2016-03-25 19:04 | カテゴリ:雑記その他
先日、また庭にバッケが生えているのを発見しましたので、今度はてんぷらではなくバッケ味噌にしてみました。

バッケ味噌は、いわゆるふき味噌というやつです。
ふき味噌と聞けば、なんとなくお分かりになる方も(多分お酒の好きな方なら特に)おられるのではないでしょうか。

作り方は各家庭によって多少差異があると思いますが、うちの場合はバッケをよく洗い、ゴミとはかまを取り除いたものを、沸騰させた塩水で2分ほど湯がいてアク抜きします。
それからバッケをよく絞って水気を拭いたものを包丁でみじん切りにします。
フライパンに少量の油を引き、小口切りにした鷹の爪を炒め、そこに微塵に切ったバッケを投入。
ある程度香りが出てきたら、鰹だしの素を溶いた水と味醂、砂糖、味噌を入れてよく溶かします。
隠し味には少量の醤油、胡椒などを使います。
あとは好みの硬さになるまで焦げないようによく練りながら炒め、最後に胡麻油を少しと入り白ごまを入れて混ぜあわせたら完成です。。
そのまま食べてもいいですし、ご飯や奴豆腐の上に乗せてもおいしくいただけます。


 
存外な量が出来ましたので、知人におすそ分けしようと三つの器に分けて盛りました。
いざ持って行ったところ、
「山奥までバッケを取りに行ってきたと言えば有り難みも増すのに、庭で取れたなんて聞くとなんだか有り難みが薄れるなぁ」
なんてからかわれましたが(^^;)、今年の初物だと言って喜んでくれましたので良しとしておきますか。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1123-a9d5851d