2016-06-27 00:12 | カテゴリ:雑記その他
今日というかもう昨日になりますが、夕飯の買い物にスーパーへ行きましたところ、豚のパイカ、という聞きなれない食材が売られていました。
パックのラベルには「豚の軟骨(パイカ)」と書かれており、一体なんだろうと思って、その場でスマホをぐぐってみたところ(こういう時は便利ですね)、どうも豚バラ肉の軟骨が付いている部分のようです。
そういえば、燻製にしてベーコン状になったものを、細かくスライスしたおつまみを何度か買ったことがあるのですが、あれのパックには「豚バラ軟骨」と書かてありましたっけ。
つまりあれの原料だな、と思い、面白そうでしたので購入してみました。
安かったですしね。

その後帰宅し、一体どうやって食べるのが美味しのかを調べてみたら、普通の豚の角煮のように煮るのがもっとも良いようです。
そこで、圧力鍋を使って煮てみることにしました。
鍋に肉を入れ(今回はすでに食べやすい大きさにカットされているものを買いましたので、切る必要はなかったです)、ひたひたになるくらいの水と生姜のスライス、酒を少々入れて、1時間くらい下湯でします。
1時間して圧が下がってから出してみると、芯まで火が通り軟骨部分もトロトロのコラーゲン状になっておりました。
あとは同じ鍋に砂糖、醤油、みりん、酒、塩コショウ、生姜とにんにくスライスを混ぜたタレを入れて(一度他の鍋にいれて煮切っておく)、15分間煮ます。
時間はかかりましたが手間はそんなにかかりませんでした。
実によく肉が煮えて味も染み、かなり美味しい煮物になりました。

ところが、肝心の家族には
「このトロトロ食感がなんか駄目だ…。味はいいんだけど」
とか言われて敬遠されてしまいました(^^;)。
これがもう一番がっかりする瞬間ですよねw
もう二度と作るか!とか思いましたが、僕は美味しかったと思いますので、今度は豆チ醤を使った中華風の味付けにでもして、またチャレンジしてみようと思います。
みなさんも、スーパーや肉屋なんかでパイカが売られていたらぜお試し下さい。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1163-245aaef5