2017-03-08 17:10 | カテゴリ:雑記その他
ジャパネットたかたの通販で、親父が掃除機を買いました。
今流行の(?)サイクロン式掃除機というやつです。
これなんですけどね。


今まで使っていたのは、20年も前に購入した紙パック式でかなりの重さがある、いかにも旧態依然としたタイプの掃除機だったのですが、それがついにといいますかようやくと申しますか調子悪くなってきまして(^^;)、満足に動かなくなったため、今回の購入と相成ったわけでありました。
そのポンコツに近い掃除機を下取りして、価格から値引きしてくれるというあたりがジャパネットのありがたいところです。
ただしその場合、下取り品を箱かなんかに入れて梱包しないといけないみたいですよ。
その点は前もってジャパネットからも連絡がありましたので問題なく済みましたが、みなさんも下取りを出す際にはちゃんと梱包するおおきめのダンボールなどを用意されておいた方がよろしきかと思われます。

さて、到着したばかりの掃除機を早速箱から出して使ってみたのですが、評判に違わぬ凄まじい性能ですねw
びっくりするくらいゴミを吸います。
これがサイクロンの威力か、と感心してしまいました。
しかもやたらと軽いのです。
ゴロゴロと引っ張って歩いても重かった以前のものとは大違いです。
この軽いという所が、お年寄りや身体の弱い方にはありがたい話でしょう。
以前なら、これとほぼ同じような構造のダイソンの掃除機が、10万くらいしていたもしていたことを考えてみると、科学の進歩を感じます。
ちょっと大げさな言い方かも知れませんが、世の中、こういう平和な発明品だけが溢れてほしいものです。

しかしこういう掃除機を使っても、一度掃除したはずのところから、いつの間にかまた新しいホコリが出てくるというあの奇怪な現象をどうにも出来ないというのは何なんでしょうかね(^^;)。
ああ、それは私の掃除の仕方が悪いということですか。
すいませんw




関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1251-9ea7ff79