2013-11-11 00:56 | カテゴリ:ゲーム
今日は遊んでいるソーシャルゲームの感想を書きたいと思います。
ああ、こういうことを書き出すということは書くネタがねえんだなと思ったそこのあなた、まったくそのとおりです!w

数ヶ月前からYahoo!モバゲーの「まどか☆マギカオンライン」というソーシャルゲームを細々と遊んでおります。
今なにかと話題になっている(?)の「魔法少女まどか☆マギカ」に題をとったゲームですね。

公式サイトはこちら

具体的にはすごろくゲームで、難しい要素や駆け引きなんてものは一切ないです。
なのでサイコロさえ振れればサルでも出来ます。
プレイヤーは「6人目の魔法少女」となり、まどかやほむらたちを率いて魔女退治(主にすごろくで)をすることになります。
僕は、この6人目の魔法少女という点に惹かれてこのゲームを始めてみたわけです。
プレイヤーのオリジナルキャラクターが、どうまどか☆マギカの世界に関わっていくのかという、アナザーストーリーに興味があり、それを是非楽しみたいと思いまして。

すごろくのゲームと言ってもやたら長いマップはないですし、地獄のネバーエンディングゲームとして名高い「黄門さま伝説」みたいに同じマップをぐるぐる回されることもないので、1ゲーム5分くらいもあれば終わる実にお手軽なものです。
サイコロを振ってマスを進み、ゴールにいる魔女と戦ってやっつければクリア、報酬がもらえます。
ゲームの前と後にはシナリオに沿ったイベントシーンが挿入されて、物語が進んでいくという感じです。

で、遊んでいる感想としては、まあそれなりに面白いです。
ぼんやりプレイしていても全然問題なくクリアできますしね。
でも強い武器を手に入れるには当然課金が必要なので、その点はかなり辛いです。
レベルが上がっても武器が弱いと魔女を倒すのに苦労します。
でも絶対やっつけられないというわけでもないので、レベルが上がれば何とかなります。…尤も相当レベルが高くないとダメですが(^^;)。

ただし、自分が6人目の魔法少女になって…というIfというかAnotherというか、そういったたぐいのストーリーを楽しめるのかといえば、これが結構微妙です。
これを体験したくてゲームを始める人は、がっかりするかもしれません。

このゲームはシナリオモードとクエストモードというのに別れておりまして、シナリオモードは前述のようにゲームのはじめと終わりにイベントシーンが挿入される物語仕立てのもの、クエストはすごろくをクリアーすることで武器や防具の強化カードやゲーム内通貨が手に入るといった内容になっています。
ですので、アナザーストーリーは当然シナリオモードに含まれているわけですが、シナリオモードには現在3本シナリオが用意されています。
でも主人公キャラが絡むシナリオは、そのうちのたった1本しかないのです。
その上、残りの2本のシナリオはメインキャラの性格を活かしたコメディータッチのものになっており、主人公は完全に蚊帳の外に置かれてしまっていて、空気のような存在です。
名前すら出てきません(^^;)。
正直、こりゃないだろうと言いたくなるくらいガン無視でお話が進んでいきます…いや、シナリオの内容自体は脱力系の笑いを誘われる感じで、キャラもちゃんと描かれていますしつまらないわけではないのですが。

しかも、主人公が活躍できるそのシナリオも、ほむらの視点でお話が進んでいく体裁が取られています。
ほむらのキャラは皆さんもお分かりと思いますが、このシナリオでも彼女は親友たるまどかをワルプルギスの魔女との戦いに参加させまいとして孤軍奮闘する行動を取ります。
そんなほむらがお話の中心なので、主人公はほむらがまどかを助けようとするために利用される手駒という形になります。
なので、なんかスッキリしないっていうか、いまいち楽しくないんですよねぇ。
一応主人公とほむらは秘密を共有しているという関係なので、彼女自体は
「あなたを頼りにしているわ、◯☓(名前)」
「あなたにだけ話すわ、他の者には秘密にしておいて。実は私は未来が云々」
とか、まあ何かにつけてこっちを気にしてはくれるんですけど、結局主人公の持つ「魔法少女のパワーを増幅させ、連携を取らせやすくする不思議な力」をまどか救済のために利用しているだけなので非常に白々しく聞こえてしまい、正直嬉しくもなんともないw
「まどかも大切だけど、あなたもかけがえのない友達だわ」
とか、気の利いた一言を聞かせてくれるならだいぶ印象も変わったと思うんですが、アニメと同じで口を開けばまどかマドカなのでなんとも…。

しかもこのシナリオ、途中まではキュウべえがほむらを陥れて殺そうとしたり、さやかとほむらが和解するなど結構面白い部分が多いのに、肝心のオチというか結末がなんだかなーって感じ(ネタバレになるので詳しくは書きませんが、なんとハッピーエンドになります!)で、やっつけで無理やり〆たっていう印象なんですよね。
いずれにしろ、主人公は最後までシナリオ上は活躍できないので、徹頭徹尾置いてけぼりって感じです。

なぜプレイヤーを中心にしたシナリオに出来ないのかちょっと納得がいきませんでした。
まあ、元がああいう非常に重くショッキングともいえる内容なので、ある程度はしかたがないことなのでしょうが、やはりプレイしているほうからすると、まどマギの世界に溶け込みたいという願望を叶えられない欲求不満を感じてしまいます。

まあ、シナリオは微妙な感じがしますけど、まどかやマミさんなどお気に入りのキャラクター、しかも可愛らしく二頭身にディフォルメされた魔法少女たちをカルガモみたいにぞろぞろ引き連れて、すごろく盤を右往左往するのは単純に面白く、また特殊武器などが手に入るチャンスのあるイベントも結構頻繁に開催されているので、退屈せずに遊べるゲームかな…とは思います。
お気が向かれましたらプレイされてみてはいかがでしょうか。
その時は「キャラクター名:ディーリア」でプレイしていますので、フレンド申請宜しくお願いしますw



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/540-4a91ac67