2015-06-12 18:52 | カテゴリ:雑記その他
昨日はカエルのケーキをご紹介しましたが、今日はこれです。


どーん。
どーですかぁーお客さん!!シャイッシャイッ(猪木風に)。
たぬき、パンダ。うさぎの三匹のケーキであります!
自宅の近所にあるケーキ屋さん「ケーキハウス ポプリ」で購入させていただきました。
こうして三つ揃えてみるとお皿の上が動物園になったようであります。
上野に行かずとも盛岡でもパンダが見られるのだ!!w
ちなみに値段は1個200円と超リーズナブルであります。

tanuki2.jpg
ズギャアアア!
横面からの一枚であります。
このトボけた顔がまた味わい深く(ケーキだけに…w)面白いではありませぬか。
懐かしさを覚える造形ですが、僕が子供の頃(昭和50年代)は、近所のケーキ屋さんとかパン屋さんでこういう動物やキャラクターを象ったケーキがよく売られていたものでした。
今ではすっかり絶滅危惧種になってしまいましたが…。

tanuki3.jpg
ちょっと寄ってみましたぞ。
パンダの片目のクリームが、店から自宅へ持って帰るうちに潰れてしまって、なんか涙目みたいになってしまった。
まあ、それもまた良ししししし。
こうしてみるとうさぎの顔が何となくおすまししているような感じですね。

tanuki4.jpg
たぬきだ。
たぬきのケーキは愛好者の方がいらして、ブログを作って啓蒙活動(?)に励んでおられたりしますね。
下記のブログをご紹介いたします。

たぬきのケーキのあるとこめぐり

ここに多数掲載されているものと比べると、ちょっと造作がセンター寄りで小顔(?)なたぬきですw

tanuki5.jpg
うさぎだ。
パンダは写真を撮る前に親父に食われてしまったので、写真はありませんw
このケーキは全部、中身はスポンジの上にバタークリームを盛ったもので、その上からチョコレートをかけて作られています。
お味の方は、甘すぎず、かと言って甘くないというわけでもない程よい甘さで作られており、バタークリーム独特のねっとりとしつつもどこか硬さを感じる舌触りも絶妙で、大変おいしゅうございました。
ちなみにたぬきは私が、うさぎは母親が、パンダは父親が食べましたw

買い物の際、お店のご主人と少しお話をさせていただいたのですが、最近たぬきのケーキを買う人が増えてきたとのことで不思議がっておられました。
ブログで紹介されているみたいですよ、と話すと大変驚いておられましたが、作るのは案外手間がかかって大変だそうです。
その辺りも、このケーキが姿を消していった理由の一つかもしれません。
ねっとで調べてみた限りですが、このたぬきのケーキを作っているのは盛岡市内でもこのお店一軒だけのようでした。
その旨お話してみたところ、知り合いのお店でも作っていたはずなので、後で聞いてみますとおっしゃっておられました。
作っているようでしたらぜひそちらにも行ってみて、購入してきたいと思います。

こういうケーキはなんかよいですな(^^)。
なんでだろう?
…きっと昔を思い出すからかな?
年取った証拠ですかねえw

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/935-2a8dc9d3