2013-11-06 10:46 | カテゴリ:ブログ
昨日のこと、盛岡郊外の滝沢村でリンゴ農家をしている叔父がリンゴを届けてくれました。

先日の日記にも書いたように、今年は先月の台風の影響でリンゴのほとんどがダメになってしまったのですが、それでもいくらか被害を免れたものもあり、そのうちから良さそうなものを見繕って届けてくれたのです。
大きなビニールの手提げ袋に3つほどで、ひとつは煮て食べるもの(僕のうちではリンゴグラッセにします)、残りの2つは生食用です。
種類はジョナゴールド、北斗、つがる…だったかな?
ふじは風でやられて今年はまったくダメみたいですね。残念。

そんなわけで今朝からリンゴを食べているのですが、叔父が洒落を利かせて入れてくれたリンゴが妙に気になりましたので写真を撮ってみました。


リンゴの葉っぱ付きです(^^)。
Apple2.jpg
赤々としたリンゴに緑の葉っぱがなんとも良いコントラスト。

Apple3.jpg
この赤い色をなんと表現していいのか…。
ただの赤ではなくてイエローやグリーンが混じったような、なんとも言えない、しかしそれでいて非常に鮮やかなレッド。
なんとなく食べるのがもったいないような気もします。

ちょっと気が早いかもしれませんが、来年は台風の直撃を避けられるように今から祈りたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/536-e0752463