2014-06-22 21:45 | カテゴリ:雑記その他
若鮎というお菓子が好きなんですよ。

それは一体何のことだと思われた方はこちらをどうぞ。

ウィキペディア 若鮎

まあ、薄いどらやきの生地みたいなものであんこと求肥を挟んだだけの、素朴と言っても良いようなお菓子なのですが、子供の頃に初めて食べて「なんだこれは!」と感激して以来、この歳になるまでずっと好きなのです。

しかし最近この手の和菓子類はイマイチ人気がないようでして、盛岡なんて田舎町でも昔からあったお菓子屋さんがどんどん潰れておりまして、困ったことに今ではなかなか食べられなくなっているのです。
昔から親しんでいた味が気軽に食べられなくなるというのは、残念なことですね。

しかし昨日、夕飯の買い物に行ったスーパーの菓子パン売り場で売られていたのを偶然発見し、喜び勇んで買い求めました。
おそらく数年ぶりで食べたのですが、大変美味しく、懐かしい味でした。
しかしウィキペディアで調べてみたら、関西の若鮎はあんこが入っておらず、中身は求肥だけなのですね。
ところ変われば品変わるですが、幼い頃からあんこと求肥入りの若鮎を食べてきましたからちょっとびっくりです。
でも少し食べてみたいかなという気はします。

この日記を書こうと思った際なんとなくAmazonを調べてみたのですが、どういうことなのか結構普通に有名な菓子舗の若鮎が売られていまして、大変ビックリしました(^^;)。
Amazonってなんでも売っているんですね。
変なところで感心しますw



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/725-ace2291a