2013-11-21 23:05 | カテゴリ:雑記その他
先日金曜ロードショーのつまらないルパンを見て以来、何やらルパンに対する郷愁みたいなものが異様に高まってきまして、ルパン三世のOPテーマばかりを年代ごとに集めた、こういうCDを購入してしまいました。



どうやら、「ルパン三世Part2」放映当時に発売されたシングル・レコードを再収録したもののようです。

テーマ曲ばかりを集めたものですので、言ってみれば同じ曲ばかりが収録されているんですが、旋律は同じでも制作年代ごとにアレンジが施されており、それぞれ変わった曲調になっていて非常に面白いです。
個人的には非常にジャジーなタッチの「ルパン三世のテーマ80’s」がお気に入りです。
大野雄二の真骨頂ですね。
ピート・マック・ジュニアが唄う歌詞の入ったもの(このマック・ジュニアさんとは、昔ちょっとした思い出がありますので、そのうちご披露します)が収められているのは当たり前として、三波春夫のルパン音頭」「銭形マーチ」なんかが収録されている辺がすごい。

そして最後にはそれらをつなげたメドレーが入ってるんですが、このメドレーの最初と最後に山田康雄演じるルパンからのちょっとしたメッセージが入っていて、非常に良いのですよ。
やはりルパンんの声は山田康雄なんですよね…クリカンじゃダメなんですよ(クリカンは瞬間的に似せるのが上手いだけで、芝居自体は下手だと思います)。
山田康雄はとうに亡くなっているのだし、クリカンだって頑張ってます。ないものねだりってことはわかるのですが、こういう部分に妙なこだわりを感じてしまうのが古いファンの悪い癖ですかね。
いっその事、山田ルパン(クリカンはその延長上)のイメージを払拭するようなキャスティングをしてくれたほうがまだ諦めもつくような気はするんですがねー。

なんだか話が逸れましたが(^^;)、ルパン三世のテーマは「ルパン三世」というアニメーションを象徴するような音楽であり、またその内容やキャラクターの性格や行動までをも見事に表現している名曲ではないかと思います。
他にアニメのテーマ曲でこれほどの印象を残しているものがあるかといえば、あまり無いような気がするのですすが、いかがでしょうか(もちろん個人で異なるでしょうが)。

このCDは中古品なら値段も安いので比較的気軽に購入できると思いますし、内容は折り紙つきなので、ルパン三世のファンの方は是非購入なさってはいかがでしょうか。
おすすめです。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/549-27274858