2014-04-07 23:08 | カテゴリ:雑記その他
先日まで病院へ入っていた…と言っても精神病院ではありません念のためw…のはここで何度も書きましたが、その時に面白いビデオを見せられました。

毎日午後3時になりますと、代謝内科の病棟に入っている大体15人前後の患者が病棟の一室に集められまして、そこで病気や健康に関することを解説したビデオを見せられるのです。
そのタイトルは「現代養生訓」。

養生訓というのはぐぐっていただけるとお分かりになりますが、江戸時代の医者・貝原益軒という人が書いた健康指南書です。
当時は大ベストセラーになったのだとか聞きます。
現在でも「腹八分目が健康にいい」「贅沢し過ぎる食事は命を縮める」「セックスのやり過ぎはよくない」とか、そういう健康訓を皆さん一度はお聞きになったことがあるかと思われますが、貝原益軒はそういうことをこの本の中で書いているのだとかいいます。

この「現代養生訓」というビデオは、その養生訓を現代社会に合うようにアレンジして、糖尿病や高血圧などの成人病にかかった人がどういう生活をとるべきかとか、生活していく上での心構えなどを解説するような内容です。
筋書きはドラマ仕立てになっています。
それも貝原益軒が出てきて病気の解説をするアニメパートと、役者さんが出てきて寸劇を演じるドラマパートに分かれています。
そのアニメパートで貝原益軒の声を担当しておられたのが、なんと先日亡くなった加藤精三さん、Part2の方ではやはり先日鬼籍に入られた永井一郎さんでした。
なんだか意外に豪華だったのでびっくりしました。
そしてふたりとも星一徹&波平ばりの

「バッカモ~ン!」

をバッチリ披露してくれましたので感激でしたwww

ドラマパートに出ておられたのは、時代劇や現代劇の端役をこなされている方でした。
お名前はちょっとわかりませんでしたが(^^;)、多分写真を見れば皆さんも「あ、この人見たことある!」と思うこと間違い無しの人です。
さすがにお芝居がお上手でした。
こういう言い方をすると大変失礼なのですが、この手の俳優さんたちはいわゆる「主役を張れる華」が少し足りないというだけで、実はそこらの有名役者なんかよりもすごく芝居が上手だったりするんですよね。

そして非常に意外なことでしたが、そのドラマパートにも加藤精三さんが顔出しで…と言うか役者としてご出演なさっておられました!
お顔は写真で存じておりましたが、顔出しで演技をされている加藤さんを見るのはもちろん初めてでした。
「鬼平犯科帳」の古いやつに悪い浪人役で出演してらした納谷悟朗さんとか、「ウルトラマン80」に生徒の姉役で出演されていた島本須美さんを見た時もかなりびっくりしたものでしたが、今回もまたかなり驚きました。
演技はさすが、普通に上手でした。ちなみに豪放磊落な社長の役でしたw
まあこんな部分にのみ注目していたので、ビデオの内容はさっぱり覚えていないんですけどw、見ていて思わずニヤニヤしてしまいました。
周りの人たちは何だこいつ…と思っていたことでしょうが(^^;)。

意外なものに意外な人が出ているものだと思ってなんだか面白かったです。
こういう知られていないビデオにでている声優さんを探して見るのも面白いかもしれませんね。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/672-ad07a3f1