2014-05-04 23:01 | カテゴリ:雑記その他
盛岡のムーミン展が来週に迫ったわけですが、ムーミンという物語の中で一番印象深い、僕個人的に好きなキャラクターといえばやっぱりスナフキンです。



この動画を見てとても感動しました。
昔から理想にしていた「大人」の姿があったので。
いや、ほんとうにかっこいいです。
僕は昔から熱血漢タイプのキャラクターが苦手だったのですが、それは子供の頃にこのスナフキンの姿を見ていたからではないかという気がします。

なんて言うんでしょうね、スナフキンはどこか仏教的なんですね。
あらゆるしがらみやものにとらわれない。
宮沢賢治的と言い換えることもできるかもしれません。
そこに惹かれるという部分もあるのかも。

生きているうちにどこまでスナフキンに自分自身を近づけることができるんでしょうか?
難しいけれども、挑戦する価値はありそうな気がします。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/690-830ff9d2