2014-02-28 23:32 | カテゴリ:雑記その他
明日は第二回目となる古物交換会への参加です。
多分きっと、良い出物があることでしょうが、元手が少ないので落札はちょっとできないと思います(^^;)。

「延べ払い」と言って、支払いを猶予してもらえるシステムもあるにはあるのですよ。
支払いを待ってもらっている間に落札した品物を売って、その儲けの中から出品者にお金を払うわけですが、まだそれをしてもらえるほど信用はないし、コチラの思う値段で買ってもらえるような「場」を持っていませんからね。
したがって多分それをしようかと思っても無理でしょうねえ。
ヤッホーオークションに出品したところで、買い叩かれてしまうのは目に見えてますからね…。

というか、ヤフオクは本当に物の値段を赤字覚悟の出血大サービスにしないと売れません。
見てくれている人はかなり多いはずなので、「チャンスが生まれる」という点ではいいことなのですが、肝心の値段がこちらが逆に損をしてしまうのではお話にならないです…。
かといって高く出品価格を設定すると売れないし。
本当に難しいですよー。
でもそのあたりに面白さがあったりもするのですが…。

やはり最初は同業者の方々に顔を売る、名前を売る、信用を売るという所からスタートしないといけませんよね。
その場所が提供されているのだと心得て、まずは横のつながりを築くこと、あとは品物をよくよくチェックし、この品物がどのくらいの値段で売れるのか、そのあたりをきっちり見分けられるようになることを目標として、暫くの間はあせらずにやっていきたいと思っています。

今日早めに寝ておくか…。

スポンサーサイト
2014-02-28 23:17 | カテゴリ:拍手のお返事
>大瀬さん

重ね重ね、お祝いのお言葉を頂戴致しましてありがとうございます。
そして恐縮です(^^;)。
あの絵を気に入らないわけがどこにありましょうか!w
相変わらずのお手並みに惚れ惚れする思いで拝見しました(^^)。
本当に良い物を(いろいろな意味でw)ありがとうございました!
こちらこそ今後共に宜しくお願い申し上げますm(__)m。

2014-02-28 01:38 | カテゴリ:本の紹介


もうだいぶ前のこと。
この本が本屋で売られているのを見かけ、なんとなく購入してみた。
僕はまったくのインドア派なのだが、解説も丁寧でわかりやすく書かれており、イラストも見やすくて、一読して「アウトドアの面白さ」に心を打たれた。
いつかこういう野外活動をしてみたいなどと夢想はしたが、所詮物臭な僕のこと、実行に移すことなく本棚にしまっておいた。

それから数年して、3・11の大震災で被災した。
僕が住んでいる岩手県内陸部は幸いにも被害は軽微で済んだが、それでもライフラインは切断され、我が家も3日間停電した。
幸い水道は通じていたのだが、それでも電気がない生活がこれほど不便で不安なものなのかと思い知らされた。
僕の家がある区域は都市ガスではなくプロパンを使っている家がほとんどなので、他所の家ではガスが使えていたようだったが(はっきりしたことは知らないが)、我が家にはガスがそもそもなかった。
以前母がボヤを出したことがあり、炎恐怖症になってしまったので、IHヒーターを使っていたからだ。
そのヒーターが使えないため、炊事ができない危機に陥った。

幸い鍋料理用に使っていた卓上ガスコンロがあったため、それで炊事を行うことにした。
食料はコメばかりが大量にあったのだが、なにしろ炊飯器が使えないのでどうやって炊けばいいのかわからない。
どうすればいいのか悩んだが、その時にはっと思い出したのがこの本の114ページ、「鍋とカセットコンロでご飯を炊く」という項目だった。
イラスト入りの詳細な指示に従ってやってみたところ、普通の鍋でもちゃんとご飯は炊けた。
おかげで電気が通るまでの3日間、飢えずに暮らせた。

それから毎年3月が近くなると、この本を読み返したくなる。
僕にとって(いささか大げさかもしれないが)命の恩人とも言える本だ。
使わずに済むならそれに越したことはない知識が多いのかもしれないが、しかし知っておいて損にはならない。
いや、むしろ知っているといないのとでは大違い、命運を分ける知識といえるかもしれない。
そういう類の「生き延びる知恵」みたいな知識がこの本には詰まっている。

それと、使いようによっては創作にも使える。
サバイバル技術を持ったキャラクター(特殊部隊の兵士とか?)などに具体的な行動を取らせる際には、大いに参考になる知識が満載です。

大地震の発生が近いと予測されている今、皆さんも一度手にとって読んでみられても損はしないと思います。

2014-02-27 22:54 | カテゴリ:雑記その他
明日で2月も終わるんですね。
古物商サイト、結局作れなかったなあ…。
いや、なるイベく早い時期に公開できるよう、もっと気合を入れて頑張らねば。

3月が近づくと、なんか気持ちが不安になってきます。
なんて言うんだろう、気分が重くなるというか、ジリジリしたような気分になる。
やっぱり直接的な被害は大きくなかったけれども、自分もあの震災で何処かが傷つけられているんだなあと思いますね。
僕程度の被災者ですらそうなので、大きな被害を受けられた沿岸の方々などのお気持ちは、3月が近づくというだけでずいぶん苦しい物になるのではないでしょうか。
笑って話せるようにとは言わないけれど、もっと落ち着いて震災の話ができる日がいつか来てほしいと思います。

明後日は古物交換会です。
参加2回めです。
気分を新たにして参加してきたいと思います。
何しろ元手が少ないので(^^;)、いいものがあっても落札できるかどうかは未知数ですが、とりあえずは今回も勉強のつもりで、色々なものを見て目の肥やしにしたいと思います。
何事も勉強ですからね。

2014-02-25 22:07 | カテゴリ:雑記その他
先日、実に10数年ぶりくらいに「フルーチェ」を食べた。
そう、あのハウス食品から出ているやつです。
フルーチェミルクと混ぜるだけ~♪とか昔CMしておりましたな。
理由は特にないのです。
急に、そして猛烈に食べたくなったというだけのことです。

で、いきつけのスーパーに買いに行ったら、なんと売られていない(^^)。
店員さんを捕まえて訊いてみたら、「あれは夏場しか売れないので、当店では夏しか仕入れないんです」との返事。
うむっ、フルーチェは夏場の食べ物だったのか。
僕は冬によく食べていた記憶があるのだが。
まあ売られていないのは仕方がない、気を取り直して二軒目に行く。
二軒目では普通に売られていたのですが、置き場所がおやつとかを置いてある棚ではなく、ケーキの材料など負いている棚だったので、探すのに手間取った。
牛乳と混ぜるお菓子(?)なので、おそらく牛乳売り場の近くにあるのかと思ったのだが、そうでもないようでしたね。
で、いざ売られている棚をみると、昔はいちごとももくらいしか味の種類がなかったのに、今はトロピカル味だのバナナ味だの色々種類がある。
とりあえずピーチ味と、物珍しさも手伝ってバナナ味というのを買ってみました。
当然牛乳も同時購入。
今は牛乳にも低脂肪とか加工乳とか(脱脂粉乳か?)色々と種類があってめんどくさい。
中にはフルーチェが固まらないものもあるようなので要注意です。

さて家に帰ってきてバナナ味というのを食べてみようと、丼に開けて作ってみたのですが、箱をよく見たら「ホワイトチョコレート風味」とか書いてある。
バナナ味でホワイトチョコとか何なんだ…。
ホワイトチョコはあまり好きじゃないんだが…。
バナナ味だけにできなかったのか?
まあ買ってきたものは仕方がない。潔く食うしかねえ。
で、食べてみると…。

案の定不味い(^^;)。

そうだよ…、
おれってよく考えてみたらバナナあまり好きじゃなかったんだよなぁ…。
買う前に気づけよ(^^;)。
嫌いなものとまではいかないが、あまり好きじゃない食物同士が融合したフルーチェ。
僕は食べるの正直しんどかったんだが、きっと世の中の人びとは、これを美味しいと思うのであろうな。
喜んで平らげる人も大いに違いない。
自分が世の中に馴染めないという事実を今更思い知った気がしました。

それでも残すわけにはいかないので必死の努力で平らげましたが、正直食べるのが辛かったです(^^;)。
やはりピーチ味を食べるのだったかと今更後悔しております。
そして食後の酷い胃もたれと、身体の中からの牛乳臭さ。
…みんなもフルーチェを食べるときには気をつけて欲しい!!
フルーチェには罠がいっぱいなのだ。

食べるならとりあえずいちごかピーチ味にしておきましょうねw

2014-02-25 00:30 | カテゴリ:サイト更新情報
本日、本家サイト「BAD TASTE X」を更新いたしました。
更新内容は以下のとおりです。

小説置場「Novels」コーナーに新作小説「ヨンゲリア」を公開。
タイトルをご覧頂ければお分かりのように、某ゾンビホラー映画をモチーフにしたホラー系(?)の小説です。
今までの作品傾向と同じように、御多分にもれずピンク系のプロットに基づいて制作しておりますが(^^;)、とりあえず直接的な描写はまだありません。
また、物語もトホホなタイトルとは違い、今のところはまだまともな展開です。
まだプロローグですので始まったばかりですが、こちらもそのうちに挿絵なども加えて内容の充実を図っていくつもりです。

また、投稿コーナーに大瀬津波様からのいただきもののイラストを展示させて頂きました。
先月の私の誕生日にお祝いとしていただいたものです。
大瀬さん、その節は誠になりがとうございました。
かなり刺激の強い(?)イラストですので(つまりエロいw)、ご閲覧にはご注意ください。

以上こんな内容の更新となっております。
それでは、よろしくお願い致します。

2014-02-24 22:33 | カテゴリ:雑記その他
すいません、1週間ほどのご無沙汰です。
この間何をしていたのかといいますと、まあいろいろです(^^;)。
でも取り立てて書くこともなかったので、ブログサボっちゃいました。
申し訳ない。

ここ最近は絵を描けないというちょっとしたスランプ状態になっているのですが、何事にもやる気がなくなってきて、ネットを殆どいじっていませんでした。
ツイッターで一言二言つぶやくくらいでした。
こんな状態なので、古物商サイト制作もあまりはかどっていません。
今以上に真剣にならないといけないですね。
だめだなあ、おれ。
自分のことなんだからもっと頑張れ!

それと、作業の合間にちびちび書いてた小説を、本家サイトに明日未明くらいにアップしておきます。
詳細はまたここでご報告します。

以前、足の指の爪が爪下出血によって真っ黒になったという話をここで書きましたが、ここ数日になって爪の根元に穴が空き、爪全体が白っぽくなってきてグラグラし始めました。
多分内部の薄皮と剥離しているんだろうと思います。
このままだと数日以内に剥げるんじゃないかな…。
その後ちゃんとした爪はまた生えてくるんだろうかちょっと心配です。

久しぶりの更新がこんな内容で申し訳ないです(^^;)。

「明日から真面目にやります」

2014-02-18 00:01 | カテゴリ:映画レビュー
TBSで放送されていた「陰陽師Ⅱ」見ておりました。
先週はⅠの方を放送していましたね。
数年前、Ⅰの方をやはりテレビでやっていたのを流し見した記憶があったのですが、なにぶん昔のことなのでほとんど内容を覚えておらず。
これを機会にしっかり見てみようと思ったので、見ました。

で、Ⅰの方はまあこんなものなのかなーというのが感想です。
つまらなくはないけど、取り立てて面白くもなかった。
特撮シーンはワイヤーワークが下手だなーという印象w

それで今日見たⅡの方なのですが、決して面白かったとは言えないⅠよりつまらなかったですね。

まずお話がイクナイ。
大和族と出雲族の戦いが主軸に置かれているのですが…えーと、これ平安時代の話ですよね?
確かに、大昔…多分古墳時代かそこらに、大和族は出雲族を滅ぼしてと言うか吸収して統一王朝を作ったわけですが、それを平安時代に持ってくるというのがかなり乱暴な感じ。
前回は無実の罪で殺されたなんとか親王の怨霊を都に解き放つとか言う、なんか帝都物語みたいなw内容でしたが、そのほうがまだリアリティがある。
またそのビジュアルがどうにも困りモノで、大和族は基本的に平安貴族なので考証がちゃんとされた服装なんですけど、出雲族はあれです、なんかヤマトタケルが着てたようなやつなのw
しかも髪型までアレw
いくらなんでもそりゃないでしょ、と。
ここはもっと工夫をするべき点だったのではないですかね。

それに一番問題なのは、アメミコ(深田恭子演技下手だなあ)とスサの関係が天照大御神と素盞鳴尊をモチーフにとっているんですが、この神様って基本的に大和の神様ですよね?
出雲の神様は大国主でしょ、確か。
それなのに、出雲側の人名がツクヨミとかアメミコとかスサとかなんで大和由来のものばかりなんですかとw
この辺りだけはしっかりしないと失礼じゃないでしょうか、神様に。

思うに、これ敵方を出雲族じゃなくって蝦夷族にすればよかったのではないかと。
復活させる敵を素盞鳴尊にするんじゃなくて、アラハバキ神にして、それに都で処刑されたアテルイとモレの怨霊を絡めればよかったんですよ。
そのほうが物語がおかしくならずに済んだ気がしますね。

途中で野村萬斎の女装とか、伊藤英明が固まるとか珍シーンも有ったりして結構とほほでした(^^;)。
悪玉の幻角が別になんのお咎めもなく終わってしまうのも納得いかない。
こいつに殺された罪ない人びとはどうなるんだと。
晴明、笑って酒のん出る場合じゃねーぞw

突っ込みどころマンサイ(野村萬斎主演なだけに)の映画でございましたわー。



2014-02-16 23:47 | カテゴリ:雑記その他
すみません、今日はちょっと思ったことを書きます。


たまにオークションでいるんですが、出品者が自分の住所を落札者に教えないということがあるんです。
そういう人の場合、電話番号などの緊急連絡先は教えるんだけれども、住所は教えないんですね。
僕はこれ、マナー違反のように思うのです。
だって出品者はどうしても相手の送り先=個人情報を否応なく知るわけですよね。
当たり前の話で、落札者は相手に自分の個人情報を教えないと商品が手に入らない。
なのに相手は自分の個人情報を隠したまま。
これってフェアじゃないんじゃないですかね?

普通にネットショップだって、必ずお店の住所を掲載しますよね?
自分の素性を明らかにしてから商売をしているわけですよ。
それをね、オークションだからって名前と電話番号だけしかおしえないとか、なんか違うんじゃないの?って思うんですけど。

そこまでこだわらなくても、自分がほしい物を手に入れられるのならそれでいいんじゃないの?とか、それならそういう人と取引しなきゃいいだけの話じゃんか、というご意見の向きもあると思うのですけど。
まあそれはそうなんですけどね、でも僕はお互いに対等の立場に立って始めて、オークションの取引ができると思うんですけれど。
どんなものでしょうか。

少なくとも僕は、そういう取引はしたくないですね。
ま、これも個人の意見にすぎないわけですけどね。

2014-02-15 23:34 | カテゴリ:雑記その他
いつの間にか2月も半分になりました。
いや、半分以上なのですね、今月は28日までしかないから…。
それなのに古物商サイトの準備がはかどっておりませぬ(^^;)。
うひー。
自分にハッパかけてがんばるっす!

2014-02-13 23:39 | カテゴリ:雑記その他
昨日の日記に多少、関係あるお話なのですが。

今回、長年欲しかった1/3アリシアを手に入れ、実質20年来の望みがかないました。
それにとても感慨深いものを感じたものですから、少しでも感謝の気持を伝えたいと思いましたもので、譲ってくれた出品者の方に御礼のメッセージを送りました。
自分がこの出品物を長年探していたこと、安価で譲っていただいたことに対するお礼を書いたわけです。
オークションにこういうやりとりを求めず、無機質に取引を終わらせたいという方もおそらく多いのでしょうが、僕は今回どうしてもお礼を言いたかったのです。

すると相手の方からお返事を頂きました。
それによれば、自分も新田真子先生のファンであり、このガレージキットは発売当初に購入してから、長年大事に保管しておいたものである。
しかし今回、よんどころない理由があって整理しなければならなくなった。
多少未練は残っていたのだが、思い切って出品をした。
あなたのようなファンの方に落札して頂いてよかった。
もし落札されなかったら処分しようと思っていたものだったので、大事にしてもらえるとのことで大変嬉しい。
末永く大切にしてもらえれば、出品者としてもこの上もない喜びだ。
と言う趣旨のことが書かれていました。

こちらとしては長年欲しかったものを譲って頂いてそれだけで大変嬉しい事であるのに、その上に感謝していただけるというのもありがたいことですね。
こういう売った側と買った側のちょっとした交流というか、触れ合いを持てるというのもオークションの楽しさ、面白さではないかと思うのです。
これがあるからヤフオクってやめられないんだろうなと思います。

こういう取引が古物商になってもできるように、今後も心がけていきたいと思っています。

2014-02-12 23:18 | カテゴリ:新田真子魂!!
最近ヤッホーオークションでこんなものを手に入れたのですよ奥さん!!

じゃーん


1/3アリシアのガレージキット!!

これは今からもう20数年も昔、グレネードというガレキメーカーが制作し、久保書店が販売したソフトビニール製の組み立てキットです。
記憶が薄らいでうろ覚えなのですが、ワンダーフェスティバルという今も続いているガレージキットの即売会、あるいはコミケで売ったか、もしくは久保書店(原作漫画の出版元)が通販をしたかで売りだされていたものだと思います。
当時私は学生でド貧乏でありましたゆえ(というか未だに貧乏でありますが…)、欲しかったのですがとても手に入れられませんでした。
それがあなた、20数年も経ったコン日ヤッホーオークションなんてぇモノで手に入れられるんだから、ありがたい話ではございませんか。
しかも安価で!!
…まあですね、その当時は欲しいよーでも高いよーひえー買えないよーなんて悶え苦しんでいたものが、今になって数千円なんてお値段で実にお手軽に手に入ってしまう、その辺りには正直複雑な思いがしないわけではないのですが(^^;)。

いやまあ、とにかくだ!
これで20年来の念願がかないましたよ奥さん!!
つきましては声を大にして言わせていただきたい。

Yahoo!ありがとう。

出品者の方ありがとう。

ああ。今の若い人にはアリシアなんて言ったところでまったく分からないと思うんだけど、いいんだ、そこは。
分かる人にだけ分かる、そんな日記がたまにはあってもいいじゃないか。
若者が置き去りでもいいじゃないか。
元々マイナーな漫画の主人公だから有名じゃないだろ、だからおっさんだって知らない人多いだろうという突っ込みがあってもいいじゃないか。
おれが満足できればそれは正義。
おれが正義だ、ジャスピオン。


キットの内容はこんなかんじです。
部品その1
alicia3.jpg
組み立ててないので、当たり前ですがバラバラ状態。
箱は結構汚れが目立っていますが、中身はいい状態です。
型を抜いた際にメーカー側が付けたマジックペンの印なんかも付いています

部品その2
alicia4.jpg
何しろ1/3です。
つまり、この部品を三倍すると等身大になるわけなので、写真ではいまいち伝わりにくいかと思うのですが、一つ一つのパーツが大きい。
この足とか30センチ近くありますよ。
しかも型から部品を抜いた際にできる湯口という部分が残っているので、かなりかさばります。
これ組み立てたらどれくらいの大きさになるんだろうか…。
部品にはこの他に、バニースーツの脇にあるリボン(サイズ調節用のやつですな)に使う紐がついてました。

アリシアちゃんのご尊顔のアップ。
alicia6.jpg
当たり前だが眉毛も目も描いてないので違和感がありますが、ふっくらした頬から顎のラインや、ややタレ気味の大きなお目目などが原作の雰囲気をよく表現されていますね。
もう少し唇がぷっくりしていても良かったかもしれないな。
特徴的な跳ね毛も再現されております。

胴体部分のアップです。
alicia5.jpg
…。

…!?

おかしい、アリシアはもっと巨乳のはず。

でもなかなかよい造形です。
ちゃんとやわらかみや丸っこさ加減がうまく表現されてるのはいいですね。
実際は固いんですが(当たり前)、柔らかそうな感じが十分出ています。
原型師の「雷雲豪山」さん、いい仕事してますねえ~。

組み立て説明書・表
alicia7.jpg
昔のガレキってこういう説明書だったなあ。
なんか懐かしい。
今の説明書はどんなものだかわからないけど…。

組み立て説明書・裏
alicia8.jpg
裏には細々した注意点が描いてあります。
ハイヒールのかかとに真鍮線を入れてくださいとか、足首に重しを入れないと頭が重いのでひっくり返りますよとか、カラーリングはこういう色をとか、そういう指示があります。
それによると「ディティールアップパーツ」として精巧なハイヒールとかカフスボタンなどをセットにした追加キットが出るようなことが書いてあるんですけど、結局それは発売になったのでしょうか。
もし発売されているなら探してみたい気もするなあ。

おまけ?の生写真
alicia10.jpg
生写真なんって言い方がもう古いなあ(^^;)。
昔のガレキには完成品の見本とか、塗装のお手本みたいな意味合いでこういう写真がついてきましたよね。
今もそうなのかしらん?
ところでこのカラーリングはちょっと原作のイメージに合わない気がしますね。
後ろ髪はもう少し暗い色合い、バニースーツはもう少し明るい方がイメージに近い気がします。
個人的にはだけど。
その辺りは製作者のセンスが反映されるのでありましょうね。

説明書には新田先生が描いたラフスケッチが載せられていました。
alicia9.jpg
このアリシアは頭身が高くてかなり大人っぽい感じです。
漫画のほうではもっとコミック調で、寸詰まり(ごめんなさい)体系なので、凄くセクシーに見えます。
多分、先生ご自身の絵柄としてはRUSHシリーズの連載終わった後でしょうね。
リザレクションを描いておられる頃の絵に近いのかな…と思います。
しかしこのイラストと、キットを見比べてみると、この模型が相当イラストのイメージに近いものだということがわかります。
アリシアというキャラクターが持っている「ポワ~ン」とした感じが上手く表現されています。

これを綺麗に作れたらいいのでしょうが、たぶん無理だなぁ…技術がないから(^^;)。
私、模型方面の技術力は限りなくゼロなんですよ~…。
汚く作ってしまうとモノが貴重なだけに大変もったいないですし、なによりもアリシア自身がとても可哀想なので、しばらくはこのまま箱に入れて大事にとっておこうと思います。

我が家のお宝がまた増えました(^^)。

2014-02-11 23:58 | カテゴリ:料理レシピ
最近は寒いので鍋ばかり食べています。
それももやしを使った鍋です。
もやしはなんといっても安いし、かさがあるのでお腹いっぱいになりますから、よく鍋に使っています。
結構簡単に作れますので…というか、鍋ですからつゆさえ作ってしまえば後は材料を煮るだけですからね。
今日はそのつゆの作り方などを。

「もやしとレタスとささみの鍋」

<材料>
*もやし:食べたいだけ(一袋30円前後なので、100円分・三袋も買えばお腹いっぱいになります)
*レタス:半玉
*鳥のささみ:1パック(4~5本入ったもの)
*酒、塩、こしょう、醤油、顆粒の中華スープの素(丸鶏がらスープ、中華あじなど)、片栗粉:全て適宜

<作り方>
1:材料の下ごしらえをします。レタスは水洗いして中の汚れを洗い流し、食べやすい大きさに手でちぎります。もやしはさっと水洗いしておきましょう。ひげを取るとか面倒臭いことは別にしなくてもいいです。こだわりたい方だけやりましょうw ささみは筋を取り、一口大に切って酒と塩コショウを振って下味を付け、その上から片栗粉をまぶしておきます。

2:つゆを作ります。鍋にお湯を沸かし、沸騰したら中華スープの素、酒、塩、こしょうを加え味をつけます。。レタスももやしも水気が多い野菜ですので、煮ているうちにどうしても味は薄まります。ですので、この時気持ち濃いめの味付けをしておくのがよろしいと思います。最後に醤油を少しだけ入れて味を整えます。

3:沸騰したつゆにささ身を入れ、少し火が通ったかな?と思う頃にもやしとレタスを入れます。煮えたら出来上がりです。もやしもレタスも、火を通しすぎるとくたくたになって美味しくないので、適当な頃合に食べるのがコツです。ささみも半生状態のものが美味しいですので、あまり火が通らないうちに食べましょう。

あっさりしたスープの美味しい鍋です。締めにはラーメンやうどんではなく、春雨が美味しいですよ。
薬味は黒胡椒かラー油が良いと思います。味気ないと思う方は、食べるラー油が合います。
是非お試し下さい。

2014-02-09 23:45 | カテゴリ:ブログ
昨日、唐突にスパムおにぎりというのが食べたくなったので、一度作ってみようかと思い立ち、昨日の買い物でスパムの缶詰を購入。
今日の昼食に作ってみました。

クックパッドでレシピを調べて作ってみたのですが、まあそれほど難しい料理でもなかったので、そこそこ上手に出来ました。
ただ、スパムがうまく缶から出てこなかったこととw、ご飯を柔らかく炊いてしまったのが少し失敗だったかなと思います。
ご飯が柔らかいのでおにぎりにしたらフニャフニャになってしまって食感があまりよろしくないのですよね。
やはりおにぎりには少し固めのご飯がよろしいような気がします。

とりあえず、一缶のスパムと二合のご飯で大体6個位のおにぎりができました。
我が家は両親と僕の3人家族ですので、一人2個ずつの勘定だなと思っていたんですが、老母がこのおにぎりを殊の外気に入った様子で、一人で3個も平らげました。
老父は気持ちワリィと言って(失礼な!)食べませんでしたので、僕が昼食に2個、夕飯に1個食べることに。
しかし結構大きなおにぎりなので(スパムを出したあとの缶にご飯を詰めておにぎりにするので、必然的に大きくなるのですね)、2個も食べるとお腹いっぱいになりますね(^^;)。
お昼ごはんなどになら、普通のおにぎりよりも食いでがあっていいかもしれません。

結構美味しかったので、近いうちにまた作ってみようと思います。
今度は味を工夫して、また違った感じのものに挑戦してみますね。

2014-02-08 22:45 | カテゴリ:雑記その他
全国的に大雪で大変らしいですね。

しかし盛岡では現在雪降ってない。

北国なのになんででしょうねえ。
でも今日の夜中から明日の朝未明にかけては雪がかなり降るという予報が出ている。
どこまで本当なのはわからないけれど、気温もかなり上がるみたい。
本当だとしたら雪が湿って雪かきが大変そうだなあ。

首都圏の方、雪の上を歩くときは歩幅を短くペンギンのように、そしてすり足にして歩くといいですよ。
まあ、転ぶときはどうやったって転ぶけど(^^;)。
滑って転んで怪我をするということが無いよう、くれぐれも気をつけてくださいね。


2014-02-07 23:32 | カテゴリ:雑記その他
20年来探していたブツをヤフオクで発見。
感激するとともに即入札、対抗者が現れて競りになったものの、それほどの値段の吊り上げはないまま無事に落札しました。
詳細は物が届いてから書きたいと思いますが、出品者からの連絡も早く、スムーズに取引が行えそうな予感。
とりあえずお金の振込先の口座を伺ったので、メインバンクの郵便局で入金するつもりでした。
窓口で手続きをすると手数料を680円も取られるのですが、ATMかネット振込なら210円で済むのですよね。
そこでATMに行って、教わった口座番号を入力しようとした所、
「支店名を入力して下さい」
と画面にでました。

しかし、先方から教わっていたのは「店番」だけで、支店名まで教わっていない。
相手は店番さえわかっているならこれでいいだろうとか思っていたのだろうけれども、こちらとしてもこんなところで店名が必要になるとは思いませんでした。
困ってしまって郵便局の窓口の人にも訊いてみたのですが、
「店番001はゼロゼロイチと読むはずなので、セの項を検索してください」
と言われ、そのとおりにやってみてもダメです。
どうしても店番を入力しないとダメらしい。
チキショウ、窓口の局員め嘘を教えやがったな…w
しかたがないので自分の講座にお金だけを入れ、家に戻ってネットで手続をすることに。

家に戻ってからネットで相手が指定した銀行のサイトにアクセスし、店番を調べると、本店というところらしい。
そこでゆうちょダイレクトからそれを入力して何とか入金したわけですが、いやぁ、店の名前って他行の口座に振込をする際には結構重要なんですね。
恥ずかしながら、ゆうちょ主体で取引を行い、またこれまでは多くの場合において振り込む側ではなくて振り込んでもらう側だったもので、今までその重要性がピンときていなかったのです。

常識がないと言われてしまいそうですが(^^;)、これは結構重要な事を勉強しましたね。
これから古物商としてネットで通販を行っていくことになるわけですが、色々な人を相手にするはずですし、同じ金融機関から振込してもらえるというわけではないですものね。
なるべく多くの人にわかりやすく思ってもらえる記述をし、使いやすい決済方法なども考えないといけません。
考えることはまだまだありそうだな…と思いました。

2014-02-06 22:57 | カテゴリ:ブログ
全国的に寒い日が続いております。
盛岡は今朝マイナス12℃でした。
水道管の水は落として寝たのですが、それでも朝起きたら凍結していましたよ(^^;)。
僕の家があるところは山沿いなので、おそらく街なかよりも2℃くらいは低いので、一発でアウトだったんでしょうねえ。
日中の最高気温もマイナス4℃とかでしたので、外を歩いていて顔が痛いこと痛いことw
ここはどこのロシアですか、ってかんじでしたよ。
なんか明日もこの気温らしいです。
いやはや本当に参ります。
皆さんもお風邪などお召しになりませんようにお気をつけ下さいまし。

2014-02-06 01:07 | カテゴリ:サイト更新情報
なんだか管理人も気づかぬうちに、このブログの本家サイト「BAD TASTE X」の来場者が55000人を超えていたようです。

サイト開設してあらかた8年で55000HITです。
ペーストしては遅いのか早いのか全くよくわかりませんが、サイト開設時の2006年2月の時点では、5万HITくらい行ければ万々歳だな…などと思っていたのを記憶しています。
今それを超えたということで、ほんの僅かですが感慨深いものを感じたりもしております。

まあ今まで8年間もこんなことよく続けてきたものです…もっともサイトの形や内容は開設当時とだいぶ様変わりしていますし、2010年から去年の8月まで約3年もブランクが空いてしまいましたが…(^^;)。
この無更新の時期に大勢の人に見放されてしまったのだろうと思いますので、サイトを放っておかずしっかりと更新を続けていたなら、もうちょっと早い時期に達成できた数字ではないかとも思いますが、今となってはそのようなことはどうでもよろしい。
本家サイトを応援してくれた方々あってのこの数字であることには変わりがないのですから。

改めまして皆様に御礼を申し上げます。
55000HITという数に達するまで、8年間の間にわたって当サイトを続けてこれましたのも、ひとえに当サイトへの応援やご支援を賜りました皆様のお陰です。
管理人として心より皆様に御礼申し上げます。
皆様、誠にありがとうございます。
今後はコンテンツのさらなる充実を図り、皆様にさらにお楽しみいただけますよう、7万HITを当面の目標として活動して行きたく思っています。

今後共に「BAD TASTE X」をよろしくお願い申し上げます。

55555をキリ番としてなにかプレゼントでも出来ないだろうかと考えております。
詳細はここでそのうちにご報告申し上げます。
大したことも出来ませんので(^^;)、あまりご期待なさらずにお待ち頂ければと思います。

重ねて、ありがとうございました。

2014-02-05 23:32 | カテゴリ:雑記その他
ネットのオークションや古物商関連ではゆうちょ銀行をメインバンクにして使っております。
ゆうちょですと多少制約は付くのですが、手数料などが比較的安いですし、ゆうちょダイレクトというものを使うと、インターネットで入金や出金の確認も出来ますので、結構便利なのですね。
それにちゃんとした窓口が全国にありますので、実店舗のない他のネット銀行よりもなんとなく安心感を覚えたりするわけです。

で、先日その郵貯銀行からメールが来ました。
なんだろうと思って読んでみますと、最近ゆうちょ銀行のフィッシング詐欺サイトが出まわるようになったので注意してほしいという内容でした。
そして、ゆうちょ銀行がオススメするフィッシング詐欺対抗ソフトを安全のために是非インストールしてほしいという内容でした。
PhishWall、とかいうソフトです。

そうか、そんなこともあるのか…。世知辛いご時世よなあとか言いつつ、何も考えずにその対策ソフトをダウンロード→インストールしました。
すると、なんだかYahoo!のツールバーみたいな感じで、ブラウザに新しいツールバーがひとつ追加されるのですね。
そこに「サイトの安全診断」とかいう項目があったり、「このサイトはどこの国のサイトなのか」とかが分かるように国旗とURLが表示される機能がついていたりするんですね。
なので、某国に多いと言われる(あえてどこかは書きませんが…w)悪人が作った巧妙な詐欺サイトでも、区別できるようになっているようです。

なるほど、これは便利だなと思ったのですが、今度はそのツールバーが
「アンチウイルスソフトも無料でダウンロードできるからぜひ!」
「ウチのソフトはお使いのウイルス対抗ソフトと喧嘩しません!」
「軽くて使いやすい!今お使いのアンチウイルスソフトの性能がアップ!」
とかやたら薦めてくるわけです(^^;)。
「そうか、それならひとつ使ってみるか。タダだからな!!」
と上野顕太郎の漫画風に言いつつこちらも気軽にDL→インストールしてみたのですが…。

いや、これが激重w

ほんとに重くて使いものにならないレベル(^^;)。
今まで普通に見られていたサイトも完全に表示まで1分以上かかるし、プラウザの動作が途中で度々止まる。
!?オカシイな…とマウスをクリックすると、「このプログラムは応答しません」のダイアログボックスが三つも四つも並ぶw
一度再起動させたりしてもみたんですが、やはりダメでした。
確かにアンチウイルスソフトの性能はアップするかもしれませんが、僕のパソコン環境ではストレスばかりがアップするということがわかりました。
そして結局、静かにアンインストールいたしました…。

みんなも気をつけてほしい!!
PhishWallには罠がいっぱいなのだ。

2014-02-05 13:55 | カテゴリ:拍手のお返事
拍手有難うございます。

>大瀬さん
まずは、素敵なお誕生日プレゼントを頂戴し、誠にありがとうございました!!
早速拝見させて頂いておりますが、さすがのお手並みです。
僕もこういう絵が描けるようになれればいいのですが…(^^;)。
後ほどサイトの方に展示して、見せびらかしたいと思います!w
重ねてありがとうございました!

そうなんですよ~価格設定には気を使います。
高すぎると売れませんし安すぎると足が出ますし。
よその古物商を参考にしようとしても、同じ品物を扱っているはずなのに値段が店によって本当にバラバラなのであまり参考になりません(^^;)。
やはり色々と経験を重ねていくしかないんでしょうねえ…。

2014-02-04 23:44 | カテゴリ:古物商
突然なのですが、今後のヤフオクへの商品の出品につきまして、まあ注目している方もないでしょうがお知らせ致します。

今後は古物商のサイトをやることになりますから、当然ではありますがそちらの方をメインにして商品を出品していきます。
ヤフオクの場合は競りになれば値段が上がりますので、最初から赤字覚悟の出品価格で出していましたが(競りになるようなことがまれなのでほとんど損するような結果に終わっていますが…w)、今度は普通のネットショップでの販売ですので、そうも行きません。
足が出たら首吊らなきゃなくなりますので(^^;)。

従いまして、法外な値段提示はなるべくしないつもりですが(例えば10万円とか…。いや、本当にそれくらいの超強気な値段設定で古いプラモや玩具を販売している古物商があるんですよね。それでも売れるってんだからすごいよなあ…。おい、タイム◯◯◯◯!お前のことだぞ)それでも少し高めの値段設定にせざるを得ませんので、申し訳ありませんがご了承下さい。

希少価値の高いものは当然高価になりますが、それ以外の普通に見つけられるようなものはなるべく3~5千円、高くても1万円くらいには収めたいと思っています。注・プラモデルの場合です)。
それに通常販売なので、誰かと競るということはなく、早い者勝ちになりますがごく普通にお買い物が出来ます。
これもまあ、落ち着いてお買い物を楽しむにはいいのではないかと思います。

ヤフオクにはこれまで通り自分のコレクション品を、個人としてちまちま出品したいと思っています。

ひとつよろしくお願い致します。

2014-02-03 23:58 | カテゴリ:古物商
少しずつですが、サイトの制作が進んでいます。
だんだんと形にはなってまいりました。

kurabokkothuree.jpg

と言ってもたったこれだけなのですが…(^^;)。

いや、ここの本家サイト「BAD TASTE X」みたいな趣味のサイトでしたら感覚的にササッと作ることも全く可能なわけですが、今度のサイトはちゃんとした(?)「ネットショップ」になる予定ですから、それ相応に作業を進めていかなければならないのです。

それに「通信販売を扱う」お店なもので…というか通信販売しかやらないお店なので、色々と踏まえなければならない法律的な義務があるのですよ。
「特定商取引法に基づく表記」というものなのですが、料金の内訳はこうです、連絡先はここです、発送はこうやりますなど、要するにうちは実態のないあやしい販売者じゃないのですということを証明するための提示なわけです。
それも、これは略したらダメとか、ここは飛ばしていいとか、色々と様式みたいなものに則って書かないといけないので、中々頭も使います。
…と言ってもまあ、数学的な頭の使い方じゃないので助かってますけれども。
言えね、数学全然ダメなんですよ。完全な文系なものでw

また、買い物の流れを記したフローチャートであったり、発送用の料金表など、お客さんが参考にしてくれるような案内標識のようなものも作らねばならず、やることが沢山。
まあそれはそれで楽しくはあるるのですが、実際やってみると大変なのは変わらないのですよね。
それで、たったこれだけしかページができていないわけです。

今は買い物に関する説明関係の部分を作り終わったところで、これからは実際に取扱商品の写真を提示するカタログ部分の制作に取り掛かる予定でいたのですが、こうして形になったものを見てみると、やはり絵が少ない気がします。
せっかくマスコットに虹子ちゃんがいますので、もうちょっと彼女の絵を増やして、お客さんへのアピールであるとか、アイキャッチにしてホッとしてもらうとか、そういう部分で活躍させたいのです。
ですから、あと4,5枚は虹子ちゃんの絵を増やしたい。
明日からそれに取り掛かりたいと思いますが、最近は本当に筆が遅くなったのでちゃんとやれるか不安(^^;)。
でも1日1枚のペースで頑張りたいと思います。

それが終わったら写真撮りだなあ。
それはそれで地獄になりそうな予感が…w

でも、くじけません。

2014-02-02 23:56 | カテゴリ:ブログ
昨夜半から粉雪が降り、昼ごろにはかなり積もりました。
せっかく昨日までに雪が大分減ったと思ったら…まあ冬なんで仕方ないのですけどね。
雪かきにでたら、大分積もってて15、6センチになってました。

雪かきを終えて家の中に入りしばらくしたら、気温が上がってきたみたいで、ボタボタ音を立てて雪が屋根に落ちるほど溶けてきました(^^;)。
どうせ溶けるなら雪かきなんてしなきゃ良かったw
明日もなんか暖かくなるみたい。
このまま春になったらどうしようw

どうでもいい内容ですいません(^^;)。

2014-02-01 14:43 | カテゴリ:古物商
古物市場に初参加してまいりました。

色々と書きたいこともあるのですが、先日会主の方にご挨拶へ伺った際、
「ネットで余計なことを書かれると商売が差し障りある人もいるので、詳しいことはなるべく書かないでね」
とクギを刺されてしまったので(^^;)、詳細については書けません。
ごめんなさい。
なので、ここからは競り会の流れを簡単に書くだけにとどめます。

朝10時からの競り開始だというので9時頃に家を出たのですが(会場は幸いにも家の近所)、会場施設内にあるどの建物で開催されるのかがよくわからず(ある神社の境内で開催されているのですが、その神社がかなり大きなところなので様々な建物があり、ちょっと分かり難いのです)、ちょっと迷ってしまいました(^^;)。

しかしなんとか目的の建物を探り当て、そこに行ってみますと、すでに数十人の同業者の方が集まっています。
会費(弁当代込み)2千円を支払って入場しますと、よくもまあこれだけのものをどこから集めてくるものか、と呆れるほど色々なものが出品されており、びっくりしました。
10時からの競り開始なのでそれまでに目的の品物を見つけ、ゆっくりチェックしておいた方がいいと言われたので、お目当ての物を探します。
残念ながら僕が目的にしていた古いプラモデルや玩具のたぐいはなく、ほとんどが美術品でした。
それでもこういう古物を見ているのはとても楽しいですし、気になる出物もあったりして、まずは2つばかりに狙いを付け、手にとってくまなくチェック。
ウロウロしていると結構声をかけてきてくれる方も多くて、ありがたかったです。

10時になり競りが始まると、ネットなどでは「分かり難い」と不評の符丁も使われることなく、時々テレビのニュース番組で見る野菜とか魚の競りのように普通な感じの競りでした。
競りはまず焼き物やツボ等の美術品の類から始まり、次は古看板やガラスのケースなど雑貨品、最後は掛け軸と言う順番で進みます。
僕が目をつけていたものは割合値段が高く、ライバルも出たりして結局競り落とせませんでした(^^;)。
全部終わったのは12時30分位でしょうか。
そのあとは弁当が配られてそれを食べ、解散という流れでした。

何しろ初めての経験でしたので右も左もわからず驚くことも多々ありましたが、会主さんや色々な方が親切にしてくれましたし、興味深い事柄も多くあり、大変勉強になりました。
何よりも、非常に楽しい経験でした。
次回は来月の1日の開催だそうで、それに参加するのが今から楽しみです(^^)。