2014-10-19 13:13 | カテゴリ:雑記その他
昨日から飲み始めたなたまめ茶なんですが、調べてみたら万能薬のようです。
膿出しの特効薬とのことで、蓄膿症とか後鼻漏あたりの鼻の疾患に効くというのはなんとなく知っていたんですが、その他にも腎臓病、アトピー、メタボ…その他諸々の症状に効果があるとか。
ホントかよ(^^;)と思わず疑ってしまいたくなりますが、ちゃんとウィキペディアにも「効果がある」とハッキリ書いてあることですから、あながち前部が嘘というわけではなさそうです。

腎臓病に効く…その効能のせいなのか、昨日半日飲み始めてわかったことは、「とにかく小便が出る」ということでした(^^;)。
いささか尾籠な話で申し訳無いのですが、僕は元々コーヒーとかの嗜好品的な飲料が好きでして、インスタントコーヒーを一日5、6杯は呑んでいたんですね。
それでも、小便は一日に4回程度しかいかなかったのですが、このなたまめ茶を飲んだ半日だけで7回位はトイレに行っています。
しかも夜寝る前に飲んだら、夜中に2回もトイレに起きてしまい(普段は全く起きないんですが…)、閉口しましたw
とりあえず夜寝る前に飲んだらいけませんね、これ。
いずれにしろ、トイレの回数が多いということは腎臓が必死に動いているということですから、腎臓病に効果があるという話も嘘ではなさそうだなと感じました。
いえ、別に腎臓は悪く無いですけれども。

後鼻漏の方は、当たり前ですがまだ効果は現れておりません。
気長に続けていかなければ改善は見られないのでしょうね。
まあ1ヶ月位は続けてみましょうかね。

なんだか年寄り臭い内容の日記になってしまって申し訳ありませんw

スポンサーサイト
2014-10-18 15:38 | カテゴリ:雑記その他
皆さんお疲れ様です。
今日も気分がどうにもくさくさしていけない。
これは最近僕の環境を取り巻いているトラブルにも原因があるのですが、それ意外の原因と思われるものの一つに、持病の「後鼻漏」があります。

後鼻漏ってなんだ?という方にはググってみて頂きたいのですが、まあありていにいうと鼻から喉に鼻水が流れてくる病気ですね。
暖かい時期や暑い時期は少しマシなのですが、空気が冷え込んでくるとたちまち症状がひどくなってくる。
喉の奥に上の方からドロドロしたようなものが下がってくる感じで、酷く不愉快なんですよ。
痰として出すこともできないので、とても閉口します。
以前、耳鼻科に罹ったことがあるのですが、医者に
「これは多分治りませんねぇ。多少は誰にでも起きていることですし。まあ薬を飲んで、症状を抑えるくらいしかできないでしょうな」
…みたいなこと言われてしまって、しかも処方された薬がさっぱり効かなかったんで、頭にきて通うのをやめてしまったんですよね(^^;)。
真面目に通っていれば、まだマシだったかもしれないのでしょうけども…。
その後鼻漏がここ数日、急に冷え込んできたせいか症状が出てきまして、どうにも不快なのです。

病院も当てに出来ないのなら、今流行りの健康食品とか何かで効くのはないかと思っていたら、テレビで「なた豆」というのが痰や鼻の病気にはいいらしい…と言っているのをやっておりました。
どういう理屈か分かりませんが、この際いいと思ったものはなんでもやってみようと思い、「薩摩なたまめ茶」とか言う商品を取り寄せてみようとしたら、これがなかなかお高い(^^;)。
貧乏人には辛いわぁ…などと思って手を出しそびれていたのですが、先ほど夕飯の買い物に行った大型スーパーで健康食品売り場をぶらぶらしていたところ、なんか結構お手頃な値段のやつが売られておりました。
それで思わず購入してしまいw、今作って飲んでいるところです。

急須にティーパックを入れて少し蒸らしてから飲んで良いと箱に書かれておりましたのでそうやって作ってみたのですが、無色透明に近いです。
若干色が付いているかな?って感じで、本当にこれでエキスが出てるのか?と心配になるくらいw
なた豆なんて見たことも聞いたこともないような豆ですから(パッケージの写真はお化けみたいに大きなさや豆だったが…)味はどんなものかと恐る恐る飲んでみたのですが、別に臭いとか変わった味がするというわけでもなく、なんか香ばしい香りがして普通においしく飲めます。
飲み終わった後にどこかしょっぱいような風味が残りますが、あまり気になりません。
これなら続けられるかな…?
コーヒーとかお茶の代わりにしばらく飲んでみて、後鼻漏の症状が改善するかどうか、試してみますね。

2014-10-17 18:00 | カテゴリ:雑記その他
なんだか色々と私生活の上で事件がありまして、何もやる気がおきません。
せいぜいツイッタ0で下らないことつぶやくのが関の山です。
申し訳ありません。
少し、ブログ休むかもしれません。

2014-10-14 23:21 | カテゴリ:雑記その他
台風は本日の午前中辺りには東北地方を通過していったようです。
昨晩はかなり雨が降り、避難勧告が出た地域も県内各所にあったようですが、幸い私の家の周りは無事でした。
その雨も、今朝私が起きだした頃にはほぼ止んでおりました。
ただし午前中いっぱいは風が強く、住んでいるボロ屋が家鳴り鳴動するほどでした。
この調子では盛岡郊外で果樹園を営む叔父りんご畑がどうなっただろうか…と心配しながら過ごしておりました。
余程りんごの安否確認の電話をしようかと思ったのですが、おそらく今は被害を調べたり、落ちたりんごを回収したりなどと忙しくしていることは容易に想像がつきますので、荷電しても迷惑になるだけであろうと思って止めておいたのですが、結局そのまま電話しそびれてしまいました。
こういう時に、本当に農業の難しさ、そして一回の台風で1年間手塩にかけて育ててきたものが瞬時にしてパーになるという虚しさと悲しさ、悔しさ…そういったやりきれないものを感じ、なんとも暗澹たる気分にさせられます。
願わくば無事であることを…。

しかし今年はとにかく台風ラッシュでしたね…。
一つ去ったかと思えば矢継ぎ早に次のが来る。
そして来るごとに勢力が強くなって行き、全国各地で被害が出る…。
その惨状をテレビやラジオで知るにつけ、もし将来日本が滅びるのだとしたら、おそらくこうした台風災害によってではないかと思えてきます。
本当にこの天候はどうにかできないものでしょうかねえ…。
相手は自然のことですからできないと頭ではわかっていても、心情としては天才博士か誰かになんとかして欲しいと思わざるを得ません。
まずはこれ以上台風が発生しないでくれることを祈りたいです。

2014-10-13 23:49 | カテゴリ:雑記その他
ここ数日平和な気候が続いておりましたが、いよいよ台風が来るみたい。
先程から雨風が次第に強まってまいりました。
叔父が経営するりんご園が非常に心配です。
なんとか直撃だけは避けてほしいものですが…自然が相手のことですし、そうもいかないのかなぁ…。
毎年この時期は本当に気が気ではありません。
この台風ラッシュ、何が原因なのかは分かりませんけど、いい加減、どうにかしてほしいものですね。

2014-10-12 23:58 | カテゴリ:プラモデル・玩具
今までメタルフィギュアというものを、色々見てきたのですけれど。
メタルフィギュアという物自体が外国で生まれたものなので、市場は当然外国中心になっています。
ですからフィギュア自体も自然とあちら製のものが多くなるわけですが、外国産のメタルフィギュアは妙にデフォルメがキツく、しかもなぜか男も女もゴリラ顔に整形されているものが非常に多くて、正直見ていて萎えるものがほとんどです。

僕がメタルフィギュアに興味をもったきっかけはみなさんもご想像の通り、D&DなどのTRPGに使うためのいわゆるコマとして使用するタイプのものを見たのが最初でした。
かなり種類が多く、戦士や魔法使いとひとくくりにしても男だったり女だったり、装備品や服装までバリエーションが幅広くて、しかも怪物の種類がやたらと充実しているのが非常に印象的でした。
まあ、しかし段々と見慣れてくると、種類が多いというのは強みですし見ていても楽しいのでそれはそれで良いものの、前述のようにまずプレイヤーの分身となるべきキャラクターたち、特にフィメールの造形が大変宜しくないのが目についてきます。
なんというか、どうしてこういうデフォルメの仕方をするのかなあ…となんだかうんざりするようなものがやたらと多かったんですね。
まあ、その感性の違いというものが和と洋の文化や好みの違いなのかも知れず、しかたのないところかと思うのではありますが。

ただ、外国のがそうだからといって数少ない日本産のメタルフィギュアが日本人の感性に合っているのかどうかを考えた場合、そうであるとも言えなくて、以前なんとか企画というメタルフィギュアを制作している会社(?)のサイトを覗いた際には、あからさまにフィギュアがアニメ調になっており、なんか「これじゃない」感が充満していました。
まあ、これはあくまでも個人の感覚ですから、それらを見て「凄くいい!欲しい!」と思う方もおられようかとは思うのですが、個人的に僕はそういうのはちょっと好きになれないわけです。
やっぱり、自分で色を塗って仕上げたり、自分の分身としてTRPGのコマに使ったり、コレクションしたりするならもっと造形的にきれいなものや美形フィギュアを集めたいと思うのは人情ではないでしょうか?
なので、色々なメーカーの品物を見て、自分が気に入ったものを集めるのがいいということになりますが、メタルフィギュアのメーカーって意外に少ないのですよ。
かつては、外国のメーカーにも日本人の漫画的感性に合うような美形のフィメール・メタルフィギュア(この際男は無視ですw)を発売しているデニゼンだったかシタデルだったかという名前のメーカーが存在していたのですが、大分前に倒産しちゃったのです(^^;)。
それ以来、自分の琴線に触れるメタリフィギュアにはついぞお目にかかったことはなかったのですが、今日なんとなくネットサーフィンしていたところ、偶然にも「これだ!!!」と思えるようなスゴいメーカーを発見してしまいました。

オーロラモデルオンラインショップ ヘキサシステムとメタルフィギュア

上記のリンクを覗いて頂ければ、おそらく皆さんにもご納得いただけるのではないかと思うのですけれど、このサイトに飾られたフィギュアを一目見て、自分が長年求めていたメタルフィギュアはこれなんだ!と思ってしまいました。
変に漫画風なデフォルメを効かせず、それでいてリアルになりすぎていない、そのあたりが素晴らしいです。
美人で、スタイルが良くて、それでいてファンタジックな、ちゃんと鑑賞に耐えうる「きれいな」フィメール・フォギュアになっています。
ミリタリー系のフィギュアも多くて、タミヤの1/35戦車プラモデルなんかの隣に飾っておけるような女性兵士のフィギュアもたくさん出ています。
いやぁ、いいなぁw
まあセーラー服着て機関銃持っているとか「?!」っていうのもあるにはあるんだけどw
惜しむらくは、外国のフィギュアにあるような亜人種…エルフやドワーフなどの女性フィギュア、そしてモンスターがほとんどないことでしょうか。
いや、外国の亜人種フィギュアってすごく充実しているんですよね…ドワーフとか特にw
ドワーフってコミック調なデフォルメが効かせられるので外人はこういうの好きなんだろうなぁって思うんだけれども(ちなみに、女性ドワーフに髭の造形はありません)。
このクオリティでそういった種類のフィギュアも出していただけたら、とても嬉しいのですけどね。

まあ、購入したところで不器用な私のこと、上手に塗装する自信はほぼ皆無なのですけれどもw
でも値段もそれほど高いわけではないですので、近々何か1つ購入してみようかと思います。

2014-10-11 23:58 | カテゴリ:雑記その他
地獄先生ぬ~べ~の実写ドラマが今日から日本テレビ系列で放送開始となりました。
僕はこの漫画がとても好きでしたので、話の種にどんなものだか見てみようか…と見てみることに。

しかしまさか見始めてすぐにチャンネルを変えてしまうことになろうとは…。

正直なところをいいますと、実写ドラマ化という情報が流れた際にすでにかなり不安ではありましたし、その後公式サイトにアップされていた役者の写真があまりにもお粗末だったので驚いた記憶があり、個人的に期待は全くしていませんでした。
しかしまさかここまでとは思いもよらず…。
実際に見たのは本当にさわりの部分だけなので、本編を最後まで視聴したわけではありません。
よって、詳しい批判はできません。
しかし見た部分からだけでもはっきり言えることは、この番組が原作ファンに受け入れられるのは難しいんじゃないかな…ということです。
制作側が何を意図してこの原作をドラマにしようと思ったのかわかりませんが、なんかもう脱力です。

ぬ~べ~も古い漫画なので、今の若い人の中には原作を読んだことがないという人もいるでしょう。
その人達がこのドラマを見て「ぬ~べ~ってつまらない漫画だったんだなぁ」とか思うかもしれない。
そうなったら一体誰が責任を取ってくれるのでしょうか?
それを思うともう、ため息しか出ません。

はぁぁ~~~…。


2014-10-10 22:28 | カテゴリ:プラモデル・玩具
昔、刀のプラモデルっていうのがあったんです。
なんでプラモで刀なんだ?っていう疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思うのですが、現実としてそういうプラモデルが一つのジャンルとして各メーカーから発売されており、それなりに好評を博していたのですね。
今で言えばお城のプラモデルとかそういった感じですかね。
ちなみに鎧や兜のプラモデルも有りましたよ。

何故、刀がプラモデルになったのかを考えると、刀剣と言うものの価値が現在よりも当時のほうがかなり高く、興味のある人にでもなかなか手が出せなかったという点があげられると思います。
大学卒業者の初任給が3万円前後だった昭和30年前後には、江戸時代の刀(新刀、新新刀)の上作が大体12万円前後したという話ですので、現在のお金に換算してもかなりの金額になります。
こんなもの、余程のお金持ちか趣味人でない限り手は出せませんよね。
なので、興味はあるけれども本物はとても…という人や刀剣に憧れを見出した少年たちがプラモデルを買い求めたということなのかもしれません。
ちなみに、今の相場は100万円もあればかなり良い刀が買えますし、大抵の刀は30万円~50万円前後で買えますので、まだまだ高価ではありますが、刀の価値はかなり下がって居るといえると思います。
それだけ景気が悪いということなのかもしれませんが…。

さて、刀剣のプラモデルを出していたのはアイハラ模型、ミドリ模型など今はすでに無くなってしまった会社が多いのですが、バンダイなど今では大手となったメーカーからも発売されていました。
バンダイは、今ではガンプラ専門みたいな会社になってしまいましたが、昔は普通に戦車や飛行機などのスケールモデルを多く出していたのですね。
それぞれの会社がスケールも、モデル化した刀剣も異なるものを発売しており(まあ、刀は本来刀身が主役なわけですが、当然プラモデルでは各刀匠ごとの特徴や波紋なんてものは到底再現不可能なので、拵え…いわゆる外装のほうが主役として再現されていました)、ユーザーにとってはいずれのキットもなかなかにコレクタブルなものだったといえるようです。
今でも、当時のアイハラ模型の金型を引き継いだ童友社から「日本の名刀シリーズ」として再発売されています。
ちなみにスケールは1/3で、太刀拵を再現したものと大小一セットになったものの2シリーズが出ています。
キット名がアイハラ時代は拵えの名前だったのですが…例えば「金銀造太刀拵」とか言う感じ…が、童友社は「武田信玄」みたいに所有者の名前になってしまっています。
この辺りがなんだか面白いですよね。

さて、そういうちょっと変わったジャンルの刀剣プラモが、ヤフオクなんかを見ていると結構出ているのですよ。
いずれ古いプラモデルにも、本物の刀剣にも興味のある僕のことです。
「こいつはいいや!」
とばかりに興味津々でヤフオクに鵜の目鷹の目なんですが…ふっと気がついたんですよね。

あれ、おれって古物商じゃんかと。

本物の刀を買おうと思えば安く買える機会は結構あるんですよね(^^;)。
なんでプラモの刀ごときに拘ってるのかなとw
そりゃプラモデルより本物のほうがいいわけですよね。
だったらお金貯めて本物を買えばいいわけです。勉強にもなりますしね。

でもですね、やっぱりぼくはプラモデルが大好きなんですよ。
プラモデルっていうモノ自体に、ジャンルは二の次にして車だろうが飛行機だろうがキャラクターものだろうがこういう刀剣だろうが…とにかくそのもの自体にいわく言いがたいような郷愁と憧憬を感じるんです。
元々そっち系の古物で商売をしたかった…という思いがあり、今骨董の鑑定なんかを教わっている先生には随分怒られるのですけど、できれば骨董品などと一緒に、古いプラモデルやキャラクターものの古いおもちゃとか、そういうレトロ系なものも扱っていきたいんです。
そんなオールド・プラスティックモデルで刀剣なんて、なんかワクワクしませんか?
…しないですか、そうですか。

いや、だったら童友社の刀剣キットを買ったら?って言われると思いますが、同じプラモデルであっても、古いメーカーから出ているからこそ意味があるっていう部分があるんですよね。
尤も、童友社のキットに魅力がないわけではなく、実際何個か持ってはいるんですけれど。

つう訳で、これをお読みの皆さん!!
もしご自宅付近の古臭い模型店や文房具店でこういう変わったプラモデルが売っておりましたら、情報等是非僕にお知らせ下さい。
よろしくお願いしますm(_ _)m。
(最後はこれかよ…w)

2014-10-09 17:33 | カテゴリ:ちょい旅
先日の台風も大過なく過ぎ去り、岩手はここ数日大変よい天気となっております。
まさに秋晴れ、天高く馬肥ゆる秋と言った様相であります。
そこで自由業の気楽さ、こんな日に家にいるのも勿体無いので、ちょっと車で出かけてきました。
特に目的もなかったのですがブラブラと車を走らせ、盛岡から国道4号線を南下。
盛岡の南に位置する花巻市まで行ってきました。

まずは今年の初夏にも訪れた石鳥谷の田んぼアートがどうなっているのかなんとなく立ち寄ってみます。
この場所の田んぼアートは例年初夏に訪れているのですが、秋に訪れたのはこれが初めてかもしれません。
今年は稲の生育が早いようで、盛岡周辺の田んぼはもう稲刈りが終わっています。
それで田んぼアートも稲が刈られて、ただの田んぼになっているんじゃなかろうかと思っていたのですが。


稲刈りはされていましたが、柄の部分はちゃんと残してありました。

2_20141009170329aab.jpg
ちょっとアップにしてみる。
夏に比較すればさすがに色あせて一抹の寂しさを感じさせますが、絵が浮き上がって見えるせいかこれはこれで味があってよろしいような気がします。

田んぼアートを見届けたあとは花巻市内の「マルカンデパート」ヘ行きました。
このマルカンデパートは花巻中心街のほぼ唯一の百貨店にして老舗で、大食堂で食べることが出来る超巨大な「箸で掬うソフトクリーム(170円也)」が全国ネットの某テレビ番組で紹介されて有名になりました。
百貨店の内装も非常にレトロチックで、一昔もふた昔も前のデパートではなく「百貨店」の趣を色濃く残しており、足を踏み入れれば思わず郷愁を誘われることまちがいなしです。

マルカンデパート公式サイト

今日も駐車場には宮城、青森、土浦ナンバーの車が停められており、人気の程が伺えます。
実は私、このデパートを訪れるのは今日で2回目なのですが、まだ巨大ソフトを食べたことがなかったのです。
そこで今日こそやっつけてやろうと思って意気揚々と乗り込んだのですが、なんと昼飯時ということもあってか、食堂は満員で空席がない!!
仕方なくソフトクリームは涙を飲んで次回へ延期しましたが、その代わりに先日Twitterで知人から教えてもらった「マルカンワッフル」を購入。
それがこれであります。

3_20141009170330ea4.jpg
とりえず3本購入しました。
味はあずき&生クリーム、カスタード&生クリーム、カスタードをチョイス。
他にも抹茶&生クリームなどがありました。
価格は1本220円也。
写真ではピンと来ないかもしれませんが、かなり大きくてしかも重いです!
持ってみると手にずっしり来る感じがすごい。
中身がギュウギュウに詰まっている感じですね。

4_201410091703317f5.jpg
こちらは少しアップ。
大きいので食べ応えはありそうですが、一人でこれを1本平らげるのは結構大変そうです(^^;)。
そしていささか困ったことに、中身が何だということがわからないラベルがなんとも…w
賞味期限は記されているのに…ちゃんと中身を書いてもらえれば食べやすかったのではないかと思いますがw
夕飯後のデザートにでも切って食べてみようかと思います。
味の方はまた明日にでも、改めてご報告します(^_^)。

2014-10-07 23:31 | カテゴリ:雑記その他
YouTubeでスコットランドの民族音楽を探していたんですが(以前お気に入り登録されていたものが軒並み削除になってしまったのです)、その最中に何故か黄金バットの動画を見つけましたよ…。
黄金バットといえば例の「ワハハハハハハハ!」なんですが、今回見つけのはちょっと毛色の違うやつです。



新しいのですよね…古いやつじゃない。
どうやら2000年に黄金バットのリメイク(リブート?)版が企画されたらしく、試しに制作されたそれのプロモーションフィルムのようです。
結局企画はお流れになったそうですが…。
監督はワタナベシンイチ氏、制作はAICだそうです。
AICといえば先日ここでも紹介したアトランジャーのアニメを作ったところですよw
好きなんだなぁこの会社。

しかしこのキャラデザイン、どこかで見た感じだな…と思って、はっと気が付きました。
大張正己さんのキャラデザに似ているんだな…ついでに言えばアクションも似ている。
黄金バットがヒーローというよりはちょっと怪物的に描かれているというか、まさしく得体のしれない正義の味方みたいな感じなのが良いですね。
マントがコウモリの羽のようになるなどなかなかいいと思います。
これ、是非実現して欲しかったですね。
今からでも遅くないので、どこかで作ってくれませんかね。
見ますから。


2014-10-06 23:42 | カテゴリ:雑記その他
今日、GyaO!とかいうネットテレビ(?)を初めて利用してみたよ。

尤も無料配信のやつだけだけどな!!

見たのは「モンスターフィッシュを探せ!」とか言う感じのタイトルで、巨大魚を生物学者が追いかけるという内容の外国産ドキュメンタリー番組だったんだが、なかなか面白かった。
ちゃんと吹き替えだったしな!
みんなも暇だったら見てみるといいよ。

タダだし。

モンスターフィッシュを探せ!







2014-10-05 21:57 | カテゴリ:雑記その他
冷静になってみますと、どうも調子乗りすぎたようです。
そこでさっきの日記は削除しました。
以降はもう勢いとか憤激に任せて日記書くのはやめようと思います。
少し頭冷やします。


2014-10-04 23:56 | カテゴリ:雑記その他
突然なんですが、今「ゾンビ」アルジェント編集版のDVDを観ています。
…こんなこと日記にして余程書くことがないんんだなとお思いのあなた、ハイその通りですw
特に意味はありませんが、時々観たくなるんですよね。
ロメロ版の重い人間ドラマも好きなんですが、アルジェント版の軽快さが好きです。
あとはゴブリンの音楽ですね。これがなんとも良い。
久しぶりに最後までダラダラ見てようと思います。

…しかし、スティーブン役のデヴィッド・エンゲは悪人顔してますよなぁw
そういえばfigmaになったらしいですよね。
ちょっと欲しいかもしれないw



2014-10-03 22:20 | カテゴリ:雑記その他
先日親父がギックリ腰になり、最近ようようにして本復したと思ったら、今度は母がギックリ腰になりました。
私が代わりに家事をしなければいけないので結構大変。
主婦ってこんな大変なことを毎日しているんだな…世の中の主婦は偉いなと痛感する次第です。
そして一昨日の交換会での疲れが今日になって出てきまして、私も身体を動かすのが辛い(^^;)。
こういう時に自分がもう40歳過ぎているということをつくづく感じますねえ…。
それでも筋肉痛に鞭打って頑張っておりますw
これはしばらくの間大変な日が続きそうです。



2014-10-02 23:59 | カテゴリ:雑記その他
面白くないことがあって手酌の深酒。
かなり酔っ払って具合が悪くなったことは実に5年ぶりです。
それでもこうやってネットにつないでああだこうだ書いているのだから、酔っぱらいは手におえませんね。
でもそういうどうしようもない人間にも暖かい言葉をかけてくださる方はほんとうに有難い。
皆さん有難う、そして今後もよろしくお願いします。
寝る寝る詐欺の管理人でした。

多分明日消すと思いますw

2014-10-01 18:49 | カテゴリ:雑記その他
今日から10月ですね。
当たり前だろ、だからどうした!と言われたら何も言い返せないのですが・・・w
盛岡では、朝の最低気温がとうとう10℃を切りました。
明日、明後日辺りは雨模様という天気予報も出ているためか、4℃くらいにまで冷え込むようです。
そろそろストーブの準備をしなければいけないでしょうか…。
買い物などで車を走らせていると、車窓から目にする田んぼの稲も黄色くなっていて、盛岡周辺では現在稲刈りが盛んに行われています。今年の稲刈りは例年に比べると、時期が若干早いようです。
稲刈りが終わったあとの田んぼほど無常観を感じさせる光景もないと思いますので、なんとももの寂しい気分になります。
秋が深まり、とうとう冬の足音が聞こえてくる気配…ちょっと憂鬱な気分ですね。
そんな秋本番の10月、どうか良い一ヶ月になりますように。