2016-02-27 23:52 | カテゴリ:雑記その他
久しぶりに焼酎が飲みたくなったので、量販店まで買いに行きました。
普段は芋焼酎…しかも一升で1000円位のクズみたいなのしか飲んでないのですが(^^;)、今度はちょっと気色の変わったのが飲みたいななどと思いまして、色々と探してみたのですが、焼酎というのはやたら種類が多いくせに結構お値段が貼るものばかりで、これという手頃なものが見つかりません。
結局めんどくさくなってしまって、変わったものどころか、安焼酎の代名詞「大五郎」を購入してしまいました。
いや、安いんですよ一升で1000円しないものw
結局最後はそこかよ、と自分のケチさ加減には呆れてしまうほどですが、まあ帰宅してから晩酌で早速ロックにして飲んでみたんです。

そうしたら、なんと驚いたことに味がないんですね、この焼酎。

しかもアルコール度数が20度もあるくせに、飲んでも全然酔わないんです。
もうちょっと飲み口が酒臭いだろうとか、飲めば酔うだろうとか思っていただけに、結構ショックでしたw
いや、そういえば昔買った時に同じことを思って、それ以降買っていなかったんですよね…w
そいつをステンと忘れておりましたわい。
それがわかったのはいいんですが、さて明日からどうやってこれを消費したらいいのかと思いまして、なにかいい方法はないものかと、ちょっとググってみたんです。
そうしたらヤフー知恵袋などにも
「大五郎はどうやって飲むのが美味しいのでしょうか?」
という質問が結構あってw、いやあ、皆さん苦労されてるんですなーと妙に感心してしまったのでした。
しかたがないので、明日ホッピーとかハイサワーとか、何か割ることができるようなものを買ってきて飲もうかと思います。
しかし安酒なんて買うもんじゃありませんねえ(^^;)。
量が少なくても、若干高くても、ちゃんと美味しく飲めるものを買ったほうが良さそうです。


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1098-98b85ea9