2015-11-16 17:03 | カテゴリ:怪奇
先日、光回線をauに変更したという顛末をここに書きました。
その際、auひかりTVとかいうサービスに加入すれば2ヶ月間無料!しかも現金5千円キャッシュバックいたします!…なんて言われたのでそのカネに目がくらみw、お試し導入してしまいました。
光回線のルーターからケーブルを引っ張ってきてチューナーに接続するという、言ってみればケーブルテレビみたいなものですね。
僕は普段あまりテレビなどは見ない方なのですが、せっかくつけたのだからお試し期間終了まで見なければ損だろうという貧乏根性を出しまして、最近ちょこちょこと見始めるようになりました。
もっとも、スポーツ中継とかはそれほど興味が無いので、見ているのはもっぱら海外のドキュメンタリー番組を集めたナショナルジオグラフィックチャンネルとか、ディスカバリーチャンネルなどばかりなのですが。

それで、そのディスカバリーチャンネルの番組の中に「怪奇現象の研究」というものがあります。
タイトルには「研究」などと着きますが別に研究番組ではなく、アメリカ各地で起こった怪奇現象を再現ドラマで見せるというものでして、日本で言えば昔懐かしい「あなたの知らない世界」とか、最近では「ほんとにあった怖い話」なんかと同じ系統です。
この番組を割とよく見ているのですが(というか、見始めてまだ2回目ですが…)、これがなかなか面白いのです。

まず見ていて思うのが、お国柄の違いでしょうか、日本の再現ドラマとは違う部分がかなり多いことです。
まず、物語の体験者…体験談の投稿者ということになるのでしょうね、とにかくそういった人が番組に登場します。
これには結構驚きました。
日本の場合は証言者本人は匿名ですし、顔出しもしませんよね。
出てきても顔にはモザイクがかかり、声はボイスチェンジャーで変えられます。
もちろんこれはことが心霊現象という、科学では割り切れない、また認められてもいないという超常現象を扱っているため、下手に顔出しなんかをしたらあいつはキチガイだというレッテルを貼られてしまうからです。
言ってみれば経験者のプライバシーを守るためなわけですが、これに対してこのアメリカの番組では、ドラマの合間に体験者本人が顔出しで登場して自ら体験を語るのです。
先にも書きましたがこれは日米のお国柄の違いというやつですし、どちらがいいとか悪いとか言うべきことでもないでしょうが、いずれにしろ、この顔出し出演が番組の超常的な内容に一種のリアリティや信憑性みたいな効果を与えているのは確かです。
プライバシー保護に関しては日本なんかに比較しても遥かに厳しい考えを持っている米国においては、体験者が顔出しで語るということ=話が本物だという責任を持つと宣言している、ということを指していると思います。
万が一嘘であったとこが後でバレたら、その人は周囲に顔が知られている以上かなりのバッシングにさらされることは目に見えていますし、誹謗中傷を受けるわけですからね。

そして再現ドラマも実に「真面目」な作り方をしています。
「あなたの知らない世界」はそうでもなかったですが、「ほん怖」なんかは、怪奇現象を語ろうとする以前の問題として、出演番組や映画の宣伝を狙ってタレントを役者に起用したり、視聴者をどういう風にドッキリさせてやろうかというスタッフの目論見があるので、再現ドラマに露骨なCMや下らないギャグが入ったり、筋書きにや人物の行動に整合性が無かったりと、どうしても白々しく、突っ込みどころが満載な内容となりがちです。
まあ、視聴者の方でも、好きなタレントさんを見て悦に入ったり、お化けがバァーと出てきたのを見てキャッ!とびっくりできればいいや、という感覚で見ているわけですから、それが間違いだと言うわけではありません。
しかし同じ再現ドラマでも、この「怪奇現象の研究」にはそれが一切ありません。
この番組では、あくまでも体験談に沿って一切のケレン味を廃して再現ドラマを構築し、証言者の奇怪な経験を視聴者へ視覚的に見せようと努力している。
このスタッフの真摯な姿勢が、物語に静かな恐怖や真実味を生んでいるのです。
それにドラマにも、有名な俳優とかタレントは一切出ておらず、出ているのは多分向こうでもそれほど有名ではない、けれども結構実力のある役者ばかりです。
そこがまた地味な絵柄ながらもリアルな雰囲気を生んでいて良いのですよね。

まあ、日米どちらの番組の作り方が正しいのかということはもちろん言えませんが、個人的にどちらが好きかといえば、断然に米国の方です。
日本でもこういう感じの心霊番組が作られないものだろうかと思います。
まあ、作ったところで視聴率は取れなさそうなのでw、BSとかの方でもいいからなにかやってくれませんかねえ。




関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1036-03c231bd