2014-01-06 22:23 | カテゴリ:雑記その他
高橋留美子先生の「犬夜叉」という漫画があります。
TVアニメにもなったし、あー読んでたよ(アニメ見てたよ)っていう方も多かろうかと思うんですけど、僕はこの漫画が結構好きでして、単行本を集めてました。

ました、っていう過去形なのは、完結する前にお金が続かなくてやめちゃったんですよね(^^;)。
昔も今も貧乏だから…それにすごく場所をとるもので、ガラクタに埋もれたこの部屋ではどこに置けばいいの?って感じになってしまって…多分45巻くらいでやめたのかな。
ちょっと調べてみたら56巻で終わりになってるようなので、あと10巻前後集めれば揃うところですね。
それくらいだったらチビチビ買って揃えてみるのもいいのかなとは思うのですが。
ブックオフとかに行けば結構安く売ってそうですしね。

いや、なんでこんなお話をしたのかといえば、僕も犬夜叉みたいな伝奇インチキ時代劇を書きたいってずいぶん以前から思ってるからなんです。
なかなかお話がまとまらないので書きあぐねているんですが…。
いやいや、主人公をタイムスリップした女子中学生にしようなんてのは微塵も思ってませんけどw(やったらやったで面白いと思いますが)、ああいうちょっとシリアスタッチなお話をやってみたいんですよね。

今年はこれを書くことを創作上の目標にしてみたいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/596-595b9408