2016-07-11 22:02 | カテゴリ:雑記その他
タイトルに意味は無い。

今日夕飯の買い物へ行ったら、かまぼこやさつま揚げなどが置かれている練り物の棚に、妙なものが売られているのに気づいた。
その名も「うな次郎」。
有り体に言えば、うなぎの蒲焼きに似せたかまぼこである。
詳しくはこちらのページを見て欲しい。

一正蒲鉾株式会社 うな次郎

カニカマとかホタテ形のかまぼこというのはよく見かけるが、うなぎ型というのは流石に初めて。
僕はもともとかまぼこが好きなので、どんなものかなと思って冷やかし半分に購入してみた。
で、それを先ほど夕飯に食べてみたのだが…。

美味い。

かまぼこなのにちゃんとうなぎに近い味があり、食感もかなり似ている。
うなぎのあのとろっとした後味もちゃんとある。
ただ、すっかりうなぎと同じか?といえば決してそうではなく、所詮はかまぼこなんだけれども、それにしてもやたらとうなぎに似ているのだ。
ちゃんとうなぎを食べた気になれる!
そして、うなぎには残っている生臭さが一切ないことは逆に強みだろう。
すみません、ここまで凄いものだとは思いませんでした。
正直なめてました。

いやこれは本当に美味しいので、みんなにもぜひ食べてみて欲しい。
うなぎが高い、うなぎが捕れないと騒がしい昨今、代用品はコレでいい気がする。
値段は1パック400円程度と非常にお手頃。
冗談抜きでおすすめです。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1173-6d018d65