2016-07-07 23:33 | カテゴリ:ちょい旅
今日は朝から晴れたり曇ったりのパッとしない日でしたが、時間ができたので今年も石鳥谷の田んぼアートを見に行ってまいりましたよ。

P1000141.gif
今年はセロ弾きのゴーシュのようです。

P1000143.gif
おや、なんだか変わったのが隅っこにいますが…w
まあ今年は国体が岩手に来るっていうことで、ついでに描かれたのでありましょう。

帰りは例によって紫波の五郎沼に立ち寄り(国道沿いの帰路にあるので)、古代蓮の開花の様子を見てまいりました。

P1000153.gif
蕾はたくさんありましたがまだチラホラとしか開花していませんでした。

P1000148.gif
それでも中には美しい花を開かせているものも2、3輪…。
見頃はあと1週間位といったところでしょうか。

P1000152.gif
隣の湿原(?)には蒲の穂綿が。
もしかしたら人生始まって以来、本物を初めて見たかもしれません。
丈自体は高い草ですが、穂は意外に小さいものでした。

P1000151.gif
たくさん並ぶとなんとなく風情があるものですね。
昔はこんなのがたくさんあったんでしょうなぁ。
コレをちぎって乾燥させ、火打ち石のほくちに使ったそうですね。

帰りにがけ、道路に狐が出てきてびっくり。
運転中だったので撮影できませんでしたが、こちらも生狐(変な言い方だ)は初めてだったので驚きました。
こんな真っ昼間でも出てくるのか…。
面白かったのは、猫だったら車の前をピューッと横切って逃げるのですが(そして大抵は轢かれてしまう)、狐は一度飛び出そうとしてもすぐ足を止め、こちらの距離を測って途中ですごすご引き返していったことです。
利口なんですねえ。
昔の人が「狐は化かす」といったのがなんとなく納得できる気がしました。
多分ああいう利口さに神秘性を感じたのでしょう。
なかなか面白い経験でした。


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1172-e055b66f