2016-10-12 13:00 | カテゴリ:ちょい旅
先月の末のことですが、塞ぎ込んでいても仕方がないので少しばかり気分転換に、ドライブへ行くことを計画しました。
すると老母が先日ローカルニュースで見かけたというバラ園へ行ってみたいので連れて行けといい出し、それではひとつ行ってみるかと出かけてきました。
場所は盛岡の南に位置する紫波郡紫波町(私にも縁が深い)の、「サンテミリオンローズガーデン」というところです。
私はそれまでまったくその存在を知らなかったのですが、地図を調べようとサイトを覗いてみたところ、東北でも最大規模を誇るバラ園とのことで、宿泊施設も併設されており、ちょっと小洒落た雰囲気の場所なようでした。

サンテミリオンローズガーデンHP

そこで、花もまあ嫌いではないので行ってみることにしました。
しかし実際に運転して行ってみますと、まあ本当に山の中でして(^^;)、周りは山と田んぼだらけ。
しかも一面の平らな田んぼというならまだわかりやすいのですが、何しろ山間部の傾斜地やちょっとした平地に作られている隆起に富んだ場所なので、ちょっと見たくらいではどこをどう行ったらいいのか、さっぱりわからない。
カーナビをセットしていたにも関わらず、たどり着くまでには結構苦労しました。

さてようやくたどり着いたバラ園ですが、あららなんとしたことか、入口の受付に人がいません(^^;)。
ちょっと小洒落た感じのレストラン風の建物がそばにあり、そこからジューッと何かを焼く音と良い香りが漂ってくるので、多分人はそこにいるのでしょうが、入場券売所には人がいないわけです。
仕方がないのでレストランまで行って、入り口でベルを鳴らすとようやく係員が登場。
入場券を求めるとお待ち下さいと言って大急ぎで受付まで戻っていってお釣りを持ってきました(^^;)。
多分一人か二人くらいで経営しているのでしょうね…。
人手が足りなくて大変なのでしょうが、金庫を置いた受付が無人だとか不用心すぎないかなぁ…w
などと思いつつ愈々見学であります。

バラ園は入り口が高台になっており、そこから順に下へ下っていくような形で作られております。


残念ながら花の盛りは過ぎており、多くのバラが枯れかけておりました。
数日前にテレビで見たのだと老母は言いましたが、その数日でバラの花っていうのはダメになるものなんですね。
バラは虫や病気に弱いらしいので、仕方がないのかもしれませんが…。

園内はだいたいこういう感じでありました。
P1000181.jpg

天気が曇りだったので全くパッとしませんね(^^;)。
P1000180.jpg
ちなみに写真に写したのはここだけでしたが、敷地はかなり広いです。
ただ、先にも書いたように高低差があるため階段(しかも土を固めて作った手作りの…)が多く、足の悪い人にはちょっときついかもしれません(スロープも用意してはありますが)。

そんな盛りを過ぎてしまった中でしたが、それでも(比較的)きれいに花を咲かせているバラもありました。
こんなのとか…。
P1000170.jpg

こんなのとか…。
P1000168.jpg

こんなのです。
P1000177.jpg

同じバラでもいろいろな品種があるものなんですね。
青いバラを咲かそうと研究を続けている人がいると以前聞いたことがありましたが、それくらい品種改良が盛んなようです。
同じ色でも微妙に色合いが違っており、観察するとなかなか面白い。

このバラ園を経営されている方はバラを咲かせる名人だそうで、イギリスの品評会だったかで殿堂入りしたというバラがこれだそうです。
P1000183.jpg

黄色っていうか象牙色のバラです。
柔らかい色合いがとても美しく感じました。
その前に、写真がヘボですみませんw
P1000184.jpg

バラの魅力は、このたっぷりした花びらの重なりですよね。
彫刻や絵画のモチーフにもよく取り入れられていますが、なんとなく納得できます。
形は好きなものの、匂いはそれほど好きじゃないのですけどね(^^;)。
P1000185.jpg

時期は過ぎてしまったようで、園内の人出も花も結構寒々しい感じでしたが(^^;)、それでも美しい花が見られて満足でした。
今度は満開の時期に合わせて訪れてみたいです。
…道順も覚えたしな!w



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1192-6b293fb4