2015-11-15 01:21 | カテゴリ:雑記その他
このブログでも何度か書いたと思うのですが、昨年末から今年にかけて、親戚縁者が4人もなくなりました。
まあ、いずれも歳相応ですし、ぶっちゃけ親しい親類でもないので悲しくもなんともないのですが、この時期面倒なのが年賀状ですね。
日本には年賀状なんていう慣例があり、しかも先年に身内の不幸があると「おめでとう」とか言えない風習があるので、めんどくさいことにこの時期は「年賀ご遠慮」のハガキを刷らねばならぬのですね。
そこで必要にかられて急遽はがきを印刷することに相成った次第。

とはいえ、プリンタは以前もブログで書いたように(←しつけえよw)現在ぶっ壊れているので、やむなく新しいものを購入することに。
そのプリンターがAmazonから先日到着したのであります。
今度のはAmazonで3000円ちょいで投げ売りされていた型番落ちの一品、本当に印刷機能しか備わっていないシンプル・イズ・ベスト(??)なものです。
いえね、実は品物が届くまでてっきり複合機だと思っておりまして、、新しいプリンタが来れば古いのはいらないな、とばかりにゴミに出すことばかり考えておったのですが、到着してみて本当に「プリント機」だったことを知りいささか動揺w
まあ考えて見れば、確かに3000円で複合機とか売りませんわな、さすがにAmazonでも。
それはそれとしてプリンターをノートPCへ接続し、設定は完了したのですが、これで印刷はできるとしても、複合機じゃないもんだから、当たり前だけれどもスキャナとして使用できないわけです。
なので、以前使用していた複合プリンタが捨てられなくなってしまったわけで、仕方がないからそのままスキャナーとして使うことにしたのですが、今度は置き場所の問題が浮上しまして、ああでもないこうでもないと大掃除(^^;)も兼ねて一日部屋をかき回しまして、なんとか座りの良い配置を決定しました。

やれやれこれで一安心と思ったのですが、今度は新たな問題が出てきました。
果たしてそれは何かというに、はがき作成ソフトの問題です。
僕が今使っているノートPCは元々サブマシンとして使用していたものなんですが、タワー型の本機(こういう言い方も変だが…)が壊れたので、急遽使い始めたものなんです。
その辺の経緯はブロ(以下略)。
したがってOSも性能もタワーの方とはかなり違うのですが(むしろ良くなった…w)、操作や使い勝手も全く変わってしまったのです。
で、それまでタワーのほうで年賀状作成などに使用していたはがき作成ソフトは「筆王」というものだったんですが、自分はそれを20067年位に購入してからずっと使い続けてきまして、いい加減扱いが慣れてきたかなという時期になって、インストールしているタワーのほうが壊れて使えなくなったわけです。

そこで、今度はノートの方に抱き合わせる形でインストールされているソフトを使わざるを得なくなったわけですが、そのソフトが「筆ぐるめ」というソフトなんです。
最初はなるほどただで入っているものならお得だのう…などと思って気にもとめずにおったのですが、いざ実際にそれで何かを作ってみようなどと思えば、当然筆王とは扱い方から何から全く違っているわけでして、正直言って使い方がぜんぜんわからない。
しかも、筆王に比べるとオニのように(懐かしい表現だなこれもw)使いづらいんです。
もちろん、こういう言い方はいささかアレかとは思いますが所詮はがき作成ソフトなので、根本的な部分には大した差はないのですけれど、細かい部分にまで配慮がなされていないと言いましょうか、痒いところまで手が届かないというやつでして、とにかく使いづらいんですよ…。
慣れというやつは恐ろしいものだと思いもするのですが、それより先に
「なんでこんなことが出来ないんだよ!筆王では普通にできたぞ!」
とばかりにもうイライラとしてまいりまして、はがきを作るどころの話じゃないw

それでもなんとかハガキは書き終わって、今度はそれを印刷するという段になったのですが、その印刷がどうにも…というかこの上もなく不便でして、筆王ならパパっとボタンを押していけば、簡単に印刷する宛先の取捨選択などができたんですが、こっちはそうも行かないんです。
ん?あの操作をするにはどうしたいいのかな?なんでこれがこうなるんだ?とばかりに困惑することばかり。
いや、多分きちんと操作方法を調べたら普通にできることなのでしょうけれども、なにしろ抱き合わせのソフトだし、マニュアルもネットで読む方式の電子マニュアルしかないものなのでよくわからないわけです。
おかげではがきを二枚ほど無駄にしました。

なんというか…先にも申しましたが慣れというものは全く始末に終えないと思うのですが、もうちょっと分かりやすく作ってくれてもいいのでは?などと思ってしまいまして、怪物くんではないけれどもたちまちオツムが大噴火しそうで甚だ困りました。
もうね、年賀状シーズンになると、1500円位で筆王の安いやつあるが本屋なんかに出るじゃないですか、あれを買ってきてPCに突っ込んじゃおうかと思います。
無意味に苛々するよりはマシでしょうしね。
全く関係ないですが、筆王のパッケージってベッキーが写真モデルになっているんですね。
この子はアイルランドの人が親父さんだそうですが、なるほど顔をよくみたら目が灰色なのね。
今の今まで気づかなかったわえ。
いや、別にだからどうした!という話なんですけど。

しかしこんな本当につまらないことで一喜一憂してる自分は正真正銘の馬鹿、阿呆、小人(コビトではなくショウジンと読む)なのじゃないかと思うと呆れますし悲しいですねwwww






関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1035-f54d0d05