2014-05-13 23:45 | カテゴリ:雑記その他
「エイリアン」や「スピーシーズ」などのモンスターデザインを手がけられたスイス出身の芸術家でありデザイナーでもあるH・R・ギーガー氏が亡くなられたそうです。
享年74歳。
階段からの転落という事故死であったそうですが、非常に残念です。

この方がデザインした「エイリアン」をテレビのオンエア(月曜ロードショー。確かリプリーを野際陽子が吹き替えていた)で見た時、たしか僕は小学校の3年生かそこらであったような気がしておりますが、非常に大きな感銘と衝撃を覚えました。
恐怖、醜悪さのなかにも、いわく言いがたい美しさ、性的な魅力も感じさせ、「異界の美」というものを目にしたような気分になったものです。
その後、シネフェックスという特撮雑誌でエイリアンのメイキンシーンやギーガーが手がけたデザイン画などを見てさらなる大きな衝撃を受け、自由帳に模写をしたりだとか、米国のMPC社から発売されていたエイリアンのプラモデルなども購入したりもしました。
以来30年余、それが祟って(?)こんなオトナになってしまったわけですが・・・。

いずれ、多大な影響を受けたクリエイターの一人である方が、事故死などという不慮の死を遂げられたということに対し非常に大きな衝撃と悲しみを憶えてなりません。
不世出の芸術家ギーガー氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
合掌。


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/698-109718b3