2016-10-06 09:12 | カテゴリ:ご挨拶・告知
皆さんこんにちは。
管理人です。
また更新サボってしまってすみません。
一応、生きております。
せっかく頂いたコメントにも返信できずにおりまして恐縮です。

先日、具合が悪くこれはいよいよ…と思いました、という話をここで記事にしましたけれども、先月末に病院で大きな検査を受けました。
すると、思いもよらず心臓の疾患が発見されたのです。
心臓には二又に別れた電線のような器官があり、これが微弱な電流を流すことによって心臓を拍動させているということなのでありますが、私の場合はこの電線の右側に疾患があるようだとのこと。
これはおそらく先天的なもの…まあ生まれつきというやつで、それが先月の激しい疲労や歯痛などの悪条件が重なり(勿論一番の原因は年齢から来る肉体の衰えと長年の不摂生でありましょう)発症したのではないか、ということでした。
今まで心臓の検査は何度かやりましたけれども、全くそのようなことを言われたことがありませんでしたから、それを聞いて非常に驚いたわけです。
驚くなと言われてもこれが驚かずにはいられましょうか。
しかし、なんとなく思い当たる節がなかったわけでもないのです。
時折訪れる妙な背中の痛み、喉を締められるような圧迫感、そんなものを時々感じることがあったのですが、それは全て心臓からくるものだったようです。
更に正確な診断と治療の方針は、今月の終わりに行われる予定の別の大きな検査を受けねばわからないそうです。
まあ、生まれつきのものですと言われてしまえば仕方がないですし、根本的な治療は外科手術とかそういう手段以外では無理でありましょうから、死ぬまで付き合っていかねばならぬ疾患ということになるでしょう。
そういうことは頭では分かっているのですけれど、やはりハイそうですかとすんなり受け入れるには人間としての修行が足りぬのです。
このところは鬱々として何事も楽しめず、ブログやTwitterも放置していた次第であります。

しかし、色々と考え悩んだところで病気(つか、生まれつきと言うなら病気とは言えないのでしょうねこれは…)がよくなるわけではありませんので、自分のペースを維持しつつネットにも復帰しようかと思います。
このブログも、本当は閉めようかとも考えたのですけれども、せっかく何年も続けて参ったわけでありますからここで閉めてしまってはもったいないですし、取り留めのない文を書くというのは自分にとっても多少のストレス発散となりますので、継続していくことに決めました。
ただ以前は毎日更新だとか意気込んできましたが、これからは書くことが取り立てて思いつかない場合は、書かないでいく方針とするに致します。
斯様なわけで、更新が遅れる場合も多々ありましょうけれども、皆様には悪しからずご了承いただければと思います。
時々、あいつは今生きてるのかなーと生存確認ついでに覗いていただければ、管理人としてはそれで満足です。

皆様に置かれましても、健康にはくれぐれもご留意くださいませm(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1189-5c6dae19