2014-04-29 22:18 | カテゴリ:雑記その他
花見の続きです。
盛岡郊外には繫温泉郷という温泉地があるのですが、そこに行く途中に桜の名所があります。
桜の名所と言っても余り有名ではないので、同じ岩手県の桜の名所・展勝地などと違って人はいません。
お寺の桜を見たあとそこの桜を見ておくのもいいかと思い、行って見ることにしました。

otasakura1.jpg
そこは大きなテニスコートの裏なんですよ。
この日もかなりのテニス愛好家の方々がプレイしておられました。
御所ダムという結構大きい貯水湖から田んぼに水を流す用水堰に沿うようにして桜並木が続いております。
テニスコート越しに見てこの美しさ。

otasakura2.jpg
桜並木の長さは結構あります。
端から端まで歩くと相当の距離になるのではないでしょうか。
実は端っこまで行ったことがないんですが…。

otasakura3.jpg
用水堰の放水施設の上からの撮影です。
道に沿う形で並木道が続いているのがお分かりいただけるかと思います。

otasakura5.jpg
並木は道の両側に桜の木が植えられており、枝が通路に覆いかぶさって桜のトンネルのようになっているのです。
桜の木はかなり年季が入っている感じの大木ばかりです。

otasakura6.jpg
道から見てみるとこんなかんじですね。
桜の花のアーケードのようです。

otasakura7.jpg
ほぼ満開という感じでしたが、やはりチラホラと花は散り始めていました。
しかもここはかなり風が強い場所なので、道の上に花びらがすごい。
それでも充分美しく、しばらく道を散策して花を堪能してまいりました。
行ってよかったです。

otasakura8.jpg
おまけ。
付近の養護施設の脇においてあった古い電車の車両。
最後尾車両の形がなんとも懐かしいですね。

そんな訳で桜を堪能してきましたが、それからたった1日しか経っていないというのに、今日はもうすっかり散ってしまっていました。
はかないですね。
だから日本人は桜に惹かれるのかな。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/687-7cb73ca5