2013-11-29 23:15 | カテゴリ:雑記その他
皆さんは、秋田に「三吉様」という神様がいらっしゃるのをご存じですか?

太平山という山に住んでいる神様ですが、勝負事や破邪顕正を司るとされ、この神様が秋田に侵入してくる下級のお化けを退治するので、秋田には妖怪の伝承が少ないのだそうです。
まるでウルトラマンみたいな神様ですねw

僕は河童や座敷童子などの妖怪に興味がありまして、色々本を読んだりして調べていた時期があるのですが、なるほど東北六県の中で唯一秋田には座敷童子の伝承がない。
三吉様を知った時には妙に納得したものでした。
まあ、僕は座敷童子は妖怪じゃないと思ってますけれど。
ちなみに、最も伝承が多いのは下北から岩手県中部にかけての旧南部領でした。

以下は親しみを込めて三吉さんと書きますが、三吉さんの伝承については、「遠野物語」の話者…著者の柳田國男に遠野に伝わる様々な民話を語って聞かせた人・佐々木喜善の「遠野のザシキワラシとオシラサマ」という本に非常に詳しく紹介されておりますので、
ご興味を持たれた方はお読みになられると面白いと思います。

とにかく秋田にはそういう神様がいて、秋田の霊的な(?)平和を守っているわけです。
僕が住んでいるのは秋田と奥羽山脈を隔てた岩手県なので、正直三吉さんとはそれほどの接点らしいものはあリません。
ところが、先日所要があり、家を借りている大家さんのお宅におじゃました時、玄関に秋田太平山三吉神社の立派なお守りが飾ってあったのです。
結構びっくりしました。
そのお守りが置いてあるということは、きっと太平山に行かれて貰ってこられたのでしょう。
わざわざ岩手からお守りを貰いに秋田まで…きっと三吉さんはそれだけ霊験あらたかな神様なのでしょうね。
興味が湧いたので、今度車で三吉神社に行ってお参りしてこようかと計画中です。
しかし雪が…(^^;)。
来年の春にしておくのが無難かなあ。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/556-02ae280a