2014-03-28 23:48 | カテゴリ:雑記その他
入院前にTranscendというメーカーの5000円強するMP3プレイヤーを購入しましたという話を書きました。
…皆さんご記憶でしょうか?

そのプレイヤーを昨日午前中までの入院中の10日間使用してきたわけですが、なんと、これが使い物になりませんでした。
果たして一体どういうことか?
…音質が悪いとか、機能が至らないとか、そういうことではないのです。
それ以前の問題です。
それはいったい、どういうことなのか?と言えば…

動かないんです。

そう、冗談でもなんでもなく、動かないんですよ(^^;)。
購入して商品が手元へ届いてから、パッケージからものを出してスイッチを入れたんですが…


…??
…!?

…スイッチが入らない。

うんともすんとも言わねーじゃねえか。
付属の取扱説明書には
「長押しすればスイッチが入る」
と書いてあるのだが…。
3回試みて、ようやくにしてスイッチが入りました。
やれやれ、それでは手持ちのマイクロSDカードを突っ込んで音楽でも試しに聞いてみるべか。
プレイヤーのカードスロットにカードを入れて操作ボタンを押します。
ほれポチッとな。

…しかし動かない。

WHY?


あわてて説明書を読んでみると、臆面もなく堂々とこう書いてありました。

「フリースしたらリセットボタンを押して下さい」
…それはさ、もしかして

フリーズするのが大前提ってことでOKですか????

これ、冗談でも何でもございません。
いや、10日間以上使ってみていいますけど、本当に頻繁にフリーズします。
正直、

使いものにならないレベル。

5千いくらって、安いように見えて結構な金額ですよ。
Amazonで「MP3プレイヤー」で検索していただければお分かりと思いますが、安いのは千円くらいからかなりたくさん種類が出てきます。
その中で5千いくらという価格は、そこそこのお値段です。
安いものを買おうと思えば出来たけれども、それなりに価格が高いほうがしっかりした作り込みなのだろうという早合点(?)で購入したものが、実際購入してみたらこんなポンコツだったという、この悲しみ。
皆様、お分かりいただけるでしょうか?

アマゾンのレビューを読むと、僕と同じ状態になっている人が数人いるようです。
満点を付けている人も多いので、おそらく商品個体による「当たり外れ」が大きく、「当たり」の個体を購入した人が多いのでしょう。
でも僕の場合は、紛れも無い「ハズレ」だったみたいです…。

製品によるこのムラの多さは、日本国内の純正品には考えられないことです。
こういうことをいいたくはないけど、台湾製だから…なんでしょうかね…?
せっかく購入しても、製品がこれでは本当にがっかりです。
購入したものがたまたま「ハズレ」だったのかもしれませんけれども、自分がその「ハズレ」を引かされる悲しみというのは本当に耐え難いですねw
やはりまともな製品は1万円以上するものを買わないといけないのかな…とわびしく、悲しく思い知ったのでした。





関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/664-3917c3e6