2017-03-08 23:57 | カテゴリ:雑記その他
今更なのですが、今何かと話題のアニメ「けものフレンズ」の第1話をニコニコ動画で視聴いたしました。
プレミアム会員ではないので画質は割りとボロボロでしたが(^^;)、それでもどのようなアニメなのかはわかりました。
まだ第1話しか見ていないのですが、現時点での感想としては「割と面白い」です。
Wikipediaとか見てみると、この第1話は批評家、評論家という類の人たち(岡田斗司夫とか)から散々な批評を受けているようですが、僕は普通に楽しめました。
少なくとも、昔見た某TVアニメの第1話に感じた身の置き所が無くなるようないたたまれなさは感じられませんでした(あえてなんというアニメなのかは伏せますが)。
第1話で視聴者にこれという設定を教えずに突き放しておいて、後々少しずつ種明かしをしていくというシナリオのスタイルなのも、よくあるパターンですが面白いですね。
ネット上で様々な推論を読んでいるようですが、こういう盛り上がり方をさせるのって意外に難しい気がします。
制作側が設定や物語を練り込んでいる証拠でしょう。

以前このブログに、吉崎観音氏のデザインが秀逸すぎて、アニメ版のキャラデザが許容できないレベルで見苦しいと書きましたが、動いているサーバルとかを見たら割と普通に受け入れられたのは、ちょっと不思議な気がします。
なんでも3Dモデルを使っているそうですけれども、それがアニメの雰囲気に溶け込んでいて、逆に吉崎デザインを忠実に再現した3Dモデルであったら、却って陳腐に見えたかもしれません。
百聞は一見にしかず、ですね。
でもデザインそのものは、やっぱり吉崎版に軍配があがりますが…(そりゃそうか)。

ただ、サーバルの声の人が大根過ぎて失笑が漏れるレベルですね(^^;)。
これは素直にアプリ版の人にやらせてほしかったな。
謎の主人公(?)かばんちゃんの声の人が、アプリ版のパークガイド・ミライさん(ゲームにおける狂言回しキャラ)の声の人と同じだったのはなんだかうれしいです。
また、ラッキービーストの声が加工してあるけども明らかに同じ声の人なので、そのあたりからもかばんちゃんの正体が推察できそうです。

第2話以降がネットではお金払わないと見られなさそうなので、今後の視聴はできるのかどうか謎ですが(^^;)、近々Blu-ray も発売されるそうなので、財布に余裕がありそうなときにでも購入してみたく思います。

アニメ版けもフレ、良いじゃん。

スポンサーサイト
2017-03-08 17:10 | カテゴリ:雑記その他
ジャパネットたかたの通販で、親父が掃除機を買いました。
今流行の(?)サイクロン式掃除機というやつです。
これなんですけどね。


今まで使っていたのは、20年も前に購入した紙パック式でかなりの重さがある、いかにも旧態依然としたタイプの掃除機だったのですが、それがついにといいますかようやくと申しますか調子悪くなってきまして(^^;)、満足に動かなくなったため、今回の購入と相成ったわけでありました。
そのポンコツに近い掃除機を下取りして、価格から値引きしてくれるというあたりがジャパネットのありがたいところです。
ただしその場合、下取り品を箱かなんかに入れて梱包しないといけないみたいですよ。
その点は前もってジャパネットからも連絡がありましたので問題なく済みましたが、みなさんも下取りを出す際にはちゃんと梱包するおおきめのダンボールなどを用意されておいた方がよろしきかと思われます。

さて、到着したばかりの掃除機を早速箱から出して使ってみたのですが、評判に違わぬ凄まじい性能ですねw
びっくりするくらいゴミを吸います。
これがサイクロンの威力か、と感心してしまいました。
しかもやたらと軽いのです。
ゴロゴロと引っ張って歩いても重かった以前のものとは大違いです。
この軽いという所が、お年寄りや身体の弱い方にはありがたい話でしょう。
以前なら、これとほぼ同じような構造のダイソンの掃除機が、10万くらいしていたもしていたことを考えてみると、科学の進歩を感じます。
ちょっと大げさな言い方かも知れませんが、世の中、こういう平和な発明品だけが溢れてほしいものです。

しかしこういう掃除機を使っても、一度掃除したはずのところから、いつの間にかまた新しいホコリが出てくるというあの奇怪な現象をどうにも出来ないというのは何なんでしょうかね(^^;)。
ああ、それは私の掃除の仕方が悪いということですか。
すいませんw