2017-12-06 10:15 | カテゴリ:歴史
*九戸彦九郎実親、討たれるの事

<実親、信直を計る>

 九戸彦九郎実親は南部家の家督を望んでいたが、北、南、東の計略によって信直が総領となり三戸城へ入城したため、実親は従うふりをしていたものの、内心では家督への野心を捨てていなかった。
 それについて実親に同調するものも数多くあり、彼らは、
「表面上は信直に帰服したようにふるまっても、心には虎や狼のような害意を忘れてはならない」
とささやき交わしていた。中でも七戸彦三郎家国は信直に従うことを不本意に感じていたため実親と協力し、密かに実親の意を受けて3月3日、信直を馬場野の屋敷へ招待し、射的の遊興を催した。
 
信直はこれが謀略であるとはつゆ知らず、馬場野の舘に出かけて行った。同行したのは北彦助愛一、同主馬秀愛、東彦八郎重康、毛馬内権之助政次、三上才兵衛、金田市之助、佐々木上野介、同左馬之助などの若侍たち17名ほどである。
 九戸実親はこれを知って大いに喜び、
「おお、これぞ天が我に三戸城を与えたもう好機である。即刻襲撃して討ち取るのだ」
と、武田菱や鐘の白旗を東風に翻し、百五十騎の兵を率いて馬場野の館へ急行した。
 
 馬場野の舘では大将の信直を始め一同の者は何も気づかぬまま、射的の宴に興じていた。
 百歩離れた場所から柳の葉を射抜いたという古代中国の武将・養由基(ようゆうき)の業を真似て弓を引き、正鵠(せいこく)を失して(注・的の中央を外すの意味)武技の未熟を恥じるものや、あるいは桃の花を浮かべた酒を飲み、曲水の詩を詠じる者もいて、それぞれが様々な風流を楽しんでいた。
 
 ちょうどその頃、九戸実親の密謀を伝え聞いた木村又助という者が、急に馬場野へ現れて密かに信直へ面会し、
「九戸実親が本日、ご主君を討ち取ろうと企てて手勢を集め、只今ここへ向かっている途中でございます。速やかに三戸城へお戻りになられ、敵をお討ち取り下さい」
と囁いた。信直はこれを聞き、
「なるほど」
と合点して、急ぎ三戸城へ帰還した。
 これを知らない実親は、手勢とともに馬場野の舘へと急いだ。

スポンサーサイト