2016-01-07 23:58 | カテゴリ:雑記その他
昨年末からこのところ、この北国でも冬とは思えないような暖かさの日が続いています。
普通なら、今時は日中の気温0℃、朝方はマイナス5℃とかあるはずなのですが、今は昼間の気温が3℃前後、朝は冷えてせいぜいマイナス1℃くらいなのです。
もちろん寒いのよりも温かい方がいいのですが、やっぱり身体の慣れというか、生まれて40ウン年の間に形成された「寒さの感覚」みたいなものがガタガタになる感じで、どうにも違和感を覚えます。
確か記憶によれば、今から10年ほど前にもこのような異常気象の年があり、そのときには2月の真冬にワラビが生えるという恐ろしい気候でしたが、もしかしたら今年もそうなるんじゃないのかなといささか不安に思っています。
寒いのも暑いのもウンザリですが、やはり季節は季節らしい陽気になってもらわないと、体調を崩しやすくもなりますし、何よりどうにも気持ちが悪いですよね。

そういう気候のせいか、八百屋を覗いたらなんともうフキノトウやらタラの芽やらが売られていました。
もちろん自然に出たものではなくて栽培でしょうが、それにしても時期が早すぎです。
大抵は3月から5月くらいにかけての山菜ですからね。
そんなのは旬じゃないので、食べたところで美味しくないに決まってるんですが(ただ物珍しいので料亭なんかでは出すでしょうけど)、八百屋のバアサンに
「初物だから縁起がいいよ、ぜひ買っていきな」
なんて言われてしまうと嫌だとも言えず、割と高い値段でしたが、よせばいいのに購入することに。

それを今日の夕飯に天ぷらにして食べたんですけど、

正直、やっぱりまずい。

山菜は好物なんですが、やっぱりこんな時期外れに食べるんじゃなかったなと激しく後悔いたしました(^^;)。
そして更には、山菜の量が時期が早いだけあってほんの僅かでしたので、これだけではおかずにならないかと考えて玉ねぎを切って一緒に揚げたんですけど、仲間で火が通っていなくて生焼け、いやこれは半揚げなのか?
とにかく中がまだ生だったんですよ。
それを食べたらもう、胸焼けが酷くてノックダウン、食事処の話じゃない。
さっきまで具合が悪くて仕方がありませんでしたよ。
口の中は歯磨きしても玉ねぎ臭いし(^^;)。
生の玉ねぎって怖いですねw
新たまだったらいいのでしょうが、使ったのは普通の玉ねぎだったので、いやはやどうにも参りました。

皆さんも季節外れの山菜とか生の玉ねぎには気をつけて下さいw



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1059-d18b7305