2017-04-10 21:45 | カテゴリ:雑記その他
盛岡なんつう辺境最果ての地も大分温かくなってまいりました。

まあ今朝は気温-1℃でしたが。

日中は13~14℃まで上がりますので、それほどの苦痛は感じなくなりましたけれども。

で、陽気が大分春めいたせいか、虫が出てきて困るのです。
いや退屈の虫とかそういう意味ではなくて、昆虫の方です、インセクトです。
念のため(つか分かるよ普通)。
いや、僕が見えない部分ならコンチューが死のうが生きようが、別に構いやしないんですけども、わざわざ目の前に出てくるのでたまらない。
先程、晩酌後にくつろいでおりましたら、ブーンという嫌な羽音が聞こえ、なんだ!?と思ったらアナタ、どこからともなく飛んでまいりましたよ。

ウシアブが。

ウシアブってなんじゃらほい、という人は、ぜひぐぐってみてください。
その絶望的とも言える醜い姿に絶望するであろう(大袈裟な上に二重表現だよFUCK!)。
ああ、お断りしておきますが、風の谷のナウシカに出てくる方じゃないですよ。
間違えないで下さいよ(間違えねえよ)。

なんだろうね、こいつって真冬でもどこからともなく部屋の中へ入って来ることがあって(前は据え置き型ガスファンヒーターの排気管を伝って吹き出し口から入ってきたことがあって、度肝を抜かれた)天井とかに止まっているし、一体どういう生態をしてやがるんだと不思議でならない。
自分はあまり虫は好きではないのですが、よりにもよってなぜアブなんですかね。
ひとつやっつけてやれと思って、殺虫スプレーを取りに行って引き返してきたら、すでにどこに紛れ込んだのか姿が見えません。
恐れをなして逃げたかとも思うのですが、何ていうか、あんなのが家の中にいるかと考えたら気が落ち着きませんね。
たかが虫だろうに、何を大袈裟な…と思われる方もいらっしゃいましょうが、アブってね、ハエの親分みたいな姿してるくせに、刺すんですよ。
刺されるとものすごく痛いの(^^;)。
しかも吸血昆虫なので血を吸うんですよ。
刺されてもその場は痛くない蚊のほうが大分マシですよ。
寝てるうちにプスリとやられたりなんかりしたらたまらんです、ほんとに。

春は本当にいい季節なんですけども、虫も出始めるというのは嫌ですなあ。
これからの季節、奴らの襲撃に備えねば!

スポンサーサイト