようになりました。
まぁ~じゃないと寒くて寒くて(^^;)。
これからこういう日が増えていくのでしょうね。
皆さんも風邪などお召しになりませんように、お気をつけて。

2013-09-26 16:34 | カテゴリ:ちょい旅
昨日の続きです。

さて大沼家住宅を見学し終えたあとは道なりに進み、適当に道路を歩きます。
この時マップさえ手に入っていればもっと効率的に歩けたのではないかと思いますが、まあ知らない街をあてもなくぶらぶらするのも嫌いではありません。

5_20130925145232014.jpg
自動車がすれ違えるくらいの細い道の両側に、生け垣に囲まれた家々が建ち並んでいます。
昨年の10月、花巻市の武家屋敷通を歩いた旨このブログでも書いておりますが、その時に見た光景に少し似ています。
道路が鋭角的に曲がっていたり、周りが生け垣や防風林のような木立に遮られて容易に見通せない作りになっているあたりが、当時を彷彿とさせます。

6_20130925145233300.jpg
住宅の多くには今だに人が住んでいるとのことで、中を見学できる家は殆どありません。
あったとしても、カフェなどに改造されていました。
観光客が疲れた足を休めるにはいいのでしょうが、中をゆっくり見学してみるということは若干しづらい感じです。この辺りもなんとも残念ですね。

7_20130925145234ced.jpg
この建物は、今では商店(それも廃業済み…汗)になってしまっていますが、かつては番屋…今でいう交番の跡だそうです。
番屋というからにはここに侍が詰めており、通行の取り締まりを行ったり、万が一の有事に備えていたのでしょう。
しかし武家屋敷通りに番屋か…番屋は通常商人や町人町に設けられているものだと思っていましたが、ちょっと意外ですね。
まあ番屋にも色々性格があると思うので、ここは武士を取り締まる憲兵さん「目付」の番屋だったのかな。


9_20130925145300947.jpg
建ち並ぶ住宅はほぼすべてが同じような形をしています。
茅葺屋根をそのままトタン板で覆っているようですね。南部藩領の曲がり屋でも、こういうタイプの改装を施した家はよく見かけます。
武家屋敷通りと言っても、かつての面影をとどめている家や建物はどうもむかしの半分くらいなものらしく、古い家を取り壊して近代的な住宅に建て替えた家などがかなりありました。
懐古主義者としてはぜひこの先も今の形のまま残してもらいたいところですが、実際に住んでいる方にすればこれほど現代の住宅事情にそぐわない、住みづらい家もないはずで、お金があるなら近代的に住みやすく建て替えたいというのが正直なところでしょう。
そのあたりを考えると強制もできないわけですから、なんともやるせない気持ちになりますね。

10_201309251453017a3.jpg
これは、金ケ崎の領主・大町氏の家老を務めていた添田氏の屋敷の門で(もちろん内部は非公開)、他所の家とは違って板塀で、「武家屋敷らしい」趣と格式を感じさせます。
できればこういう屋敷の中を拝見してみたいものですが…。

ひと通り見て歩いた後は交流館に戻り、車に乗って帰途に着きました。

感想としてはただ「もったいない」のヒトコトです。
せっかく良い物が残っているのだから、案内標識を各所に設置するとか、もっと観光客が歩きやすいような工夫をした方がいいのではないでしょうか。
そういうあたりが非常にもどかしい感じです。

また、おそらく各家には重宝とされる遺物が残されていることでしょうから、そういうものを一箇所に集め、また街の詳しい歴史を展示説明するためにも(正直良くわからない部分が多かった。帰宅後、ネットでググってみて初めて知ったような部分も多い)、町立の博物館ないし資料館のようなものを作って公開したらいいのにと思いました。
そういう工夫をすることによって、角館やその他の観光地のように多くの観光客を集めることが出来るはずだと思うのですが、いろいろな事情はあるにしろそれをなぜ自治体がしないのかまったく不思議でならない。
本当にもったいないです。

そんなことを感じた県南の旅でした!

2013-09-25 22:27 | カテゴリ:ちょい旅
昨日の日記の続きです。

金ケ崎町というのは、北上市の南隣りに位置する街で、北上市と奥州市の中間です。
ここは藩政時代、盛岡藩と伊達藩との境界線に当たる街で、両藩の間で有事の際には最前線となりうる場所でした。
そこで、両藩ともにこの付近には有力な家臣を配置して警備に努めたわけで、金ケ崎の領主は大町氏といったようです。
それが明治維新まで続いたわけですが、金ケ崎町ではその警護に当たった武士の屋敷が「城内地区」という地域に集中して残されており、現在では国指定の景観保護区かなんかになっているのです。
武家住宅や武家屋敷がそのままそっくり残されている景観区域といえば、東北では秋田の角館町(いまは合併して仙北市になりましたが…)が有名ですが、金ケ崎町にもそれが残っていたわけです。
それは以前から知っておりましたが実際に訪れたことはなかったため、今回奥州市の帰りに折角なのでそこを見てみようとう話になり、立ち寄ってみたのでした。

江刺から北上して金ケ崎町内中心部に入りましたが、武家住宅を売り物にしている割には、何故か案内板とか標識のようなものが全くありません。
角館などには、「こちらに行けば武家屋敷通りですよ」というような標識があるのですが、金ケ崎の場合はそれが全くない。
駅に行けばなにかパンフレットみたいな案内関係のものが置かれているかと思い駅まで行ってみましたが、それもない。
金ケ崎には関東自動車工業というトヨタの子会社だったか下請けだったかの自動車工場があって「アクア」というハイブリッド車を作っています。
それに関する資料はこれでもかとばかりに展示されておりましたが、肝心の観光マップみたいなものが一切置かれていないので大閉口。
観光案内所のような場所もありません。
かろうじて、ペラペラのリーフレットみたいなものが階段の脇に置いてあったため(あの観光地に行くとよく置いてあるようなスタンプをつくようになってるやつです)、そこから武家屋敷通りの中にあるらしい「白糸まちなみ交流館」なるところの住所を電話番号からカーナビで割り出し、向かうことに。
本当に観光で食う気があるなら駅の中に観光案内所を置くとか、リーフレットではなくちゃんとした観光マップやパンフレットを置くなどもっと工夫した方がいいと思うのですが…。

しかもその交流館が駅から結構遠い(^^;)。
まあ遠いとはいえ車ですからすぐなのですが、歩くとなるとかなりの距離でまず15分以上はかかったでしょう。
まあ立地もあるのでそれは仕方ないところですが、それにしてもそこまでに行く案内標識がやはりない。
この不親切さは一体何なのだろう。
まあカーナビがあるので僕の場合は結構すんなりとこれたわけですが、カーナビがない自動車ならかなりわかりにくいと思います。
まあそんなこんなで交流館に到着しました。

1_2013092514512941c.jpg
ここは武家屋敷ではなく、平成14年に移築された近隣の農民の家だそうです。
家の作りが伊達領らしく、曲がり屋ではありません。
盛岡藩領の人々にとっては、伝統的な農家の造りとくればまず曲がり屋なので、場所が同じ県内ということもあっていささか違和感がありますね。
この中は休憩所みたいになっており、城内地区散策の拠点のように使われているようです。
ここで中にいたお年寄り(事務員兼留守番のような人らしい)からこの地区のざっとした説明を受け、案内用のマップみたいなのをくれと言ったら、なんと1ヶ月前から品切れで(^^;)、注文しても中々届かないのだとか。
…これはこのお年寄りのせいではないのでしょうが、何から何まで「行き届いていない」ことに驚きます。

それから交流棺の前に据えられていた案内板を見て大体の地理を把握し、散策に出ました。
交流館から少し歩くと結構鬱蒼としている杉林がある一角に着き、そこの小道に「旧大沼家侍住宅」という標識があります。
ようやく標識らしいものが出てきたのでちょっと安心し、それにしたがって杉林の中の砂利道を進んでいくと、突然土壁の古い建物が現れました。

4_201309251451413c6.jpg
どうやらこれが「大沼家侍住宅」のようです。
角館あたりの、黒板壁とか漆喰で塗られた武家屋敷を想像していましたが、漆喰も塗られていない土壁まるだしの建物だったので、結構びっくりです。
管理人らしい10年配の男性が、麦わら帽子を顔に乗せて隣のベンチに長々と伸びていたので更に驚きましたw
僕らを見ると起き上がって挨拶をしてくれましたが、ただそれだけで、別に中に入って案内をするわけでもなく、再びベンチに伸びてしまいました。
全然やる気ないんだなぁ…。

2_20130925145138aae.jpg
左側が入り口です。
中にも入ってみましたが中は真っ暗で、間取りなども含めて武家住宅というよりも農家のようです。

3_201309251451390f3.jpg
こちらは母屋の隣に建つ納屋兼厩ですね。
その隣にはトイレも有ります。
母屋、厩、厠が3つ並んでいるので「三つ家形式」という建て方なんだそうです。
盛岡藩とか秋田藩、お隣の水沢にも何件か武家住宅が残っていて観光客に開放していますが、同じ伊達領と言ってもそこともまったく家の作りが違うので、興味深いです。

また長くなってしまったので、続きはまた明日に持ち越しです。



2013-09-24 18:02 | カテゴリ:ちょい旅
先日、「エリアÌ」という県内ローカルの情報誌をコンビニで見かけ、何気なく手にとってみました。
この雑誌は岩手県内の見どころとか、イベントなどの情報を掲載するタウン系の情報誌で、隔月刊で発行されているようです。
その本の中に、岩手県の南に位置する「奥州市」の田んぼアートの情報が載せられていました。
それを見た母親が(私の母は視覚障害者なのですが、まったく見えないというわけでもないのです)、これをぜひ見たいと言い出したため、昨日は朝から大変に良い天気でもありましたので、奥州市まで出かけることにしました。

ちなみに奥州市は水沢市、江刺市、胆沢町などが、数年前の市町村合併ブームの際に合併して誕生した「新しい」街ですが、生粋の岩手県人からしてみればそんな名称には馴染めず、なんかピンときません。
今だに「水沢」とか「江差」とかいう旧名で呼んだほうが感覚的にしっくりと来ますね。

それはさておき、田んぼアートが開催されているという奥州市水沢区までは、僕が住んでいる盛岡市から自家用車で1時間半強の道のりです。
高速道路を使えばもっと早いのですが(おそらく1時間もかからない)、今回は天気もよろしいことですしのんびりとドライブをすることに決め、国道4号線をひたすら南下していくルートを取ることに決めました。
奥州市まではほぼ1本道なので道に迷う心配もありません。

さて国道へ出てみると、道路は郊外から盛岡へ入ってくる方面はかなりの混みようを見せていますが、郊外へ向かう車線はほとんど車がおらずなぜかガラガラ。
おかげでストレスなく運転が出来ました。

さて途中コンビニでペットボトル入りのお茶や眠気覚ましのガム(メガシャキとかいうガムでしたが粒がとても大きくて食べづらい事この上ない。しかも味はかなり微妙…汗)などを購入したため、予定していた時間よりも若干遅れての現場到着となりました。
場所は佐倉河字北田という場所で、水沢市街からは結構離れている感じの場所。北「田」なんて地名が示すとおり周囲は一面の水田です。

tanboart4.jpg

さすが北国の岩手でも、稲穂はもう黄金色に色づいており、あちこちで稲刈りが始まっていました。
ここに来る間の道中でも、田んぼにコンバインを入れて稲刈りをしている農家の方や、草刈機で雑草刈りに精を出す人々の姿が見受けられました。

さてその金色のじゅうたんの中を走る農道をそろそろと進んでいきますと(酷く道が狭いので軽自動車とはいえど結構大変)、突然目の前に櫓が姿を現します。



高さは10メートルくらいありますかね。
小高い場所に組んであるため、実際にはもっと高さがあると思います。
ここを登って田んぼアートを見下ろすというわけですが、木製の櫓なので、階段を登るだけでもかなり揺れます。
おまけに風が強いのでなおさら揺れます。
しかもその階段がまあ急なのなんの。踏み板の幅もやたら狭く、昇り降りに恐怖を覚えるほど(^^;)。
やっとの思いで階段を登り切った場所は見晴らしの良い展望台風になっており、そこから田んぼアートが見降ろせます。
ここの田んぼアートは二枚の田んぼを使って作られており、それぞれに違った絵柄が作られていました。

tanboart2_20130924150331bac.jpg
一枚目は浮世絵の江戸美人ですね。ちょい歌麿ふうか?

tanboart3.jpg
もう一枚はお馴染みのアンパンマンに登場するバイキンマンです。

うーん…。
田んぼアートの出来はかなり再現度が高くて見事ではありましたが、なぜこの絵を田んぼアートのモチーフに選んだのか、正直言って理解に苦しみます。
どうせ田んぼアートを作るのなら、奥州市に縁のある絵柄にしたらいいんじゃないかと思うのですが…。
過去は水沢由来の人物アテルイであるとかそういうものの絵柄を作っていたらしいですが、なぜその路線で行かなかったのでしょうか。
この点は、以前このブログでも紹介した石鳥谷の田んぼアートのほうが数段優れていると思いました。
田んぼアートの出来が素晴らしいだけに、その辺りがなんとも残念な感じでしたね。
水沢といえば、確か漫画家の吉田戦車先生の生まれ故郷のはずなので、来年は吉田先生にお願いして絵柄を考えていただいたらいいんじゃないでしょうか。

その後は再び国道へ戻って、北上川を挟んだ川向こうの江刺区に移動。
そこにあるふるさと産直館という大きな産直でネギや里芋、切り花などを購入。量が多くて安い。
それから帰路へ着いたのですが、時間はまだお昼の1時前でしたし、折角なので帰路上にある「金ケ崎町」に立ち寄って武家屋敷通りを見物していこうという話になり、金ケ崎町へ寄り道することにしました。

長くなりますので、それにつきましては次回へ持ち越したいと思います。






2013-09-24 18:00 | カテゴリ:雑記その他
昨晩はかなりひどい目に遭いました。
今もどこか身体の調子が悪い感じ。
どうも、夕飯に食べた秋刀魚の塩焼きが原因らしい…。
下痢が酷かった上に、全身に湿疹が出ました(^^;)。
数年前から、昔はよく食べていたはずの鯖を食べると覿面に体調不良に陥るようになったのですが、どうも秋刀魚もダメになったみたいです。
おそらくあの青魚特有の脂っこさがダメなんだろうと思うんですが、その割には白身で脂の強い魚とかは食べても大丈夫なんだから不思議ですね。
やはり青魚の脂には何かあるのかな…?
しかし歳を取るに連れて食が変わっていくというか、食べられないものが出てくるというのは本当につまらないことです。
ああつまらない。

2013-09-23 23:25 | カテゴリ:雑記その他
今日は「田んぼアート」を見るために県南に出向いてきました。
それについて書こうと思ったのですが、帰宅後、猛烈な下痢と目眩に襲われ、へたばっております。
田んぼアートと県南のちょい旅に付いての詳細は後日書きます。
今夜はもう休みます。
サーセン
2013-09-21 12:00 | カテゴリ:ご挨拶・告知
本日サイト更新致しました。
更新内容の詳細は「花」の方にて。

実は、サイトの更新作業自体は数日前に終わっていたのですが、何故かホームページビルダーがうまく作業をしてくれなかったのです。
更新内容をサイトに転送しようとすると何故か途中で
「問題が発生したためホームページビルダーを終了致します。ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ありません」
というダイアログが出てきてフリーズ!
フリーズ(アメリカの警官風に拳銃を構えながら)!
フリーズ!?
何度繰り返しても改善せず、挙句の果てにはパソコンを再起動する羽目に。
この状況に昨晩は頭に来てフテ寝。

先ほど試みた際も同じような状態で3回も失敗しましたが4度目に最後の手段としてわが念力を送ってみると、これがまたどうしたことか、うまくいきましたw
いったい何がフリーズの原因なのかはよく分かりませんが、とりあえず上手く行ったので結果オーライということにしてきましょうか。
しかしこんなことが何度も続くようなら発売元に強談判も考えなくてはなるまい。
クレーマーみたいな真似は嫌いなんだけど…。

昨日からお彼岸ですね。
皆さんお墓参りには行かれましたか?
僕はこれから行ってきます(昨日も行ったけどさ)。
帰りに彼岸団子を買ってきます。

2013-09-19 20:52 | カテゴリ:ブログ
本日は中秋の名月・十五夜です。

♪うさぎウサギ 何見て跳ねる 十五夜お月様 見て跳ねる♪

…残念ながら、僕の周りにかわいいうさぎちゃんはいませんが(バニースーツを来たうさぎちゃんがいいなぁ…w)、口ずさんでみたくなりました。
むかしは、この月を「芋名月」と言い、皮を剥いた里芋をお供えする風習があり、それを子どもたちが長い竹串で刺して盗むというのが慣例でありました。
なので、今でも「芋名月」という言葉が残っていますね。
この芋が饅頭に変化して、「お月見饅頭」として売られるようになったと言います。

このところはとてもいい秋晴れの天気が続いていますので、今夜の月もよく見えるだろうと思いまして、すっかり日が暮れた午後6時30分頃に家のベランダへ出てみますと、思った通り素晴らしい月が見えました。
兎に角大きくて明るいのです。
ちょっと感激して、写真を撮ってみることにしました。


これはデジカメを普通モードで撮影してみたのですが、月の形はよく写っているものの、あまり面白みがないですね。
第一あの柔らかい明るさが撮影されていない。これではつまらないので、色々とデジカメを弄っておりますと、「夜景撮影モード」なるものを発見。
それを使って撮影してみることに。
…つか、購入してあらかた8年になるデジカメだっつうのにいまだに扱い方がよくわかっていないとか、何なの!?

15night3.jpg
撮影のやり方がよく分からなかったためか、それとも僕の腕がよくないためか、いまいちピンぼけに写ってしまいましたが、それでもこの満月の明るさみたいなものは表現できていると思います。
ベランダから家の壁際ギリギリに撮影したため、左側には家の壁、右側には物干し竿が写っておりますw

15nieht2.jpg
しかし明るいですなあ。
月明かりとか月光とかというと、僕の中では青白くどこか冷たい、怜悧なイメージが有るのですが、今日の月明かりは淡いクリーム色で、暖かくて優しいイメージです。
常夜灯のような色と雰囲気といいましょうか…まあそういう比喩は全く詩情を掻き立てられないつまらない表現だとは思いますけれども(^^;)、まあ有り体に言えば色といい明るさといいそんな感じですね。
昔の人もこういう月を仰ぎ見ていたのかと思うと、なんとなくロマンちっくな気分になりますね。

うーん、こんなに良い月が出るとわかっているなら、夕飯の買い物に行ったスーパーで売ってたお月見饅頭を買ってきておくんだったな。
この月を眺めながら、饅頭と芋焼酎で一杯やるのもオツなものだったかもね。
饅頭と芋焼酎は意外と合いますので、呑ベの方はお試しあれ。

しかしこの月、久しぶりにいいもん見たなーって感じです(^^)。
一昨日嫌なことがあって気分的にモヤモヤしていたのですが、これでまたちょっと明日から頑張れるかなって気がしました。


2013-09-18 23:56 | カテゴリ:ご挨拶・告知
HPの更新が遅れております。
誠に申し訳ありません。
何分、遅筆なもので…(^^;)。
しかし、サイトを再開したばかりなのにいつまでも更新しないわけには行かないので、近々なんとかして更新を行いたいと思います。
以前描いた落書きなどを、コーナーを設けてアップしたいと思っております。
申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

2013-09-17 23:47 | カテゴリ:ブログ
今日の天気は、昨日までの荒れ模様から一転し、非常に良い秋晴れでした。
気温も25℃と、調度よい感じ。もっとも朝方はけっこう冷え込んで、毛布一枚だと寒かったですが。

しかしながら、昨日の豪雨は県内にもかなりの爪痕を残したようです。
夕飯の買い物に出た際に見たのですが、北上川の堤防は決壊一歩手前くらいにまで増水していました。
まあ、実際には決壊することがなかったため盛岡市内ではそれほどの被害もなかったようですが、他所の地域ではそうも行かず、郊外の玉山村などでは用水や下水などが氾濫し、床上浸水などの被害が出た模様です。
北上市では亡くなった方も出たようです。
それに、借り入れ間近の田んぼが泥水に浸かり、全滅…という事態にもなっているようです。
手塩にかけて育ててきたお米が収穫寸前にダメになってしまうことほど、農家の方にとって辛いことはないでしょう。
なんともお気の毒です…。

ここ1週間ほどの間は秋晴れの良い天気が続くという予報が出ていますが、その間に少しでも復旧作業が進んでくれることを祈ります。

しかし本当に今年は天気に泣かれますね…。

2013-09-16 23:50 | カテゴリ:ブログ
本日東北台風が最接近。
雨は朝からで、ほぼ一日中降り続き、強くなったり弱くなったりしていたが、台風が東北に最も近づいたらしい午後3時くらいが一番ひどかった。
風もそれなりに吹いたが、家が揺れるような強風は起こらず、午後5時くらいには今までの風や雨が嘘だったかのように収まり、今現在はとても静かなものだ。
雨はまだしとしと降っているが、じきに止むだろう。
これで叔父のりんご園に何事もなければいいのだが、そのあたりは明日電話してみようと思っている。

東北はこの程度で済んだが、ニュース等の報道で見たところ近畿地方の被害は相当なもののようだ。
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

今年は本当に雨に泣かされる年だ。
もう雨は結構!
今後は穏やかな秋空が広がることを願います。


2013-09-15 23:47 | カテゴリ:雑記その他
先ほどニュース等の報道で見ましたが、どうも台風がかなり酷いようですね。
接近・上陸前だというのに豪雨・水害が各地で発生しているとかで、いやはや何と言ったらいいのか。
先日の竜巻被害に遭われた埼玉県の方々などは本当に大変でしょうし、ご心配なことでしょう。
祝ひに遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。
このあと、台風が接近・上陸してくるとなると相当の被害が出るかもしれません。
とんだ連休になってしまったものですね…。
皆さんくれぐれもお気をつけて!
なんだか変だぞ、ヤバイなと少しでも感じたらすぐに避難をなさってください!
命あっての物種ですから、絶対に増水した川などには近づかないように!





2013-09-15 08:58 | カテゴリ:ブログ
今日は朝から真っ暗なモリーオ市です。
しかも湿度が高くて、息が詰まりそうなむしむしした暑さ。
これも台風の影響でしょうか?
今日の午後から大雨の予報が出ています。
今、盛岡八幡宮のお祭りが行われていて、市内を山車が練り歩いているのですが、大雨ともなれば色々大変なことと思われます。
夜になり、山車が収納庫に帰るまでは、空模様にはなんとか保ってもらいたいと思います。

台風の話をすれば、今回の台風は東日本上陸コースだとか。
ここでは何度も書いていますけれども、叔父がリンゴ農家なものですから大風が吹くと大変に困るのです。
雨も大変だけれども、風だけは吹かないで欲しい。
4、5年前ですが、やはりこの時期の台風でリンゴがほぼ全滅して悲惨な目にあったのを直に見ていますので…。
しかし農業というのはほんとうに大変です。
自然が相手の仕事ですからね…。
全国の農家さんには頭が下がります。

この所、季節の変わり目のためか体調がすこぶる悪いのです。
しかも昨日はこの時期なのに30℃とか気温があって辟易としていました。
秋には秋らしい気候になってもらわないと困りますなあ。

先にも書きましたが、現在はお祭りで山車が歩いています。
車で用足しなどに出ますと、時々出くわすのですが、車の通行にははっきり言って邪魔ですねw
まあ年に1度、たった4日間のことですから別にいいのですが、信号機も山車の通行に合わせた「お祭りモード」になっていて一度赤になるとなかなか切り替わらないという場所があるのです。
昨日用足しに出た際、山車の巡航を予想していつも使用する道ではない裏道を通って帰宅しようとしたのですが、全くそれが裏目に出てしまいましてw、なんと山車に5回も行き会ってしまいました。
しかもある交差点では、山車が近くにいるというだけ信号が全く切り替わらない。
なんと10分間も信号が青にならなかったのですw
当然大渋滞です。ドライバーが僕も含めてですが、イライラしているのが分かるんですよね。
対向車線の先頭にいたタクシーなんて、しびれをきらせて堂々と信号無視して走り去りましたよ(^^;)。
こういう時に交通整理のお巡りさんが出てきちんと誘導をしてくれればいいのですが、山車の前後には付いているのに、こっちの方までは気にかけてくれない。
しかし10分間も赤信号で止められるとは経験したことがなかったですよ。
いやはや、えらい目に遭いましたわい。

更新用の作品制作が進んでいません。
書きたいものの形は見えているのに、いざ書こうとするとどうにも書けない。
なぜだろうか。
もっと頑張ります。

2013-09-11 19:06 | カテゴリ:ご挨拶・告知
こんばんはです~。

先日の日記でもお知らせしましたが、サイトの更新情報連絡用のブログを制作致しました。
借りた場所は「はてなブログ」というところです。

「BAD TASTEの花」
というブログになります。

時々、その更新内容についての感慨とか感想などを書くこともあると思いますが、基本的に更新された情報の報告とか連絡にのみ使用するブログとなります。
したがって頻繁に覗いていただかなくても問題ないかもしれませんが、逆に言えばそのブログをチェックしていただくことで、サイトがいつ更新されてどのような内容が掲載されたのかということが、それなりに詳細に分かるようにしたいと思っています。

本家、このブログ共々、そちらのブログもよろしくお願い致しますm(__)m
全部「BAD TASTE」がタイトルにつきますので、「BAD TASTE ファミリー」と覚えていただければ分かりやすいと思います(?)。

…しかしここだけの話ですが、このはてなブログが結構問題でした。
いろいろなソーシャルサービスと連携が簡単にできますよという触れ込みだったので使ってみたのですが、ブログをやっている人たち自体が少ないし、何よりも編集画面がすごく使いづらいんですよね…。
いや、アメブロなんかの比じゃないですw
その点は、このFC2が相当使い勝手がいいということなんでしょうが、それに慣れてしまった自分としてはなんとも戸惑うことばかりで、大した更新内容でもないのに、アップするまでにかなり時間がかかってしまいました。
借りる場所を間違えたかしらと密かに後悔しておりますw



2013-09-09 23:16 | カテゴリ:ご挨拶・告知
こんばんは。
ええと、先日公開した拙サイトでありますが、毎月10日頃更新という話をしておりましたけれども、載せる作品を現在製作中なのですが、先日来の体調不良もあり作品がほとんど進行していない状態です。
そのため、更新が予定より遅れると思います。
誠に、申し訳ありませんがご了承くださいませ…。

それと先日書いた某検索サイト、本日になってようやく登録完了の通知が来ました。
数日って話でしたけど。実際には10日くらいかかってますが…。
まあ結果として登録されたんなら問題なしですけどね。
これを機に足を運んでくださる方や、好意的な感想を聞かせてくれる方が多少なりとも増えてくれるよう祈りたいものですが…。

それと、サイトの更新情報を記載する専用のブログをもう一つ作ろうと思っています。
そちらにはサイトの更新内容、それに関する雑記のようなものを専門に記載することにし、ここ(このブログ)には今までどおり日記や落書きなど多種多様な話題を書いて行きたく思っています。
もう一つのブログが完成次第そちらのアドレスも皆さんにお知らせしたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

明日はよんどころない所用があり車で遠出の予定。
日帰りの予定ですが、往復合わせて180キロ余りのドライブはさすがにつかれるでしょうなあ。
この身体でいささか不安ですが、頑張る。

2013-09-08 23:37 | カテゴリ:拍手のお返事
拍手のコメント有難うございました。

>キソウさん

拍手有難うございます。
拙い意見にご賛同をいただけて嬉しく、また心強く思います。

そうなのですよね、やっぱりその手の作品にはキャラクターへの愛情を感じられないものが多いです。
エロのためだけに引っ張りだされて随分ないがしろにされているっていうのかなあ…。
もちろんエロというのは重要なエンタテイメントの一部分でもあるし、それを求めていろいろなサイトを覗く方がいる以上必須なものであるとは思うのですが、それだからこそやっぱりキャラクターを立てるという作業は必要なのだ思うのですよね。二次創作はさておき、一次創作ならなおさら。

まあ仰られるように人の好みとか作風などもあるので一概にそうだと言い切ることはできませんけど、少なくとも僕はそう思っております。
いずれにしろ自分が思ったようにやりたいことをやっていく一方で、それ目的の方にも喜んでいただけるようなものを目指して頑張りたいと思います!

2013-09-08 23:07 | カテゴリ:ブログ
今日は朝から体調が悪かったです。
天気は朝から雨模様で、湿気がないのは幸いなものの、気温がこの時期にしてはかなり低い。
そのためか、今朝6時30分頃から猛烈な腹痛とそれに伴う下痢。
しばらくトイレに通い続けて、昼頃になってようやく治まる。
しかし身体はクタクタで、倒れるように横になり、夕方6時近くまで爆睡。
それでもまだ本調子ではないようです。
身体がどこかふらふらする感じ。
もともと身体が頑健な質ではないのですが、この歳になってこれでは本当にたまらんです。
久しぶりに死ぬかと思いました。
体調管理には気を使わないといけませんね。
季節の変わり目ですから、皆さんも体調管理にはくれぐれもお気をつけて…。

2013-09-06 21:15 | カテゴリ:サイト構築日記
先日公開したわがサイト「BAD TASTE X」ですが、いくつかの成人向け検索サイトに情報を登録しています。
もちろん来訪者アップを狙ってのことです。…言わずもがなですが。

検索サイトに情報を登録するにあたり、それ系の良いサイトがないものか色々と調べて回ってみたのですが、

「18歳未満閲覧禁止のサイトは登録不可」

ってところが結構あって、意外に場所を探すだけで苦戦しました(^^;)。
それでもなんとかいくつかのサイトを発見し、早速登録してみた次第です。

それで、その中の某サイト。
サイト情報を登録してみると、記載した時点(だいたい今から4、5日前)ではまだ仮登録だそうで、数日中に本登録をするのでそれまで待ってくれ…という返信が来ました。
それで本登録完了の連絡を待っているのですが、それが来ないのです。

もしかしたらそういう連絡は来ないで、いきなり検索サイト本体にサイト情報が掲載されるのだろうかと思い、足を運んでみましたが、そういうわけでもないらしく、その情報サイトで検索をかけてみてもヒットはしない。
するとわが「BAD TASTE X」は登録審査(そんなものがあるならですが)、それに引っかかって落とされたのでしょうか。
もしそうであるとするのならばその理由は一体何でだろうか?と思ったのですが、登録注意事項に

「エロサイトとか言っておきながらエロい作品がひとつも掲載されていないサイトは登録できません」

とかいうような一文が書いてある。
いや、それは登録する際によく読んだのですけども、その点は一応うちのサイトは成人指定をしているし、ジェニーその他大勢が裸になる絵も結構あるので(あまり色っぽくはないでしょうが…)クリアーしているものと思っておりましたが、そうは見られなかったのでしょうね。

しかしそれについて思いますのは、もしエロ小説がひとつもないじゃないかというのが登録拒否の原因であるなら、先日もここで書きましたように、

「エロを書くならそれなりのお膳立てをしてから書きたい」

というだけでして、つまり今のところはエロい部分は殆どないけれども、将来的にはエロいシーンが結構出てくるという小説なんですよね。
つまりれっきとした(?)エロ小説なんだけれども「まだ」エロシーンに到達していない…というだけなのです。
最初っからエロエロエロエロで押していく「やるだけ小説」もいいけれども、僕は自分のところではそういうのは書きたくないという嗜好の話なわけですが、サイト管理者さんはその辺りのことが伝わらなかったのでしょうかね。

しかしまあ、以前小説の感想が聞きたくて原稿のサンプルを送った友人に、

「読者はジェニーのエロシーンを求めてBADさんの小説を読むわけで、別にエッチをする状況がこうだとか、こういう部屋でエッチしているとか、そういう描写は求めてないと思いますよ。もっと本能に忠実に書いたらいいんじゃないでしょうか」

っていうアドバイスを受けたことがありまして、なるほどなあ、結局おれの表現したいものっていうのは、剣と魔法ものにしろエロものにしろ、どちらにしても中途半端なんだろうなあって思ったことがありましたので、もっとエロい展開をスムーズ且つ手早く持って行く小説を掲載してからサイトを公開すればよかったのかもしれないんですけども。
それを考えると今後の展開にいささか迷いが生じますなぁ…w

まあ、あそこは僕のサイトなので、今後もやりたいように思ったように構築していくつもりなのですが、いずれにせよ、もっと皆さんがニヤニヤできるようなエッチな作品を増やしていかねば、ですねw
頑張ります(^^;)。



2013-09-05 23:54 | カテゴリ:落書きSS
yukionna summer

「あぢぃ…。知人を訪ねて岩手の山から都会さやってきたんだども、なして都会はこんたに暑いんだべ?もう9月だっつぅのに…おら、このままだと溶けちまうだぁ…」

2013-09-04 21:43 | カテゴリ:ブログ
暑いのです。
もはや秋風吹き、ほとんど秋めいてきた岩手県盛岡市なのですが、今日は朝からやたらと暑かった。
暑いといったところで、気温は最高で26℃前後とそれほど暑いわけでもないのですが、兎に角湿気がひどく、空気が身体にネバネバとまとわりついてくるかのような実に不愉快な暑さを感じました。
こんな天候の時に扇風機はあまり役に立ちませんね…。
おそらく12,3日ぶりくらいにクーラーを点けましたが、湿気のせいで風が臭くなってます(^^;)。
カビが原因かなぁ…。

しかも、天候が非常に不安定で、朝方はよく晴れていたと思ったら、突然曇って霧雨、霧雨から大雨になり、また太陽が覗いたかと思えば再び雨、曇り、そして晴れ…と、目まぐるしく変わりました。
大雨が続く他の地域に比較すればまだマシなのでしょうが、こんな天候が続いたのでは本当に参ってしまいます。
明日も似たような天候が続くようで、今から辟易しております。

爽やかな秋晴れの日々が早く来ないものかと願っています。

2013-09-04 21:35 | カテゴリ:ご挨拶・告知
先ほどNHKの9時のニュースで見たのですが、名古屋市をはじめとする中部地方が大雨で大変なことになっているようです。
道路が冠水して海のようになっている光景を映像で見ました。
なんともはや…自動車よりもボートが必要になるほどの水の量ですね…。
けが人、死者も出ている様子で、自然現象が相手だけにやりきれない思いにとらわれています。

中部地方にお住いの方々に、心よりお見舞いを申し上げます。
天気予報によればこの後も数時間は大雨が降る見通しである由、くれぐれもご身辺にご注意され、安全をお測りください。
これはまずい、と少しでも感じたら即避難をされますように!


大雨は先月10日前後、こちらも体験をいたしましたのでとても他人事には思えません。
実は、被災直後の先月13日、お盆で帰省した友人とドライブに出たのですが、ほんの思いつきと気まぐれから被害の大きかった秋田方面の雫石町に車を走らせることとなり(美味しい食堂がありますので、そこで食事をしようという話になったのでした)、後始末や被害の調査に追われる人々の姿を、偶然ではありましたが目撃してきました。
我々街場の人間が考えるよりもその爪あとは深く、道路も大きく崩れている箇所あり、洪水で流されたと思しき家々や橋なども目にして、友人とふたり絶句してきた経験があります。
ああいう思いをされる人々が中部地域や九州、山陰中国地方などに大勢おられるのかと思えば、胸が痛みます。
皆様、どうかくれぐれもお気をつけて!!

しかし大雨、竜巻、それに猛暑とここ数年んお日本の気象は異常としか言い用がありませんね。
今後、地球温暖化も中国やインドの近代化などでどんどん進んでいくでしょうし、おそらくこの異常な気象が「当たり前」となっていくのだと思われます。
今後はこれを考慮した住宅や街づくりをしていかないといけないのかも知れませんね…。

2013-09-02 23:40 | カテゴリ:ブログ
本日は昼頃から大雨が降りました。
降りそうだな…と朝から思わないでもないような曇天だったのですが、正午少し過ぎくらいからとうとう降り出し、降ってきたと思ったら今度はバケツをひっくり返したような大雨。
否が応にも8月10日の集中豪雨を思い出させる勢いと降り方で、一体どうなることかと結構ハラハラしましたが(ここ最近、西日本各地で大雨被害とかニュースで見ていましたし)、幸いにして激しい雨脚は1時間ほどで収まり、後は若干強いかなと思うくらいの降り方で、それも夕方には上がりました。
まず何事も無く済んで良かったです。

キャスター付きのパソコンラックを移動させた際、間違って左足の薬指と小指を轢いてしまい、猛烈に痛いです。
我ながら粗忽だなあと思いますが、爪の下に内出血ができてソーセージみたいに腫れてる(^^;)。
あまりひどいようだったら病院へ行きます。

ところで、宮崎駿さんが引退するとかで世間が大騒ぎしているようですが、あの人の性格上、引退なんて死ぬまで出来ないんじゃないでしょうか。
最初のうちはおとなしくしているだろうとは思いますけど、そのうちにまた「あれがやりたいこれがやりたい」とか出てくると思うし、基本的に人の言うこととか聞かない、ある意味傲慢な人だから(そうでなければああいう映画はいくつも作れないと思うし)、「お前らがそうするのならおれはこうする」みたいな感じで、今まで通りにそのうちまた復帰してきて、しゃあしゃあと映画作るような気がしますねえ。
結局プロレスラーの引退宣言と同じなのですよね。
引退=長期欠場っていう程度の意味にとっておいたほうがいいのではないでしょうか。





2013-09-01 22:53 | カテゴリ:落書きSS


「そのポップコーン美味しそうね、少しくれない?…うーん、まぁまぁってところね」