2017-04-08 16:40 | カテゴリ:雑記その他
小池一夫の劇画みたいなタイトルですが、当然のように関係はありません。

なんだかんだで、一ヶ月もブログの更新を放置してしまいました。
皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は病気です(いつものことですが)。
体調は相変わらず優れません。
最近は温かくなって空気が乾燥しだしたせいか、喉の調子がかなりオカシイ。
喉にヒリヒリしたものが引っかかっているような感じで、四六時中空咳ばかり出るのです。
ましてここ最近は結構頻繁に仕事が入るようになり、100年も手が入れられてないような蔵の中などでホコリまみれになることが増えたため、ますます咳が酷くなりました。
そこで今これを飲んでいるんですが、これ結構効きますよ。

咳でお悩みの方は是非お試しくだされ。

さて、1ヶ月の間に、季節はすっかり春になりましたね。
東京は桜が満開でそろそろ散り始めだそうですが、お花見を楽しまれた方も多いのではないかとご拝察。
桜前線も九州からじわじわ北上しているそうで、きっとみなさんのご近所で桜を鑑賞できる日もそう遠くないでありましょう。
イーハトーヴォは北国ゆえ当然、花見には程遠い状態でありますが、今月の20日前後には満開を迎えるという予報がでております。
すでにふきのとうやつくしも顔を出し、気温も高くなっておりますので(一昨日はこの時期なのに18℃という異常な気温でありました。暑かった…)、桜や梅も開花して名実ともに春を感じられる日が来るのも間もなくでありましょう。
何にしろ、春は良いです。
今の時期から5月の初めくらいまでの、寒くもなく暑くもない時期がとても好きです。
個人的になんですが、桜やその他の花の咲き乱れる時期もいいけれど、目に青葉が痛いほど鮮やかな新緑の頃が木々の息吹を感じられて一番良いですね。

兎にも角にも、長かった冬がようやく終わったという安堵感を北国の人間として噛み締めております。
やはり春は良いものです。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/1254-ae15917a