2016-01-31 15:23 | カテゴリ:雑記その他
早いもので、今日でもう2016年の1月が終わってしまいます。
なんてこった…!
この1ヶ月自分は何をしていたのかを考えると…

いや、やめよう。

とにかく、明日からの1ヶ月は、何事も前向きにやっていこう。

しかし冬は本当に仕事が少なくて困りますね(´・ω・`)。
同業者はみんなそうでしょうが、やはり雪や寒さの影響でモノがあまり動きません。
先月と今月の交換会も品物が少なくてかなり閑散としておりましたが、明日はどうなのかなあ。
面白いものがなにか出てくれればいいけど。
一応期待しておこう。


スポンサーサイト
2016-01-30 21:51 | カテゴリ:雑記その他
某まとめサイトの記事を読もうと思ったら、「ポップアップがブロックされました」というダイアログが出たあとに、こんなページに繋がったのです。

ayashii.jpg

一見マイクロソフトを名乗っているように見えますが、見るからに怪しいですよね(^^;)。
間違って「OK」をクリックしたら最後、変なウイルスに感染するか、詐欺に引っかかりそうです。
騙されもんか騙されもんか騙されるもんか。




2016-01-29 21:22 | カテゴリ:雑記その他
今日は、いささか他人のことについて書きます。
決して悪口等を書くわけではありませんが、読んで決して面白いものではありませんので、お嫌いな方はお読みにならぬことをお勧めします。






















大変親しくお付き合いをさせていただいていたネッ友の某氏が、どうやらネットでの活動を停止されたらしい。
先程、久しぶりに某氏のブログを拝見しようと思いブックマークをクリックしたところ、跡形もなくなっていた。
まさかと思い、他に参加されていたSNS関係にアクセスしてみたのだが、案の定と言おうか、全てアカウントが削除されている。
驚きを通り越した衝撃だ。

某氏とは、僕がネットを始めて程なくして知り合い、それからのお付き合いなので、もう10年来くらいの友人になる。
互いに家の住所なども教え合い、色々とお便りや物のやり取りをさせていただいたような間柄だった。
某人気アニメの下請けアニメーターや、漫画家としても活躍しておられるので、言うまでもなく、お描きになられる絵は抜群にお上手だった。
参加されているpixivなどでも大いに人気を博していた。
性格には多少自虐的でネガティヴな部分をお持ちだったが、それでも人物善良、他人への思いやりや社会人としての常識もきちんとお持ちで、趣味も共通することから、非常に好感の持てる方で、良好な関係を築けていた。

ところが、ここ数年は何やら生活上の理由からか、自暴自棄で鬱っぽい感じでブログを書かれていたり、あまり良くないことをTwitterで呟かれていたりすることが多かったので、どうにも心配で、気がかりだった。
何度かメールを差し上げたりもしたが、返信するのが億劫だと仰せになり、その旨謝罪のショートメールなどはいただけたのだが、腹を割ったメールを頂けなかった。
もともと、僕自身も氏のようなネガティヴな面を持っているので、塞ぎこんでいた氏の気持は良く理解できる。
だからこそ、愚痴など伺って悩みを共有したかったのだが、果たせなかった。

先ほど調べてみたが、ブログも、pixivも、Twitterも、とにかくSNSの類は全てアカウントを削除された様子だ。
おそらく思うところあってのことというよりも、発作的にすべてを消去したくなられたのだろうと、今のところは解釈をしている。
実際、そういう気持ちになることは僕にもある。
だが、それを実行する前に、互いを親しい間柄と自負しあう関係であるのだから、なにか一言でも相談して欲しかった。
こうなる前に力になれなかったのが非常に残念だ。
もしかしたら、某氏の方では、僕にそれほどの親しみを抱いていたのではないかもしれないが…。

いずれひたすら残念でならない。
おそらくすぐには無理だと思うが、願わくばいつかまたネットに戻ってきていただけることを願う。
少し間をおいたら、某氏のお宅へ手紙でも出してみようと思います。

2016-01-28 23:44 | カテゴリ:雑記その他
昨日1月27日、pixivにイラストをアップしたのですが、その絵が1月27日の「漫画R-18デイリーランキング」81位、「R-18男子に人気」287位にランクインしたそうです。



思いがけないことでしたのでかなり驚いたのですが、素直に嬉しいです。
ご閲覧下さいました皆さん有り難うございました。
これを励みに、今後も精進していきたいと思います。
重ねて有り難うございました。


2016-01-25 23:33 | カテゴリ:怪奇
これもYou Tubeで見つけたんですけど、昨日と同じ検証番組の類でも、コレはダメな検証方法に思います。
実に退屈で苛々する1時間でした。



どの辺りがダメなのかといえば、霊媒師がツアーを組んでしまっている部分ですね。
確かにこの霊媒師たちの一人ひとりが、それぞれに凄い能力を持っているのかもしれませんが、それらが同時に同じ場所へいて一斉に意見を言い合うというのはどうでしょうか。
コレでは、互いに見たものを正確に、正直に話すことができなくなる恐れがあります。

例えば霊能者1が、
「僕はこういうのを見たんだ」
といいますよね。
するとそれを聞いていた霊能者2が
「いや、そうじゃない、僕はそういうのを見ていない、ここにいるのはこういうもののはずだ。そうだろう3?」
で霊能者3が
「そうだそうだ、僕もそれを見たよ」
とか答える。
実際こういう場面がビデオ中に幾つも見られますが、こうなったら正確にデータなんて取れないでしょう。
先入観とか思い込み、集団心理にデータの結果が左右されてしまいます。

こういう場合は、全員を別の部屋に待機させておき、ひとりずつ問題の場所に呼び出して霊視させるようにしないと。
警察の取り調べと一緒で、共謀(こういう言い方もどうかと思われますが…)を避けるようにしなければダメです。
もちろん調査のやり方はそれぞれの研究グループによって変わるのは当たり前ですが、それでも守らなければならない最低限のやり方というものがあるはずです。
ド素人でも分かるこのくらいのことをなぜこの人達はやらないのか。
もちろん、この人達が偽物だという気はないのですが、コレではインチキと言われても反論できないんではないかな。
こういう調査団体に共通する最低限の調査基準みたいなものを設けて欲しいですね。

心霊調査団体を作り、科学的・超自然的の両面から、心霊現象の調査をするのは良いことと思います。
拝み屋になってしまっている、日本の霊能力者とか、テレビ番組のふんどし担ぎに甘んじている日本の調査団体(と、称する人々)よりもよほどいいと思います。
少なくとも、まじめに怪奇・心霊現象の謎を解き明かそうとしてはいるんですから。
だからこそ、このような団体がインチキや間違いを犯せば、心霊現象そのものが「インチキ」「まやかし」「気のせい」などに貶められてしまうおそれがあります。
その点を自覚して、もう少し気を引き締めてやって欲しい気がします。


2016-01-24 23:33 | カテゴリ:怪奇
偶然You Tubeで面白いビデオを見つけたんですよ。
心霊現象の研究ビデオなんですが、海外の番組ですね。
2001年ですから大分古い製作年代ですけど、実に興味深い内容です。
日本の心霊番組は、最近ではインターネットのインチキ画像をまとめたものが多いですけれども、こういった真面目な研究番組を作ってもらえないものでしょうかね。



2016-01-23 23:58 | カテゴリ:雑記その他
皆さんは煙草を吸われますか?
僕は吸わないのですが、煙草を吸い続けて何十年というヘビースモーカーの父が病院の検査に引っかかり、肺気腫という病気になりかけだということが判明。
やはり原因は煙草だそうです。
病院できつく禁煙を言い渡され、しょんぼりして帰ってきました。
いささか気の毒ですが、仕方がありませんね。
やはり煙草は怖い。
昔は刻み煙草をキセルで吸うだけでしたから、一服、ニ服くらいで済んでいたのでしょうが、今は紙巻煙草でたっぷり煙を吸い込むわけですから…そりゃ身体にも悪いですよね。
とは言え喫煙は酒と同じで個人の嗜好なので、やめろ!吸うな!というのも何か違う気がするのですが…。
いずれ煙草を吸われる皆さんも、適量を守って十分お気をつけになられてください。

2016-01-22 23:59 | カテゴリ:雑記その他
すみません、書くことが何もありませんw
だったら書くな?
いやごもっともです、ハイ。
しかし何か書きたいのです。
…めんどくせえな、オイw
なので今日は適当なことを書きまっする。

僕は70~80年代のホラー映画が大好きなんですが(ここをお読みの皆さんならもうおわかりでしょうが)、中でもとりわけ好きな映画があるんですよ。
「クリープショー」って言う映画なんですけど、皆さんご存知でしょうか。
ご存知でない方は適当にググって下さい(←なげやり)。
この映画が、なぜか最近妙に見たくなりましてねえ。

そこで、Amazonなんかでソフト化されていないのか調べてみたのですが、DVDが廃盤になって久しいようです。
凄いプレミアムが付いているんですよね。大体5千円くらいで発売されたはずのものが平気で1万5千円とかするの。
とてもそんなもの買えないじゃないですか…。
僕もまあ、転売屋みたいな商売しているわけですが、こういうファンの足元を見て値を吊り上げる転売屋っていやですよねえ。
もっと正直な商売をお願いしたい!
…つか、そういう問題でもないのか(´・ω・`)。

まあそれはさておき、左様な事情はもちろん日本国内に限っただけの話で、外国ではちゃんとBlu-rayなんかも出ているんですよね。
多分映像特典かなんかもついているんじゃないでしょうか。
羨ましい事この上ないですが、それが何故か、日本へ入ってこない。

実はこの映画はシリーズ物で、最近になって新作が出たようで結局4くらいまで出ているのかな、とにかくシリーズ化してしまっているんですけど、1以降は駄作という評判のようです。
僕は1と2しか見てないんでなんとも言えませんが、それでも確かに、2は1に比べて大して面白くなかったです。
しかし、日本では肝心の1をすっ飛ばして2以降がソフト化されているのですね。

なんか…いや、絶対おかしいだろ。

傑作といえる1を出せ、1を。


…まあ権利関係かなんかでめんどくさい事情があるんでしょうけど、懐かしの金曜ロードショーの吹き替えとかを付けて出してほしいものです。
VHSは確かポニーキャニオンから出ていたけど、今もあるのかな、この会社。
とにかくどこかの会社で出してください、お願いします…。

2016-01-21 22:46 | カテゴリ:雑記その他
今日、僕宛に一枚のハガキが届きました。
そのハガキの差出人は、まったく知らない人…いや、人というよりも会社からなのですが、いずれまったく心当たりはない名前です。
一体なんだろうと思って文面に目を通すと、

「先日は数あるショップより当社をお選び頂き誠にありがとうございました。
先日のご注文は、ご期待に沿ったサービスを出来ておりましたでしょうか。
まだ行き届いていない点があろうかと思いますので
何かお気づきの点がございましたらなんなりとお申し付け下さいませ」
等と書いてあります。


僕はネットショッピングは結構するほうかなと思いますが、人にネットでギフトを送ったことなどないですし、この社名にもまったく心当たりがありません。
記載のHPのアドレスを見ても覗いた記憶はないですし、一体何の話なのだろうかと、まったく不思議でなりません。
何かの間違いかと最初は思っていたのですが、ハタと気が付きました。
この場合は、もしかしたら間違いというよりも、何らかの理由でこちらを引っ掛ける魂胆で、何処かの名簿とか電話帳なんかにあった住所へ、ハガキを手当たり次第に送りつけているのではないか、と。
なんか宛名も手書きではなく(裏の文面は手書きを装った印刷のようです。インクの滲みやシミ、筆圧の跡がないのでなんとなく分かります)いかにもまとめて印刷しましたっていう機械的な印字シールですし、怪しさ大爆発。

万が一問い合わせや返信などしたら、引っかかったなとばかりに詐欺に巻き込まれるのではないでしょうか。
今そういうの流行ってるみたいですしね…。
それは考えすぎにしても、こういうわけのわからないはがきを送ってくる会社は信用出来ないので、無視することにしました。
しかし本当に生き馬の目を抜く世の中だ。
油断も隙もない…。
いや、別に油断してるわけではありませんが。

皆さんも怪しいハガキにはくれぐれもお気をつけ下さい。

2016-01-20 23:59 | カテゴリ:雑記その他
少年アシベ。20年ぶりにアニメ化
Yahoo!ニュース
懐かしいですよね。ゴマちゃんとか。
しかしあれからもう20年も経つのか。
自分も歳を取るわけだなあ…。
当時「少年アシゲ」とかいう変な漫画をルーズリーフの端っこに描いていたのは秘密だw

2016-01-19 23:27 | カテゴリ:雑記その他
はっと気が付けば、もう1月も20日を迎えるのですね…。
思えば、年が明けて以来無為な日々を過ごしているような気がします。
何事につけても無気力というか…なんだろう、5月病でしょうか。
いや、まだ5月じゃないですけども。
…おお神よ、我にやる気を与え給え。

そんなことを言っている間に大雪です。
大雪なんですよ奥さん!
年の始めには暖かくておかしな気候だとか言っておりましたが、いきなり来ましたね、本格的な雪が。
昨日~今日とほぼ間断なく降り続き、雪なんてほとんどなかったのに、今や右を見ても左を見ても雪、雪、雪という有様。
ただ、一日で1メートル以上も積もったという北海道なんかと比べると大分マシですが…。
雪かきを今日1日で3回位やりました。
いや、気温が1℃前後と意外に高いので、雪が溶けながら降るのですよ。
なので非常に重く、苦労しました。
それに地味に怖いのが落雪ですね。
家の屋根から落ちるのもそうですが、電線に積もったのがドサッと落ちてくることもあり、油断して歩いていられない。
雪道は危険がいっぱいなのだ。

明日も一日中雪だそうですね。
全国的に荒れ模様の陽気が数日続くようですが、皆さんもくれぐれもお気をつけ下さい。

2016-01-12 21:01 | カテゴリ:雑記その他
早いもので、今年2016年が始まってもう2週間位過ぎるのですね…。
なんというか、時間が経つのは早いものと思います。
この調子で行くと、今年もまた何も出来ぬままに終わりそうな気が…いや、深く考えるのはやめとこうw
とりあえず今は、明日開催される予定の交換会に意識を集中したいと思います。
当然今年の初会になるわけですが、せっかく今年のはじめなのですし、なにか良い物や珍しい物が出てくれるのを願いたいものです。
まあどうせお金なくて良い物は買えないと思うのですが…。
僕も友人から委託を受けた品物を出品したいと思います。
僕を見込んでわざわざ預けてくれた品物なので、責任をもって扱うのが礼儀です。
良い値段で落札されることを祈ります。



2016-01-07 23:58 | カテゴリ:雑記その他
昨年末からこのところ、この北国でも冬とは思えないような暖かさの日が続いています。
普通なら、今時は日中の気温0℃、朝方はマイナス5℃とかあるはずなのですが、今は昼間の気温が3℃前後、朝は冷えてせいぜいマイナス1℃くらいなのです。
もちろん寒いのよりも温かい方がいいのですが、やっぱり身体の慣れというか、生まれて40ウン年の間に形成された「寒さの感覚」みたいなものがガタガタになる感じで、どうにも違和感を覚えます。
確か記憶によれば、今から10年ほど前にもこのような異常気象の年があり、そのときには2月の真冬にワラビが生えるという恐ろしい気候でしたが、もしかしたら今年もそうなるんじゃないのかなといささか不安に思っています。
寒いのも暑いのもウンザリですが、やはり季節は季節らしい陽気になってもらわないと、体調を崩しやすくもなりますし、何よりどうにも気持ちが悪いですよね。

そういう気候のせいか、八百屋を覗いたらなんともうフキノトウやらタラの芽やらが売られていました。
もちろん自然に出たものではなくて栽培でしょうが、それにしても時期が早すぎです。
大抵は3月から5月くらいにかけての山菜ですからね。
そんなのは旬じゃないので、食べたところで美味しくないに決まってるんですが(ただ物珍しいので料亭なんかでは出すでしょうけど)、八百屋のバアサンに
「初物だから縁起がいいよ、ぜひ買っていきな」
なんて言われてしまうと嫌だとも言えず、割と高い値段でしたが、よせばいいのに購入することに。

それを今日の夕飯に天ぷらにして食べたんですけど、

正直、やっぱりまずい。

山菜は好物なんですが、やっぱりこんな時期外れに食べるんじゃなかったなと激しく後悔いたしました(^^;)。
そして更には、山菜の量が時期が早いだけあってほんの僅かでしたので、これだけではおかずにならないかと考えて玉ねぎを切って一緒に揚げたんですけど、仲間で火が通っていなくて生焼け、いやこれは半揚げなのか?
とにかく中がまだ生だったんですよ。
それを食べたらもう、胸焼けが酷くてノックダウン、食事処の話じゃない。
さっきまで具合が悪くて仕方がありませんでしたよ。
口の中は歯磨きしても玉ねぎ臭いし(^^;)。
生の玉ねぎって怖いですねw
新たまだったらいいのでしょうが、使ったのは普通の玉ねぎだったので、いやはやどうにも参りました。

皆さんも季節外れの山菜とか生の玉ねぎには気をつけて下さいw



2016-01-06 23:59 | カテゴリ:映画レビュー
昨年末に、以前より見よう見ようと思いつつもなかなか手が出ずにいたBlu-rayソフトの「ホビット エクステンデッド・エディション トリロジーBOX」を、ついに購入しました。
いや、こんなもったいぶって書くことでもないんだけど、値段がやっぱり1万円超えるとなるとなかなか手が出なくって二の足を踏んでいたものですから。
お正月は殆どこれを見て過ごしていました。



詳細な感想は後に譲るとして、率直な感想としては「よくこれだけの大作映画を作れたもんだな」ということでした。
なにしろ映画自体が三部作、しかもカットされた映像を含めた最長版、更には映画一部作がそれぞれ2時間半を超える長さですので、通して見ているだけで 時間がかかります。
ただ、その時間を感じさせないほど面白い映画に仕上がっているのは確かで、この辺りに監督・ピージャク(ピーター・ジャクソンの略)の手腕が現れているようです。

僕はこの原作に当たる「ホビットの冒険」を読んだことが何度かありまして、大体のお話の流れは知っていましたが、この作品はそれぞれ映画的なアレンジを加えつつも、原作を概ね忠実になぞっている作りになっています。
この辺りは「ロード・オブ・ザ・リング」の時にも感じましたが、むしろ結構退屈だったりする原作を、キャラクターや舞台設定の掘り下げを行ったり、随所に大胆なアクションシーンなどを加える事にによって、一流の活劇映画に仕立てている辺りは流石です。
まあ、ドワーフのボス・トーリンが見ていてとにかくイラつくとか(これは原作からしてそうなので仕方ない)、エルフとドワーフの恋模様とか、ガラドリエルが囚われのガンダルフを助けに来るとか、なんか合戦シーンが妙に軽く見えるなど、いささか鼻につく部分もあるにはあったのですが(映画的な見せ場なので必要な物だったろうとは思うのですが…)、それでも森に張り巡らされた蜘蛛の巣と巨大蜘蛛のイメージや、ドラゴンが湖の町を襲撃するシーン、エレボールの城門前で大軍勢が激突する場面など見ていて鳥肌が立つような思いに駆 られる部分が多く、大変楽しく鑑賞しました。
これはコアな原作ファンの人もちょっと文句を言えないような出来にはなっているんじゃないかと思いました。

そして、本編などよりもある意味興味深い内容だったのが、付録に付いてくる特典映像の方です。
いわゆるメイキングビデオなんですが、一部作につき10時間に及ぶというかなり長いものでデイスクも二枚組、情報量が半端ではない長さなので正直、見ているだけでも疲れるほどなのすが(^^;)、ピージャクの映画の作り方とか、キャラや舞台の掘り下げ方などの姿勢が非常に真摯で、キャラク ターなどを考える際に詳細な設定を作り込んでから形にしていくという辺りなどは非常に強い共感を覚えました。
やっぱりファンタジーってのはこうなんだよなーと一人で納得しておりましたw
軽いノリで作っても、世界観とか空気がペラペラになるだけだと思うのですよね。
いや、自分の作品がそういう確固たる世界観を築けているのかといえばそうではないと思うのですけど…僕の場合は剣と魔法の特徴に従った、言ってみ れば典型的な「TRPG」的なものですから。
しかしそれでも、そう思うのですよ…。
やはり細部にまでこだわって、国の歴史だの、住民の文化風俗だの、そういう物語には直接関わってこない部分や表に出てこないような部分でも細かく考えてこそ、「架空のリアリティ」「その世界の生活感」みたいなのが入り込む余地が生まれるに違いないと思うんです。
この考えは間違っていなかったと確信しました。

非常に創作心が刺激される映像の数々でした。
お値段は張りましたが、やはり購入してよかったと思います、
いいものを見させていただきました。
映画スタッフの皆さんに感謝。

2016-01-06 00:57 | カテゴリ:ご挨拶・告知
正月6日にして、ようやくお年賀のイラストを描きました。
というかずっと描いていたんですが誘惑が多く(「ホビット」のDVD見てまして…w)、ダラダラ今までかかったという次第です。
今年は申年ということで孫悟空をモチーフに使った方も多そうですが、ウチも例に漏れずすでに準備済み(もう大分昔からです…)の孫悟空キャラ「あいりんちゃん」を描きました。
背景は例によってネットの拾い物です。
年賀用の無料素材を使いました。

2016airin.jpg

しかし、久しぶりにイラストを描いたら手が全然動かなくて、思わず慌ててしまった(^^;)。
毎回毎回思うのですが、イラストは定期的に描かないとダメなようですね。
しかも構図とかポーズがキマらなくて非常に困りました。
長い棒を持った躍動感のあるポーズって、表現が難しいなぁ…。
槍じゃなくてあくまでも棒だから、それっぽい持ち方にしないと駄目だし(この絵がそれっぽい持ち方をしているとも思いませんが…)。
格好良く描くには、いくら三頭身だとはいえ、もう少し研究が必要ですねえ。

服装はもっと孫悟空ぽくしようかなとも思ったんですが、この子は女子プロレスのマニアというキャラなので(^^;)、プロレスラーが着るような水着にしました。
ああ、如意棒のようなものを持ってますが、これはプロレスの試合ではウルトラ級の凶器になるので普段は使いませんw
この子も色々とお話を考えているので、そのうち何かの形にできたらいいかなあと思います。

いずれにしろ、本年も当ブログを宜しくお願い申し上げます。

2016-01-03 00:48 | カテゴリ:ご挨拶・告知
2016年が開け、お正月も早や3日を過ぎました。
皆様、お正月をいかがお過ごしでしょうか。
ご挨拶がいささか遅れましたが、年初のご挨拶を申し上げます。

皆様新年あけましておめでとうございます。
昨年中は当ブログをご贔屓くださいまして真にありがとうございました。
本年が皆様に取られまして幸多き年となられますようご祈念申し上げます。
2016年も当ブログをどうぞよろしくお願い申し上げます。