2015-04-25 22:26 | カテゴリ:ちょい旅
gorounuma5.jpg
昨日の続きです。
城山公園を出たあと、同じ紫波町内にある五郎沼へ向かいました。
ここは昨年来何度かきている場所で、昨年の7月くらいに古代ハスの話題をこの日記で書いております。
気になられた方は昨年の7月くらいのアーカイブスをご参照ください。
そんなわけで何回か訪れているこの沼を改めて訪れてみたのは、ここが桜の名所として有名だからでした。
以下は怒涛のように写真を掲載してまいりますぞよ。


沼を挟んで対岸(国道4号線側)を臨む。

gorounuma2_201504252201137ba.jpg
水は濁っており、お世辞にも綺麗とはいえないが、散った花びらが浮かんでいてそれなりの風流を感じたりもする。

gorounuma3.jpg
古い木は湖畔から水面に迫り出しているものが多い。

gorounuma4_20150425220116802.jpg
桜の枝越しに見えるのが中之島弁天堂跡。
その昔はここに弁財天を祀る社があったらしい。

gorounuma5.jpg
手前の橋を渡って堤を歩く。
右手は一面の水田。ただし田起こしもまだ済んでいないので景観は寂しい限り。
橋は田圃に水を引き余った水を沼に流す放水路にかけられている(結構大きい)。
朱塗りの欄干を含めコンクリート製なので、風情は皆無w

gorounuma6.jpg
堤沿いには桜の木がびっしり植わっており、花はちょうど満開。見事のヒトコトでした。

gorounuma7.jpg

gorounuma8.jpg
堤側から湖畔入口の桜を臨む。

gorounuma2_20150425220155d9a.jpg
堤を逆側から。
とにかく花盛り。

gorounuma3_201504252201579ac.jpg

gorounuma4_20150425220216c02.jpg
お分かりいただけますでしょうか。
ちらほらと舞って見えるのは全部、風に乗って舞う桜の花びらです。
緑の下草の部分を見れば確認しやすいかと思います。
肉眼で見ると本当に浪漫チックな感じでした。
こういうのをハッキリ撮影するには高性能のデジカメで撮るしかないのでしょうねえ…。
そういうデジカメが欲しくなります。
買ったところで年に数回も使わない気がしますが…w

gourunuma1.jpg
とにかく桜が綺麗で、わざわざここまで足を伸ばした甲斐があったとしみじみ思いました。

しかし今回の桜のシーズンは随分桜を見ることができたと思います。
もしかしたら来年は見られないのかもしれない…なんて考えると、ありがたいことですね。
それをこうしてブログに記しておくのも、記念になりますし備忘録的な意味合いでもいいことだと思いました。
来年はもうちょっと遠くまで足を伸ばしてみたい気もしております。


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/907-d73f1a67