2013-11-26 23:10 | カテゴリ:雑記その他
突然ですが、今、写真の撮影術について試行錯誤を繰り返しています。

このブログのかなり昔に古物商の許可申請を計画中ということを書いたと思いますが、実は先日ようやく書類が揃いまして(色々手間取ってなんと9ヶ月…アホかよ、おれ)、現在警察に書類を提出して許可が下りるのを待っているところです。
この許可が下りれば、古物市場に出入りして商品となるものを仕入れることができるようになるため、そこで古物を集めてネットで販売するわけです。

今、その準備段階として評価を集めること&資金を稼ぐためオークションに色々と手持ちのコレクションを出品しているのですが(ほとんどがプラモデルなどですが)、実はその写真撮影について手こずっているのです。

何しろ写真なんてものは旅行に行った際に風景写真をブログ用に何枚か撮るくらいのもので、室内で物を撮影することはそれほどありませんから、なかなか手こずるのです。
いろいろなサイトを参考にして、ダンボールと模造紙で撮影ボックスみたいなものを作ってみたり、アマゾンで安い三脚を購入してそれを使用したりしているのですが、撮影ボックスは小物の撮影にはよくても、少し大きなものになると、制作に使用したダンボールの大きさがそれほど大きなものではないので(とは言え相当でかいですが)、まるで役に立たないのです。
三脚はそれなりに役に立つのですが、部屋が狭い上に雑然としているため、三脚を設置するスペースが上手く取れない(^^;)。
これではイカン、一念発起して部屋を整理しようとしても、置き場所自体がないので結局そのままの位置から動かないという有り様に…w
あまりにもつまらないものが多すぎるんだ→それらを思い切って整理してしまおうか→そうだオークションで売ろう!資金が稼げるし評価も集まるぞ→ようし、それじゃあ商品写真を撮影しよう→駄目だ、この散らかった部屋でどうすれば→部屋を片付けねば…(以下、無限ループw)。

なんなんだよ、おれ。

しかも使っているデジカメが古い上におもちゃみたいに小さいので、モデルガンのライフルとか居合刀などの長いものを横にして撮影しようとすると、なんと満足にファインダーに収まり切らない。
なんとかぎりぎり収まる距離に三脚を引いて置けても、今度は絵が小さくなってしまい、細部の様子がうまく撮影できない。
接写してみようとしても、なんたって古いので画素数が荒くてダメダメ。
こんなデジカメでも風景写真などを撮影するのには不自由ないのですが、こういう細かいものを近距離から撮影するのにはかなり辛いですね。
これまではプラモデルの箱とか、せいぜい20センチ位の大きさのものばかり写すことが多かったのでそれほどの苦労は感じませんでしたが、長さ1メートル以上のものを移すとなるとやはり…。
もちろん全部カメラのせいではないのですけど(何しろ腕がない)、それにしてもあらかた8年くらい使っていますからねえ。
買い替えも考えるべきなのか…。

写真は商品をアピールする非常に有効な手段ですから、もっと上手に撮影したいとは思うのですが、いやぁ、これがなかなか難しいです。
カメラマンって人は大したものですね。写真だけじゃなくて照明の当て方とか背景の作り方とか色々と工夫をしてらっしゃるし。自分で撮影するようになってつくづく思いました。
もっと経験を積み、工夫を重ねてきれいな(と言うか、商品の状態が閲覧者に伝わりやすくなるような)商品写真が撮影できるようにならなくては…。

写真が趣味だという方、何か上手に撮れるコツみたいなものがあったらぜひお教え下さい(^^;)。
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/553-74ccca1e