2015-05-24 12:29 | カテゴリ:プラモデル・玩具
書くことがない(;´Д`)。

…うーん、書くことが何かあるだろうかと考えてみるに、なにもない。
なんか今日は暑いですよ~とか言うくらいですかね…この時期で気温28℃とか一体何なんだよ。
本当に参ってしまいますよね。
この調子では真夏はどうなることか…。

そうそう、そういえば、ちょっとお金が入ったのでバンダイのROBOT魂<SIDE AB>ドラムロを購入しましたよ。

これ、かなり出来がよろしゅうございます。
ずんぐりしたてんとう虫のようなプロポーションをつぶさに再現している上に、全身がよく動きます。
なんと片膝立ちまで出来てしまう。
コクピットハッチもこのシリーズでは毎度のごとく開閉しますが、中に搭乗員フィギュアがないのはちと残念ですね。
別売りでよいので、同スケールの搭乗員セットとか発売して欲しいところです。

それはさておき、今まで発売されたドラムロの玩具や模型の中では出色の出来、いや多分パーフェクトではないかしら。
いや、ドラムロの玩具って結構出ているんですよ。
まあ出来の方はお察しなんですが、中でもバンダイから発売されていたドラムロのプラモデルは、プロポーションは割りと良かったものの、同スケールのダンバインと並ばせるとやたら小柄で、蹴っ飛ばされただけで墜落しそうな感じでしたがw、今度のドラムロは同じROBOT魂のダンバインと肩を並べても遜色ない大きさです。
当時からのファンとしてはこれが一番嬉しいですかね。

あとは、デザインに余計なアレンジがされていないのがまた良い。
一昔前のオーラバトラーの模型はやたら生物感を強調してて、表面に血管が浮き出ていたりとか、蟹の殻みたいにゴツゴツしていたりとかしてたんですけど、ああいう表現はほぼ皆無でちゃんとアニメ準拠の処理がしてありますので、安心できます。
まあそっちのように半分怪獣みたいなのの方が好きだという人もいるでしょうが…。

付属品が剣と差し替え用の剣の柄だけというのはいかにも寂しいですが(フレイ・ボムの焔エフェクトくらい付けて欲しかった…)、それを抜きにしても満足の行く出来です。
お値段は約7000円とちと張りますが、値段に見合う完成度の高さと思います。
これはみなさんお勧めですよ。

トッド専用カラーリングのネービーブルーなドラムロの方も、限定発売で予約受付中だそうです。
ここがバンダイのせこいところで、同じ模型の色違いでお金を巻き上げようという失笑必至の商品展開なんですが(ナの国の白いボチューンとか、ミュージィ仕様の白いズワースとか)。
などとは思いつつも、思わず予約を入れてしまいましたよ(^^;)。
トッド用とかトカマク用の色違いダンバインなどには魅力を感じないんですが、劇中でダンバインと数々の死闘を繰り広げたトッド用ドラムロの印象は強かったもので、つい…w

この調子でダーナ・オシーとボゾンあたりも出していただけませんかね。

あと写真とかなくて申し訳ありません(^^;)。



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/921-92269f9f