2015-07-14 01:07 | カテゴリ:キャラクター紹介
前回に続いてもう一枚、虎子関係の絵をアップしておきます。
こちらは虎子のチームメイトというか、相棒的なキャラクターです。

ryuko.jpg
妙法院龍子
*名前は「みょうほういん・りゅうこ」と読む
*コードナンバー:JF-5号
*身長:170センチ
*体重:60キロ
*年齢:26歳
*出身地:東京都台東区
*好物:栗ようかんと渋いお茶

J機関に所属するエージェントで、虎子の同僚。
J機関には20名ほどの女性エージェントが在籍するが、その中でも極めて高い評価を得ている精鋭エージェント。
戦闘能力は虎子に一歩譲るが、それ以外の分野における技能においては彼女を上回る実力を有している。
なぎなた道の名人で、なぎなたの全国社会人大会において優勝した経験を持つ。
背中一面に昇り龍の見事な刺青を入れているが、実はこの龍は特殊な呪法(ずほう)によって封じ込められた本物。
この場合の龍はいわゆる未確認動物ではなく霊的な存在で、龍子が真言を唱えると龍が封印より開放され、背中から抜け出す。この龍は龍子の命じるままに動くので、様々な用途に使役することができる。
この能力は龍子が望む限りいつでも発動することができるが、気力・体力ともに著しく疲労するため、事実上奥の手でしか使えない。
性格は冷静沈着で、怜悧な分析力と洞察力、判断力に富んでいる。ただし冷静すぎて、他人からは嫌味に見えるタイプ(そのため周囲から煙たがられ、友人も少ない)。
性的不感症なのが密かな悩みで、過去にそれが原因となって恋人に捨てられたため、男性に対して言いようのない不信感を抱いている。
実家は東京浅草にある妙法院という修験宗の寺院。リラックスすると地が出て口調が巻き舌になる。
直感的かつ暴力的な行動に奔りがちの虎子を制御するためにチームを組まされているが、性格が正反対といえる虎子とは反りが合わず、「バカ女」「むっつり女」と罵り合い喧嘩が絶えない。
一方で仲間としてはお互いを得難い存在、そして好敵手と認め合ってもおり、深い信頼を寄せている。

本来はこの二人に、もう一人のキャラクターが加わった3人でチームを組んで任務に当たります。
この最後の一人が、虎と龍をつなぐ「糊」の役目をします。
その子の絵は現在製作中ですので、完成次第またここにアップしたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://newbadtaste.blog.fc2.com/tb.php/962-d90965c1