2016-03-24 23:08 | カテゴリ:雑記その他
いささか汚いお話になりますので、お読みになられる方はお気をつけ下さい。


私の父が、どういうわけか最近鯖寿司に凝っています。
棒寿司ではなく四角い押し寿司で、上に昆布が乗っているいわゆる「バッテラ寿司」というやつですね。
買い物へ出かけると必ず買って帰ってきて、連日のように夕飯に食べていたのですが、今日その鯖寿司に逆襲されました。
昨晩遅くから今朝にかけて、もう上から下から酷い戻しようで、トイレにでたり入ったり、挙げ句の果てには間に合わなくて廊下へぶちまけたりと、もう目も当てられない。
あまりに症状が酷いので最初は病気か何かを疑ったのですが、吐瀉物がまさしく鯖寿司であったので(^^;)、原因は食あたりと判明。
本日は午後より父が持病の診察で病院へ行かねばならぬ日だったので、ついでに診てもらってくるように言いましたが、病院での診察も食あたりだったらしく、点滴一本して薬をもらって帰ってきました。
鯖はやはり青魚特有のアクの強さがあり、またこってり脂の乗っている魚ですから、好きな人でも油断をしたり、体調が思わしくなかったりするとこういうことも起きるのでしょうね。
父はもう気息奄々、後始末や看病に追われた私たち家族もクタクタに疲れきりました。
鯖なんて毎日食べるもんじゃないですね。
もう暫くの間は、鯖なんて見るのも聞くのも遠慮したいです。
みなさんも鯖を食べるときはくれぐれも気をつけましょう。



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1122-c8a9252c