2017-02-08 20:55 | カテゴリ:雑記その他
突然なんですけど、「けものフレンズ」という深夜アニメがあります。
最近Twitterなんかに流れてくるので知ったのですが(当然岩手では放送されていない)。
有り体に言えば、動物をめんこい女の子に擬人化したアニメです。

けものフレンズ公式サイト

いや、初めて知ったみたいな書き方なんですけど、実は随分前から存在自体は知っておりました。
実はこれ、アニメ以前にはスマホのゲームだったんですよね。
「ケロロ軍曹」なんかで有名な、可愛らしいキャラクターを書くことで定評のある吉崎観音さんという漫画家さんがキャラクターをデザインされて、そのキャラクターを使ったゲームだったんです。
ええ、いっときですが、私もこのゲームで遊んでいました。

ゲーム様式は横スクロールアクション…なのかな、けものフレンズ5人(5匹?)一組のパーティを組んで、画面の右端からあらわれる敵をボコボコに殴っていくような感じです。
けれども基本的にフレンズはまさに野生の自由人(?)なので、自分が操作することは出来ない。
彼女たちは勝手にわーっと走っていて敵をボコスカやるのです。
ならばプレイヤーは何をするのかというに、フレンズへ指示を出すだけなんですね(^^:)。
この子は殴られすぎてそろそろHPが危なさそうだと思ったら後退させるとか、タイミングを見て必殺技を出させるなど、まあそのくらいのことしか出来ない。
ですから横スクロールアクションの傑作「ファイナルファイト」タイプのものとはまったく違った印象のゲームです。
やってること自体は同じなんですけども…。
自由がそれほど効かないそんな感じの内容にもかかわらず、敵が異様に硬かったり、レアリティの高いフレンズが能力的に使えなかったり(必殺技が偏ってたり…)するので、スタッフさんには申し訳ないんですがそれほど面白いゲームとは思いませんでした。

それでも1年以上続けた理由は、やはり吉崎先生デザインのフレンズたちが、どの娘をとっても可愛らしく、それに惹かれたからでした。
彼女らのデザイン自体が美少女にアレンジしつつも、髪型や服装などにモチーフとなった動物の特徴がちゃんと活かされており、秀逸なんですよ。
ココらへんは、公式サイトの「けもの図鑑」で見られますので是非ご覧になって下さい。
ただ、UMAのツチノコはともかくも(個人的には絶対に実在していると思うぞ。酒飲んだり居眠りしたりはしないと思うけど…)、お稲荷様とか九尾の狐などの「動物」じゃない神様系や妖怪系が混じってるのはどうなのかと思いましたが…(^^;)。
ここまでお読みの方はお解りでしょうが、そうです、このゲームの面白さというのは、ぶっちゃけその内容じゃなくて、いかに可愛いフレンズを集めるか、そして彼女たちを鍛えて強くさせるかという部分にあったのですね。

しかしというかなんというか、フレンズの大半はガチャでしか手にはいらないのです。
まあ、中にはステージをクリアすることでもらえるような子もいましたが、魅力的デザインのフレンズ、能力的に強いフレンズ(当然高レア)のほとんどはガチャからしか出ない。
そのあたりは課金が前提のアプリゲームである以上仕方がないとは思うのですが…。
しかし肝心のガチャがとにかく渋くて、☆5のフレンズが出ない(^^;)。
プレイしつつなんとか貯めたガチャチケットを使って「☆4以上確定10連ガチャ」とかいうのを回しても、出るのは☆3が9個と☆4が1個という有様w
1年以上やって、ようやくの思いで手に入れた☆5はツチノコとなんとかタイガー(詳細失念)の二人だけだった気がします(^^;)。
しかも、ツチノコの方はゲームでも割合役に立ちますが、タイガーの方はまったく役に立ちませんでした(レアなくせにステータスもそれほど高くないうえ、必殺技が単体用なので、雑魚敵に数で押されるとたちまちやられてしまう)ので、もうがっかりw
こんなわけでありますから遊んでいるうちにどうにもイライラしてくるようになりまして、やめちゃいました。
それと、なんだか遊んでいるうちに運営が怪しくなってきて、今までアイテム有料制だったものを完全無課金に移行したり、それにともなってまったく内容の更新とかメンテナスがされなくなったりして、不安を感じたためもありました。

で、今日知ったんですけど、案の定というか、昨年の12月を持ってサービス終了したらしいのですね。
1月放送開始のテレビアニメに先駆けてサービス終了とかって一体何なんですかね(^^;)。
余程切羽詰まっていたんでしょうか…。
そしてそのアニメなんですが、今日はじめて先にご紹介したサイトでビジュアルを見てびっくり。

キャラが可愛くない!

ゲームの魅力のひとつであった吉崎先生のデザインが変な方向にアレンジされている…。
何故なんだ!?
いや、素人にはわからないいろいろな事情はあるだろうとは思うんですよね。この手のものを製作するってのは一筋縄ではないかない大変なものだろうとは思うし。
しかしあえて声を大にしていいます。

あのデザイン無くしてけものフレンズは成立しない!

アニメの製作者さんは万難を排してでもあのキャラクターたちを維持すべき。
というか、これまでの経緯とスマホゲームの内容を鑑みるに(アニメそのものを見ているわけではないので断言はできませんが…)、大して魅力のあるお話でもないはずですし、売りであった吉崎デザインを取ったら何も残らないアニメではないのでしょうか。
スタッフさんたちは猛省しなはれ!!
ちなみに私は

☆2のキンシコウと☆4のホワイトライオンが好きでした!

スポンサーサイト
2017-02-08 18:52 | カテゴリ:雑記その他
やあまた1週間もサボってしまって申し訳ない。
先日、車を探して貰っていた知人の中古車屋さんが見て欲しい車があると言って車を持ってきまして、購入について色々と話をさせてもらいました。
見せられた車は、先日もここに書きましたようにエブリイバンという軽の貨物用商用車です。
平成18年製というからもう10年以上も昔のもので、しかも走行距離約6万キロでした。
まあ5年位で乗り潰せるものを頼みますと言い置いてありましたから、そこに不満はありません。
ボディに目立った傷や凹み、汚れなどはなく、内装も年代の割に綺麗です。余程前の持ち主がきれいに乗っていたのでしょう。
もちろん商用車ということで荷物も積めると言うので、そろそろ本格的に決めねばまずい時期でありますし、さっさとその車に決めてしまいました。
これにカーナビとバックカメラ(バックでよく擦るので…w)を着けてもらうことにして、来週末には届くとのことです。
今まで老父の車を二人で使いまわしておりましたから、使いたい時に車が使えず大いに困ることもありました。
とりあえずそれが無くなるだけでも御の字です。
首を長くして引き渡しを待ちたいと思います。