2016-02-21 01:57 | カテゴリ:雑記その他
今日はいささか思ったところを書く事にするぞい。
まあ、愚痴じゃな、泣き言じゃよ。
そんなもん読みとうないというお方はもちろん読まれずとも結構じゃよ。





最近どうも自分の創作が上手く行かずに困っておった。
表現したいものは見えとるんじゃが、それははっきり形にすることができんのじゃ。
そうしているうちに停滞とか行き詰まりとかもうダメなんじゃないのかなーなどというネガチーブな感傷にとらわれてしまい、書きかけの小説やら落書きやらの筆が全く止まっておったのじゃよ。

憂さ晴らしに鮭…もとい酒を飲んだときなどは、妙に発奮して筆が異様に進むのじゃが、翌朝酔いが醒めてからあらためて読み返してみるとこれが酷いのなんのでのう。
こんなことを続けていてもどうにもならぬ、やるなら真面目にやらねばならぬと思ってみたりもするのじゃが、ついついTwitterやYou Tubeやスマホのゲームなどに逃げ込んでしもうてのう。
敵前逃亡じゃハハハこやつ負け犬じゃ、という有様じゃった。

ところがじゃよ。
先日のことじゃが、同じ創作を趣味とする心の友H氏からメールが送られてきてのう。
そこには最近わしが作品を書かぬのでいささか心配しており、作品を最後まで書き上げることには大いに意味があるので、頑張って書きなさいという励ましと叱咤の言葉が綴られておった。
わしはこのメールが心に響いてのう。
早速わしも書き始めたのじゃがこれがまたあんた、全く上手く行かんのよ。
やはりこれはダメかのう…などとまたネガチーブな気持ちになりかけておった。

ところがそんなところに先日また、氏からメールを頂戴したんじゃよ。
それによれば氏が書かれておる面白い小説はとうの昔に完結しておるばかりか続編にまで取り掛かられておられたのじゃな。
ついては是非感想を聞きたいので読んでお呉れんかいなもし、という内容じゃよ。
わしはこのメールもなにやら心に響くものがあってのう。
しかしアレじゃ、なかなか腰が上がらんかったのよ。
というのもなんだか怖かったんじゃな。
氏の、わしのひとつもふたつも前を行っておる文章やら発想力やら構成の巧みさなんかを認めるのがのう。
そこでグズグズしておったのじゃが、ついにきょうその作品を、久しぶりに訪問した某小説系サイトで拝読したのじゃよ。
予想通りドラマチックで素晴らしい出来じゃった。
それを楽しく拝読しているうちに、才能とか努力の差を見せつけられてがっかりするかと思っていたら、これがまた逆に、なにやらわしも根性入れねばならぬ、もう一花咲かせなくてはならぬという(つうか、まだ花咲かせとらんがのう…)妙にハッスルするような感情がムラムラと湧き上がってきたのじゃな。
つまり大いに良い刺激となったのよ。

ありがたいことじゃのう。
やはり持つべきものは友じゃのうと思うたよ。
わしも頑張らにゃならん、投げやりになっちゃいかん希望を捨てちゃいかん。

というわけで今書きかけの小説の続きを書いておるよ。

じゃが全くうまく行かんのよwww

やる気が出てもそう簡単にうまくいくもんでもないんじゃな。
世の中うまくいかんもんじゃのうハハハ。
じゃがこれに懲りず、しばらく頑張ってみることにするぞい。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1091-eb93003e