2016-01-21 22:46 | カテゴリ:雑記その他
今日、僕宛に一枚のハガキが届きました。
そのハガキの差出人は、まったく知らない人…いや、人というよりも会社からなのですが、いずれまったく心当たりはない名前です。
一体なんだろうと思って文面に目を通すと、

「先日は数あるショップより当社をお選び頂き誠にありがとうございました。
先日のご注文は、ご期待に沿ったサービスを出来ておりましたでしょうか。
まだ行き届いていない点があろうかと思いますので
何かお気づきの点がございましたらなんなりとお申し付け下さいませ」
等と書いてあります。


僕はネットショッピングは結構するほうかなと思いますが、人にネットでギフトを送ったことなどないですし、この社名にもまったく心当たりがありません。
記載のHPのアドレスを見ても覗いた記憶はないですし、一体何の話なのだろうかと、まったく不思議でなりません。
何かの間違いかと最初は思っていたのですが、ハタと気が付きました。
この場合は、もしかしたら間違いというよりも、何らかの理由でこちらを引っ掛ける魂胆で、何処かの名簿とか電話帳なんかにあった住所へ、ハガキを手当たり次第に送りつけているのではないか、と。
なんか宛名も手書きではなく(裏の文面は手書きを装った印刷のようです。インクの滲みやシミ、筆圧の跡がないのでなんとなく分かります)いかにもまとめて印刷しましたっていう機械的な印字シールですし、怪しさ大爆発。

万が一問い合わせや返信などしたら、引っかかったなとばかりに詐欺に巻き込まれるのではないでしょうか。
今そういうの流行ってるみたいですしね…。
それは考えすぎにしても、こういうわけのわからないはがきを送ってくる会社は信用出来ないので、無視することにしました。
しかし本当に生き馬の目を抜く世の中だ。
油断も隙もない…。
いや、別に油断してるわけではありませんが。

皆さんも怪しいハガキにはくれぐれもお気をつけ下さい。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1063-78fedc20