2016-06-10 22:43 | カテゴリ:雑記その他
夕飯の買い物に行ったスーパーで、1個98円で投げ売りされていたカップラーメンを購入した。
そして夕飯にそれを食べることになった。

いや、念の為に書いておくが、僕は酒飲みということもあって普段は夕飯にカップラーメンなんぞ食べない。
けれども、今日はやむを得ないわけがあった。
まあそんなに大した理由じゃないのだが、実は夕飯前…だいたい5時くらいに軽い眠気に襲われて、ちょっと横になろうかなと思って寝そべったら、なんとそのまま爆睡してしまい、気がついたら7時を回った後だったのだ。
おかげでまともな食事が支度できなかったのだ。
それで、仕方がなくカップ麺を食べることになったわけである。

食べたのは、日清食品の
「とんがらし麺 激辛麻婆豆腐」
とか言うやつだった。
このとんがらし麺というラーメンは以前も食べたことがあるんだけれども、辛いには辛いがスープの中に独特のコクみたいなのがあってなかなか美味しく(有名な「北極ラーメン」とか、「蒙古タンメン」とか、ああいう感じの味わい)、それと同じとんがらし麺なら、多分これもうまいのではなかろうかと思って購入したわけである。

で、早速食べてみたんだけれども…これがなんとも恐ろしいカップ麺であったのだ。
僕が期待していたあの海鮮風味のコクはなく、以外にスープはさらりとしている。
そして辛い。
いや、辛いというのは最初からわかっていたのだけれども、その辛さが僕が想像していたものとはどうも違うのだ。
だいたい、辛さ自体が唐辛子系のジワーっとくるような辛さではない。
そして匂いがかなりきつい。
もちろん悪臭ではない…スパイス系の香りなのだ。
そう、それは山椒の匂い、そして辛さなのだ。
舌先にビリビリ来る、口中を刺してくる感じのあの辛さ。
そのレベルが激辛どころの話ではない。
超辛…いや、鬼辛である。
とにかく辛いのだ。

これには参ってしまった。
いや、辛いのは嫌いではないし、最初から辛いラーメンだと思って購入したので、その点で文句はない。
ないのだが、実はわたくし、山椒が苦手なのであった(^^;)。
麻婆豆腐に入れられている香りづけの花椒程度なら問題ないのだが、このラーメンはそれどころの話じゃない。
もう最初から山椒がドバっと入っている感じなのだ。
そして繰り返すが、辛い。
とにかく辛い。
食べているうちに汗が噴き出してきて、おまけに胃もギリギリと痛くなってきた。
そして食後から2時間以上経った今も、未だに胃の焼けるような痛みが続いている…。
いやはや参った。
本当にこいつは参ってしまった。

実はこのラーメンと同じものをもう一個買ってきてあるんだが、それはしばらく食べないでおこうと思う。
みんなもカップラーメンにはくれぐれも気をつけてほしい!!
カップラーメンには罠がいっぱいなのだ。




関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1152-17619edf