2015-06-28 23:59 | カテゴリ:ちょい旅
去る6月26日、盛岡市の南に位置する紫波郡紫波町の五郎沼まで、古代ハスの花を見に出かけてきました。
少々遅くなりましたが、写真を整理したのでアップしたいと思います。
五郎沼については、一昨年からこのブログでも度々書いておりますので、この沼について詳しく知りたい方は、左側にあるアーカイブス欄のカテゴリの「ちょい旅」から御覧ください。

天候は生憎の薄曇りでしたが気温は結構あって、風もどこか湿り気を帯びており、いかにも梅雨入り直前という蒸し暑いような感じの日でした。

現在の蓮沼の様子です。
先日来紫波郡や花巻市一体は局地的な集中豪雨に襲われていたためか水は濁り、かなり汚い感じでしたが、その雨が逆に蓮の成長を促したのかもしれません。
大きな葉が茂り、蓮沼としてはなかなかの状態でした。
蓮の葉の下から河童が顔を出しそうな…。

hasu2.jpg
まだ開花が始まったばかりなので満開には程遠い感じでしたが、それでも沢山の蕾が付いており、大きな花を開いたものも結構ありました。

hasu3.jpg
葉の陰に隠れるようになって咲いていた花。
この紫色というか、ピンク色というかの微妙な色彩が大変綺麗ですよね。

hasutsubomi.jpg
今にも花を開きそうな大きな蕾。

hasutonbo.jpg
見ている間に大きなとんぼがその上に止まっていました。
なかなかに風情があります。

ちょうどこの日の朝刊に五郎沼の古代ハスが開花始まる、という記事が載ったため、写真には写っていませんが、平日の真昼間というのに沼には意外に人影が多くありました。
マイクロバスで駆けつけたご老人が結構多くいましたね。
花はこれからが咲き始めで、7月上旬から中旬にかけてが見頃になるようです。
ここは盛岡からそう遠くない距離ですから、その頃にまた行ってみたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/949-11e50776