FC2ブログ
2018-06-09 04:18 | カテゴリ:雑記その他
blondmaniax

@JOKER05915511 鍵垢なので書いちゃいますが、大昔絵の参考にしたくて外人の幼女のヌード写真集を買ったことがあります。もちろん今はもう手元へないのですけど(故郷へ転居の際ゴミに捨てました)、あれも今は相当問題あるでしょうね。その手の本が平然と売られていたというのも、良くも悪くも大らかな時代でしたね。
06-08 23:14

@Rakshasa_JP 最後に北方の蕎麦屋へこれまで世話になった店主たちが集まってくるところはちょっと感動してしまいましたが、彼らの問題提起や決起の声に対して「お客のために店に帰って料理を作りなさい!解散!」と言うここまで話を盛り上げておいていきなり落とすあたり、ちょっと笑ってしまいした(^^;)
06-08 23:06

@Rakshasa_JP 先ほど最終巻を読んできました。一見ぶっきらぼうに見えて突き放した発言の多い北方は、「料理を作って客に食べさせる」と言う部分も含めて愛の溢れる人物なんですよね。「食べる人の事を考えてこその料理だ」というような台詞には、自分も料理が趣味なものですから、心打たれるものがありました。
06-08 23:01

何を言ってるかわからねぇという人はマンガ図書館Zで先日亡くなられた土山しげる先生の傑作「食キング」が全巻無料で読めるから読んでみてください! 多分僕が何を言いたいのか解っていただけると思います。
06-08 20:46

マンガ図書館Zの「食キング」が面白すぎてついつい時間を忘れて読んでしまう。この漫画の良いところは、登場人物ほぼ全てのキャラクターの根底には「他人への愛」があるところ。だからどんな悪役シェフでも、北方の叱咤で目が醒め、涙を流して改心する。そういう意味で北方は「愛の伝道師」だと思う。
06-08 20:42

スポンサーサイト