2014-02-05 23:32 | カテゴリ:雑記その他
ネットのオークションや古物商関連ではゆうちょ銀行をメインバンクにして使っております。
ゆうちょですと多少制約は付くのですが、手数料などが比較的安いですし、ゆうちょダイレクトというものを使うと、インターネットで入金や出金の確認も出来ますので、結構便利なのですね。
それにちゃんとした窓口が全国にありますので、実店舗のない他のネット銀行よりもなんとなく安心感を覚えたりするわけです。

で、先日その郵貯銀行からメールが来ました。
なんだろうと思って読んでみますと、最近ゆうちょ銀行のフィッシング詐欺サイトが出まわるようになったので注意してほしいという内容でした。
そして、ゆうちょ銀行がオススメするフィッシング詐欺対抗ソフトを安全のために是非インストールしてほしいという内容でした。
PhishWall、とかいうソフトです。

そうか、そんなこともあるのか…。世知辛いご時世よなあとか言いつつ、何も考えずにその対策ソフトをダウンロード→インストールしました。
すると、なんだかYahoo!のツールバーみたいな感じで、ブラウザに新しいツールバーがひとつ追加されるのですね。
そこに「サイトの安全診断」とかいう項目があったり、「このサイトはどこの国のサイトなのか」とかが分かるように国旗とURLが表示される機能がついていたりするんですね。
なので、某国に多いと言われる(あえてどこかは書きませんが…w)悪人が作った巧妙な詐欺サイトでも、区別できるようになっているようです。

なるほど、これは便利だなと思ったのですが、今度はそのツールバーが
「アンチウイルスソフトも無料でダウンロードできるからぜひ!」
「ウチのソフトはお使いのウイルス対抗ソフトと喧嘩しません!」
「軽くて使いやすい!今お使いのアンチウイルスソフトの性能がアップ!」
とかやたら薦めてくるわけです(^^;)。
「そうか、それならひとつ使ってみるか。タダだからな!!」
と上野顕太郎の漫画風に言いつつこちらも気軽にDL→インストールしてみたのですが…。

いや、これが激重w

ほんとに重くて使いものにならないレベル(^^;)。
今まで普通に見られていたサイトも完全に表示まで1分以上かかるし、プラウザの動作が途中で度々止まる。
!?オカシイな…とマウスをクリックすると、「このプログラムは応答しません」のダイアログボックスが三つも四つも並ぶw
一度再起動させたりしてもみたんですが、やはりダメでした。
確かにアンチウイルスソフトの性能はアップするかもしれませんが、僕のパソコン環境ではストレスばかりがアップするということがわかりました。
そして結局、静かにアンインストールいたしました…。

みんなも気をつけてほしい!!
PhishWallには罠がいっぱいなのだ。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/628-43eb097e