2015-11-08 19:10 | カテゴリ:雑記その他
みなさんは「ピーナツかぼちゃ」なるものをご存知でしょうか。
僕はまったく知りませんでした。
今回それを知人からもらって初めて、その存在を知ったという感じです。


こんなのです。
なるほど、確かになんとなく落花生の形に似ているようにも見えます。
形がピーナツみたいなのでこういう名前だそうで、別に味がピーナツに似ているというわけでもないらしい。
当たり前か。
余談ですが、果物のように大変よい香りがします。

2_20151108182624344.jpg

この南瓜、てっきり僕はミニかぼちゃとかみたいに観賞用で食べられないのだろうとばかり思っていたのですが、知人曰く、普通に食べられるのだとか。
ただ、大きさはそれほどないので、多分食べごたえはないでしょう。
そんな貧弱で奇妙なかぼちゃを煮物にしても仕方がないので、これを潰してパンプキンケーキを作ってみることにしました。

クックパッドで適当にレシピを漁り、材料を揃えて調理開始です。
まずはかぼちゃを割ります。
3_20151108182625d19.jpg
割るとこんな感じ。
オレンジ色の果肉が鮮やかですね。
ワタは膨らんでる部分にだけしか入っていないのか。
ヘチマやボーヤのように全体に入っているのかとなんとなく思ってましたが。

4_20151108182627a5a.jpg
ワタを取ったらこうなりました。
なんかスープ皿とかに良さそうw
まあ小さいのでスープ皿にしたところで大して量は入らないと思いますけど、ハロウィンのランタンなんかにも良さそうですね。
膨らんだ部分に顔を描いてくり抜けば、ちょっと変わったジャックオーランタンになって面白いんじゃないでしょうか。
で、この南瓜を適当に切り、ラップを掛けて電子レンジで10分位加熱。
柔らかくなったところで皮を剥き、ボウルに開けてスリコギで潰します。
そこへ砂糖、牛乳、卵、小麦粉、バニラエッセンスを入れ、ハンドミキサーでよく混ぜたらケーキ型へ流し、180℃のオーブンで55分加熱。

5_201511081826282a9.jpg
そうして完成したのがこれです。
見るからにオレンジ色で、いかにもかぼちゃといった感じ。
焼き上がったら濡れ布巾の上に型を置いて、しばらく落ち着かせます。

6_20151108182707bd9.jpg
2時間位置いて粗熱が取れたので、皿に移してみました。
今から切ってみますぞ。

9_2015110818271161f.jpg
ナイフで切り分けると、外は砂糖がカラメル状になってカリッとした感触ですが、中はかなり柔らかく弾力があり…なんとなく餅や求肥を思わせるような感じになっていました。
検索したレシピが「かぼちゃのプリン風ケーキ」というものだったので、作る前は一体プリン風とはいかなることか?と思っていたのですが、実際に作ってみて納得がいきました。
8_20151108182710f42.jpg
中身はあのかぼちゃと同じオレンジ色です。
それに卵の黄色も入ってますから、色はより鮮やかになったかも。

10_201511081827133f3.jpg
3時のおやつに両親とともに食べましたが、かぼちゃの風味はそれほどしませんでした。
やはりかぼちゃが小さいので、量が足りていなかったのかもしれません。
甘みもそれほど感じられず(砂糖は70グラムも入っているはずだが…)ケーキらしいケーキには思えませんでしたが、そこがまたよい感じで、先に書いた通り食感がぷよぷよで面白い。
この食感や歯ごたえは何かに似ているなと思って食べておりまして、はっと思い出しのは、フレンチトーストですね。
卵と牛乳に浸けて焼いたあの食パンの感触に似ているのですよ。
まあ、だからどうした!ってわけでもないですがw
おやつとしてはなかなか美味しく食べることが出来ました。
おそらく、かぼちゃの代わりに、芋や栗などでんぷん質の野菜を使えば応用が効くレシピだと思うので、今度はさつま芋か何かで作ってみようかなと思います。




関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1033-80cda231