2015-02-06 23:43 | カテゴリ:雑記その他
先日の「アウトサイダー・プラモデル・アート」以来、アオシマの合体ロボットがマイブームです。
そこで久しぶりにPhotoshopで絵を描いてみようと思いたち、製作開始。

合体ロボットガール・アトランジャーちゃん
atlanger3.jpg

まず落書きアプリのほうで秀作を制作して、それを基にPhotoshopで新しく描き直してみました。
昨日の日記にも書きましたけれども、とにかくやりづらい。
ショートカットが使えないということがこれほどイライラして、手間がかかるものだとは思えませんでした。
うーん、この作業台はなんとかして改良しなくてはいけないかなあ。
まあ絵の方は久しぶりに描いたにしてはそれなりに上手く行ったかと思うんですが。
あ、ちょっと「ロボットガールズZ」を意識して描いていますw

さて、この絵を描くに当たり、イメージを膨らまそうと思いまして、ネットで公開されている「合体ロボット・アトランジャー タイガーシャーク」という漫画を閲覧。

「合体ロボット・アトランジャー タイガーシャーク」(音が鳴りますので音量に注意!)

アトランジャーはもう皆さんも御存知と思いますが、TVアニメに頼らないアオシマオリジナルのロボットです。
でもメディア展開は意外になされているようで、、1975年当時は小学館の学年雑誌に広告や漫画が連載されていたらしいのですね。
今で言えばメディアミックスという企画なのでしょうけれども、それが功を奏し、合体ロボットのプラモデルは大人気となったとか言います。
紹介しているサイトでその漫画が読めるわけです。

これを読んでいただけるとお分かりと思いますが、とにかく勢いがものすごいw
内容なんかともかくも、下手な説明はすっ飛ばして、少年たちのニーズに応えるべく徹頭徹尾戦闘シーンだけで構成されている(^^;)。
さすが子供向けの雑誌に掲載されていただけのことはあるとおかしな風に感心してしまいます。

絵柄は古い漫画なので古臭いタッチなのは仕方がないとしても(作者の今道英治氏は望月三起也先生のお弟子さんだそうだけど、だったらもうちょっと色気のある絵柄にならなかったものだろうか)、敵の侵略戦艦を剣で切りつけるアトランジャーとか、図柄がすごいですよねwww
そしてそれを見て
「ううっ、すごい戦いになってきおったわい」
とか言う博士w

さすがおれたちのアトランジャー!
こうでなくっちゃ面白くねえ!惚れなおしたぜw


パイロットの少年戦士(どう見ても少年じゃないのがいるけど…)がやたらオーバーアクションに怒鳴る系の吹き出しと熱血感あふれるセリフで暑苦しくてすごい素敵ですw
そして何よりも、やたらと攻撃的です(^^;)。
お前ら本当に正義の味方なのかよ、という感じw

いやぁ、やっぱりアオシマはプラモデルもすごいけど漫画もすごいですね!!

改めてアオシマの「凄さ」みたいなのを感じてしまいました。
ただ、このサイトに掲載されている漫画はサイズが小さくて、絵の細かい部分が潰れてしまっているし、何よりもすごく見えづらいのが残念です。
この漫画を同人誌という形でもいいので、まとめて出版してくれると嬉しいのですけれど。
最後までゆっくり読みたいですよね、腹抱えて笑い…おっとっと、手に汗握りながら!

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/872-5b71cbce